« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

♪「枯葉」―その4。Autumn Leaves ― ディジィ・ガレスピーとチェット・ベイカー。

2011.9.28
 このあいだから、3回にわたって、フランス原曲としての「枯葉」、シャンソン、Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト)について書いてきた。
-----------------------------------
    [2013.4.8追記] シャンソン歌詞についての過去3回記事
   2011.9.19
   ♪「枯葉」―その1。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト)、シャンソン --  第2バースまで唄っている完全版を探した。
   2011.9.21
   ♪「枯葉」-その2。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) --  フランス語歌詞の独自日本語翻訳を試みる
         (第2バースまで)、4者の仏英翻訳を土台にして。
   2011.9.25
   ♪「枯葉」-その3。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) ―― フランス語歌詞全訳(第2バースまで)。
     日本語訳の白眉を目指したが。

-----------------------------------
 そこで、そのアメリカ版ポピュラー曲、"Autumn Leaves"、ジャズ・スタンダード曲の筆頭みたいな存在になっている曲についても書いておこう。
 この曲の演奏を、YouTubeでいろいろ聴いた。あるね、いっぱい。歌手については知らぬが、有名ジャズ・ミュジッシャンで、この曲をとりあげていない人はいないぐらいだ。

 あれこれ聴くなかで、次のようなことを考えた。 

◆◆◆◆◆◆◆◆
■Oscar Peterson & Dizzy Gillespie - Autumn Leaves
 (オスカー・ピーターソン、ディジィ・ガレスピ―)

 
 フランス渡来の名曲、ジャズ・スタンダードとしてのこういう曲を演奏するとき、ガレスピーは、もうちょっと別の吹き方はできないのかね。

 これじゃ、いうならば、味もそっけもなくて、メロディは意味を失い、そこに料理素材としてのコード進行だけ存在すればいいということになってしまう。そもそもその曲がどういう曲なのか、歌が、詩が、何を訴えようとしているのかということ、曲の独自性、創作性、作曲としての芸術性みたいな要素は、例えば「A」という特定の曲を演奏するうえで、というか、「A」という曲の「曲想に添ったいい演奏」を心がけるうえで、一瞥もされないことになる。

 まあ、これがいわゆる「ジャズ」という音楽の範疇において優れたものかどうかという評価は別にして、――そこには、バップ(bop、be-bop)改革の意義と、改革運動が大衆支持との関係においてぶち当たる壁みたいなことに関する議論が関係してくるのだが――、この演奏を見ると、聴くと、一般ファンは離れていくだろうね、「ジャズ」というものから
 「ジャズ界屈指のトランぺッターだといわれる人が、あの『枯葉』」、あの名曲を演奏するんだって・・・・・・わくわくするわね・・・・・・」。こう期待した一般ファンは。
 (おそらく、そういうことで、1940年代以来、「ジャズ」一般ファン数を激減させてきたのであろう)。

「注」 上に述べていることは、ここでのガレスピーの演奏だけについての論であり、オスカーピーターソンは論述と絶縁されている。

■Autumn Leaves " Chet Baker - Paul Desmond

    (チェット・ベイカー、ポール・デスモンド)

 
  ガレスピーは、こういう曲を吹くときは、こういう風に吹くべきだと思うね。吹けなくはないんだよ。吹けるんだ。吹けるんだけど、わざと、「カラカラに乾いた」、「メシが固くて喉につかえそうな」、いわば「ハードボイルド」な、「『あかんベー』、とベロを出して嘲弄するような」フレーズを吹き、バップ料理に仕上げるんだ。
 まあ、いろんな考え方があるわけで、あまり強く主張すると「専門家」に怒られようが、当ブログ主としてはそう感じている。

 念のために断っておくと、映像は、実際にこの曲を吹いているときのものではない。画面の楽器はフリューゲルホーンであり、聞こえるのはトランペットである。(すぐ下、右画像の「6」がこの演奏)
2
Photo_3


 演奏者データを掲げておこう。

Chet Baker (trumpet), Paul Desmond (alto sax), Hubert Laws (flute), Bob James (keyboard), Ron Carter (contrabass) and Steve Gadd (drums)、1974年、ニューヨーク(ココから)

4
ポール・デスモンド(Paul Desmond)→ボブ・ジェームス(
Bob James )↓ロン・カーター(Ron Carter)→スティーブ・ガッド(Steve Gadd)
 YouTubeには上に掲げたものと同じビデオ・クリップの別投稿のものが存在するが、画像はそのビデオ映像からとったものの合成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

♪「枯葉」-その3。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) ―― フランス語歌詞全訳(第2バースまで)。日本語訳の白眉を目指したが。

2011.9.25
                                                                              ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]
 2011.9.21記事、「枯葉―その2・・・・・・」の続きである。その記事を未完成のまま終わらせていたのだが、補完部分を埋め込むと記事のサイズがばかでかくなるので、独立させることにした。
-----------------------------
     [2013.4.8追記] 関連記事のつながりを掲げておく。
   2011.9.19
   ♪「枯葉」―その1。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト)、シャンソン --  第2バースまで唄っている完全版を探した。
   2011.9.21
   ♪「枯葉」-その2。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) --  フランス語歌詞の独自日本語翻訳を試みる
         (第2バースまで)、4者の仏英翻訳を土台にして。
   2011.9.25
   ♪「枯葉」-その3。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) ―― フランス語歌詞全訳(第2バースまで)。
     日本語訳の白眉を目指したが。

    2011.9.28
      ♪「枯葉」―その4。Autumn Leaves ― ディジィ・ガレスピーとチェット・ベイカー

------------------------------

◆◆◆◆◆◆◆◆
■フランス語原詩
      
Les Feuilles Mortes
              作曲 Joseph Kosma, 1945
              作詞 Jacques Prévert, 1946

(バース)
Oh! je voudrais tant que tu te souviennes
Des jours heureux où nous étions amis
En ce temps-là la vie était plus belle,
Et le soleil plus brûlant qu’aujourd’hui
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle
Tu vois, je n’ai pas oublié...
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Et le vent du nord les emporte
Dans la nuit froide de l’oubli.
Tu vois, je n’ai pas oublié
La chanson que tu me chantais.

(コーラス)
C’est une chanson qui nous ressemble
Toi, tu m’aimais et je t’aimais
Et nous vivions tous deux ensemble
Toi qui m’aimais, moi qui t’aimais
Mais la vie sépare ceux qui s’aiment
Tout doucement, sans faire de bruit
Et la mer efface sur le sable
Les pas des amants désunis.

(第2バース)
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Mais mon amour silencieux et fidèle
Sourit toujours et remercie la vie
Je t’aimais tant, tu étais si jolie,
Comment veux-tu que je t’oublie?
En ce temps-là, la vie était plus belle
Et le soleil plus brûlant qu’aujourd’hui
Tu étais ma plus douce amie
Mais je n’ai que faire des regrets

Et la chanson que tu chantais
Toujours, toujours je l’entendrai!

(コーラス)
 ――上に同じ――


■異なる訳者による4つの英語訳
      (イ)Coby Lubliner(黒)
       (ロ)lylicstranslate.com(青)    
       (ハ)"Tom the piper's son"というページ(赤)     
           (ニ) johnnymercer.com (by Patrick AUZAT-MAGNE)()
(イ)
Oh, I would like you so much to remember
Those happy days when we were friends, and how
Life in those times was more lovely and tender,
Even the sun shone more brightly than now.
Dead leaves are gathering as in December
You see how one never forgets...
Dead leaves are gathering as in December,
Just like the memories and the regrets.
And then the north wind comes and sweeps them
Into oblivion’s icy night.
You see how I never forgot
That old song that you sang for me.

REFRAIN :
 
A song like us, birds of a feather,
You loving me, me loving you,
And we lived happily together,
You loving me, me loving you.
But life tears apart gentle lovers
Who quietly obey their heart,
And the sea invades the sand and covers
The footsteps of those torn apart.  
 
Dead leaves are gathering, dead leaves are piling
Up just like memories and like regrets.
But still my love goes on quietly smiling
Thankful for life and for all that it gets.
I loved you so, you were ever so lovely,
How can I forget?  Tell me how!
Life in those times was more sweet and beguiling,
Even the sun shone more brightly than now.
You were my most sweet friend and lover,
But regret just isn't my thing,
And I’ll keep hearing all the time
The old song that you used to sing.  
 
REFRAIN  

***********************************************
(ロ)
                 Fallen leaves
Oh I would like you so much to remember
The joyful days when we were friends.
At that time, life was more beautiful
And the sun burned more than it does today.
Fallen leaves can be picked up by the shovelful.
You see, I have not forgotten...
Fallen leaves can be picked up by the shovelful,
So can memories and regrets.
And the north wind takes them
Into the cold night of oblivion.
You see, I have not forgotten
The song you used to sing me.

(chorus)
This song is like us.
You used to love me and I used to love you
And we used to live together,
You loving me, me loving you.
But life separates lovers,
Pretty slowly, noiselessly,
And the sea erases on the sand
The separated lovers' footprints.

                           (第2バースは省いている)
*************************************

●(ハ)
Oh I wish so much you would remember
those happy days when we were friends.
Life in those times was so much brighter
and the sun was hotter than today.
Dead leaves picked up by the shovelful.
You see, I have not forgotten.
Dead leaves picked up by the shovelful,
memories and regrets also,
and the North wind carries them away
into the cold night of oblivion.
You see, I have not forgotten
the song that you sang for me:
 
It is a song resembling us.
We lived together, the both of us,
you who loved me
and I who loved you.
But life drives apart those who love
ever so softly
without a noise
and the sea erases from the sand
the steps of lovers gone their ways.

                                        (第2バースは省いている)
***********************************

●(ニ)
       Oh! I would like as much as you remember
        The happy days where we were friends.
        In this time the life was more beautiful,
        And the sun more burning than today.
        The dead leaves collected with the shovel.
        You see, I did not forget...
        The dead leaves collected with the shovel,
        The memories and the regrets also
        And the wind of North carries them
        In the cold night of the lapse of memory.
        You see, I did not forget
        The song that you sang me.
       
        [ Refrain: ]
        This is a song which resembles to us.
        You, you loved me and I loved you
        And we lived both together,
        You who loved me, me who loved you.
        But the life separate those which love themselves,
        All softly, without making noise
        And the sea erases on the sand
        The Steps of  divided lovers.
       
        The dead leaves collected with the shovel,
        The memories and the regrets also
        But my quiet and faithful love
        Smiles always and thanks the life
        I loved you so much, you was so pretty.
        Why do you want that I forget you ?
        In this time, the life was more beautiful
        And the sun more burning than today.
        You were my softer friend
        But I don't have only to make regrets
        And the song than you sang,
        Always, always I will hear it !
       
        [ Refrain: ]


■4者仏英翻訳の比較
 4人のものを相互に比較しながら、「正しい」原詩解釈に迫ってみよう。
   4者の翻訳を(すでに上でやっているように)、次のように色分けして示す。
     (イ)Coby Lubliner(黒)
       (ロ)lylicstranslate.com(青)    
      (ハ)"Tom the piper's son"というページ(赤)     
        (ニ) johnnymercer.com (by Patrick AUZAT-MAGNE)()
   バース、コーラス、第2バースの区分単位で対比を示すのではなく、各区分を、さらにいくつかのブロックに細分する。
  
[バース]     
()Oh, I would like you so much to remember
Those happy days when we were friends, and how
Life in those times was more lovely and tender,
Even the sun shone more brightly than now.
()Oh I would like you so much to remember
The joyful days when we were friends.
At that time, life was more beautiful
And the sun burned more than it does today.

()Oh I wish so much you would remember
those happy days when we were friends.
Life in those times was so much brighter
and the sun was hotter than today.

()Oh! I would like as much as you remember
The happy days where we were friends.
In this time the life was more beautiful,
And the sun more burning than today.


<<<<検討>>>>
(1)「イ」の構文は、「想い出せ」とする対象が、2つないし3つになっている。

  "remember [those happy days......] and [how life .......tender]...."
 すなわち、①[楽しかったあの日々]のことを思い出せ、②[あの頃の人生がいかに幸せで穏やかだったか]ということを思い出せ、としている。そのうえで、太陽でさえ、今よりも輝いていたとする。
 あるいは①②に加えて、③「太陽でさえ云々」をも、思い出せと命じる対象(
「コレコレのことを思い出せ」とする対象)と見る余地もある。
 「ロ、ハ、ニ」では、想い出せと命じる対象は、[楽しかったあの頃]である。そのうえで文を切って、「あの頃の人生はもっと楽しかった(美しかった)」し、「太陽は今よりも輝いていた」としている。

(2)「ニ」は、"I would like....."構文で稚拙なミスを犯している(like you to do/ doing)(
*1)。「イ、ロ」のように"I would like you so much to remember..."とすべきところである("I strongly would like you to"、"I would strongly like you to"とすることもできようか)。
 「必ず想いだしてみて!」、「ほら、想いだして! 想いだして!」、「ほら、覚えてるでしょう!」と相手に訴えているのである(
「ハ」を見よ)。

  *1.
「二」の人はフランス語を母国語とする人だと推測するが、全体として、「フランス語文法」流の英語に流れるきらいがあり、その故に「初歩的な文法誤りが各所にみられる」。しかし、「原詩の言わんとするところを表わす」という点では優れているように思えるので、「英語翻訳文→日本語訳」作業の土台の一つに採用している(2011.9.19記事で、フランス語原詩を転載させてもらった義理もある)。

    ねえ、想いだして欲しい、
    二人が仲良く幸せに暮らしていたあの頃のこと。
    あの頃、人生は美しく、
    太陽はもっと輝いていた。

()Dead leaves are gathering as in December
You see how one never forgets...
Dead leaves are gathering as in December,
Just like the memories and the regrets.
And then the north wind comes and sweeps them
Into oblivion's icy night.
()Fallen leaves can be picked up by the shovelful.
You see, I have not forgotten...
Fallen leaves can be picked up by the shovelful,
So can memories and regrets.
And the north wind takes them
Into the cold night of oblivion.

()Dead leaves picked up by the shovelful.
You see, I have not forgotten.
Dead leaves picked up by the shovelful,
memories and regrets also,
and the North wind carries them away
into the cold night of oblivion.

(ニ)The dead leaves collected with the shovel.
You see, I did not forget...
The dead leaves collected with the shovel,
The memories and the regrets also
And the wind of North carries them
In the cold night of the lapse of memory.


<<<<検討>>>>
(1)「イ」の"as in December"(落ち葉が、まるで、12月、年の瀬のように積もり続けている)は、凝り過ぎ。
 順にみていこう。
――「落ち葉というものは、いっぱい溜まるものだ。シャベルですくって積み上げるぐらい溜まるものだ」――
 こういうことを述べているのである。作者は、「二人の恋の想い出後悔」と「落ち葉というもの」を対比させながら語っていく手法を採用した。
  (落ち葉はシャベルですくうほどいっぱい溜まる。溜まるけれども、やがて北風が忘却の彼方に吹き散らしてしまう。二人の恋の想い出/後悔も溜まる。だけど、想い出/後悔を忘れることはない、私は忘れない)
 そして、まず、「落ち葉というものは、コウコウだ」と投げかけているのである。
(おそらく、述べている「今現在」も、9月か10月か、11月か知らぬが、秋の、どこかの地点なのであろう。映画に――この歌は、その映画の中で新人俳優イブ・モンタンが唄って世に出たものだが――、映画に登場する人物の服装を見ると、そう推測できる)(当ブログ記事、「枯葉-その1」で掲げているチューブ、Les Portes de la Nuit/邦題「夜の門のビデオクリップを見よ)。

 「イ」は、原詩の趣を大きく掴んでうまく表現しているのだが、"as in December"なんて表現にしたのはいかにも唐突で、やはりここは、原詩 "se ramassent à la pelle"の"pelle"(シャベル、スコップ)を生かしてほしかった。

(2)「ロ」は、「落ち葉というものは云々」の部分を含め、この節をうまく表現している。

(3)「ハ、ニ」は、「()シャベルで積み重ねるほどすくいとられた落ち葉」、「()シャベルで集められた落ち葉」というかたちで、「名詞句を、単にボーンと投げて、そこに置いた」感じになっている。もちろん、詩の世界だから、そのような「ぽっと置かれただけの」名詞/名詞句から余韻というか連想というか、感情を湧き立たせることができるのではあるが、次に来る文との関係が分かりにくい。かくのごとし。
   Dead leaves picked up by the shovelful.
   You see, I have not forgotten. 
(*2)
   Dead leaves picked up by the shovelful,
   memories and regrets also,


   The dead leaves collected with the shovel.
   You see, I did not forget...
   The dead leaves collected with the shovel,
   The memories and the regrets also


   *2."forgoton ......."としていないので("......"とせずに、ピリオドで切っている)、一行目と二行目の文の関係
     が、まったく分からなくなってしまっている。


    シャベルでうずたかく積み上げられる落ち葉・・・・・・、
    わかるでしょ、忘れられるわけないわ、あなたのこと。
    シャベルで積み上げられる落ち葉・・・・・・、
    二人の想い出も、後悔も同じ、いっぱい溜まっているわ。
    落ち葉は、溜まっても、やがて北風が吹き散らす。
    吹き散らして、冷たい闇のなかで忘れさせる。   
  

()You see how I never forgot
That old song that you sang for me.

()You see, I have not forgotten
The song you used to sing me.

()You see, I have not forgotten
the song that you sang for me:

()You see, I did not forget
The song that you sang me.


<<<<検討>>>>
 「ニ」が"did not"としているのはいただけないが(
よく知らぬが、時制表現についての仏英の制度相違から来ていることか)ここは素通りしよう。

    でも、忘れない、分かるでしょ。
    忘れない、あの歌は。
    あなたがよく唄ってくれたあの歌は。


[コーラス]

()A song like us, birds of a feather,
You loving me, me loving you,
And we lived happily together,
You loving me, me loving you.
()This song is like us.
You used to love me and I used to love you
And we used to live together,
You loving me, me loving you.

()It is a song resembling us.
We lived together, the both of us,
you who loved me
and I who loved you.

(ニ)This is a song which resembles to us.
You, you loved me and I loved you
And we lived both together,
You who loved me, me who loved you.

<<<<検討>>>>
(1)「イ」の"bird of a feather"は、辞書で調べたら、「同じ興味(意見、背景)を持った人々、同じ穴のむじな(
小学館、「プログレッシブ英和中辞典」)という意味だという。まあ、一般に知れた慣用句なんだろうけど、当ブログ主は、一見、「ギョッ」としたね。「え、なんだ、なんだ」とびっくり。そのまま唄える英語歌詞としての納まり具合も考慮したんだろうね。つまり、2小節の中にぴったり収まるフレーズを工夫したのだろう。
(「ロ」「ハ」は唄えない。ロは一行目が短すぎる。2小節分ことばが足りない。ハは二行目の後に4小節分のことばが要る)

    [コーラス]
    私たちのこと、こんな風に唄えるわ。
    あなたは私を愛し、私はあなたを愛して、
    二人は、一緒に暮らしていた。
    あなたは私を、私はあなたを愛しながら。


()But life tears apart gentle lovers
Who quietly obey their heart,
()But life separates lovers,
Pretty slowly, noiselessly,

()But life drives apart those who love
ever so softly without a noise

()But the life separate those which love themselves,
All softly, without making noise

<<<<検討>>>>
(1)「ロ、ハ、二」は、「人生というものは、えてして、恋人たちを引き裂く、ゆっくりと(
柔らかく徐々に)、音を立てないで引き裂くものだ」としている。(「ハ」は、ever softly以下がdrives apartにかかるのかloveにかかるのか、はっきりしないが)
 これに対して「イ」は、「ゆっくりと、音を立てないで引き裂く」とはせず、
「人生というものは、えてして、愛情の命じるところに従順に従う恋人たちを引き裂くものだ」とする。

(2)「ニ」の"those which love"はお粗末だが、英語力はないけれども感性は優れている人なのだろうということで済ませよう。

      でも、悲しいことだけど、人生って、恋人たちを引き裂くことがよくあるわ。
      ゆっくりと、音を立てずに引き裂いていく。

()And the sea invades the sand and covers
The footsteps of those torn apart.
()And the sea erases on the sand
The separated lovers' footprints.

()and the sea erases from the sand
the steps of lovers gone their ways.

()And the sea erases on the sand
The Steps of divided lovers.


<<<<検討>>>>
(1)「ハ」の"gone their ways."いいね。

     そして、波が砂に押し寄せ、
     引き裂かれた二人の足跡を消し去っていく。

[第2バース] 
   (ロとハの訳者は、この部分を省略している。この第2バース以降まで唄う歌手が少ないからであろう)
()Dead leaves are gathering, dead leaves are piling
Up just like memories and like regrets.
()The dead leaves collected with the shovel,
The memories and the regrets also


<<<<検討>>>>
(1)「イ」は、現在進行形にしている。最初のバースでもそうしていた。
「ニ」は、「落ち葉というものは、シャベルですくって積み重ねるほど溜まるものだ」ということと「想い出や後悔も同じように溜まっていく」ということとの結びつきをうまく表現できていない。まあ、カミュ、「異邦人」のような「乾いた」感じを感じ取れといわれれば、感じ取れなくもないけどね。
     
     [第2バース]
     シャベルでうずたかく積みあげられる落ち葉、
     想い出や後悔も、落ち葉のように溜まっていく。

 
()But still my love goes on quietly smiling
Thankful for life and for all that it gets.
I loved you so, you were ever so lovely,
How can I forget? Tell me how!
()But my quiet and faithful love
Smiles always and thanks the life
I loved you so much, you was so pretty.
Why do you want that I forget you ?


<<<<検討>>>>
 ここはさっと通り過ぎよう。
    でも、私の恋は、微笑みながら静かに進んでいく。
    後悔しない。人生に、人生が与えてくれるすべてのことにお礼をいうわ。

    あなたを、とても愛しているの。ずっと素敵だもの。
    忘れるなんてこと、できるわけないわ。どうしてできるの、教えて。

 
()Life in those times was more sweet and beguiling,
Even the sun shone more brightly than now.
You were my most sweet friend and lover,
()In this time, the life was more beautiful
And the sun more burning than today.
You were my softer friend


<<<<検討>>>>
 ここも、さっと。
    
    あの頃、人生はすごく甘くて、楽しかった。
    太陽でさえ、もっと明るく輝いていた。
    あなたは、一番の友達で、大好きな恋人だった。


()But regret just isn't my thing,
And I'll keep hearing all the time
The old song that you used to sing.
()But I don't have only to make regrets
And the song than you sang,
Always, always I will hear it !


<<<<検討>>>>
 さっと済まそう。

     恋は終わろうとしているけど、私は、後悔なんかしていない。
     これからも、心の中で聴き続けていくわ。
     あなたがいつも唄ってくれていたあの歌を。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■確定日本語訳全文

 [バース]
     ねえ、想いだして欲しい、
    二人が仲良く幸せに暮らしていたあの頃のこと。
    あの頃、人生は美しく、
    太陽はもっと輝いていた。

     シャベルでうずたかく積み上げられる落ち葉・・・・・・、
    わかるでしょ、忘れられるわけないわ、あなたのこと。
    シャベルで積み上げられる落ち葉・・・・・・、
    二人の想い出も、後悔も同じ、いっぱい溜まっているわ。
     落ち葉は、溜まっても、やがて北風が吹き散らす。
    吹き散らして、冷たい闇のなかで忘れさせる。
     でも、忘れない、わかるでしょ。
    忘れない、あの歌は。
    あなたがよく唄ってくれたあの歌は。

    [コーラス]
     私たちのこと、こんな風に唄えるわ。
    あなたは私を愛し、私はあなたを愛して、
    二人は、一緒に暮らしていた。
    あなたは私を、私はあなたを愛しながら。
     でも、悲しいことだけど、人生って、恋人たちを引き裂くことがよくあるわ。
    ゆっくりと、音を立てずに引き裂いていく。
     そして、波が砂に押し寄せ、
    引き裂かれた二人の足跡を消し去っていく。

    [第2バース]
       シャベルでうずたかく積みあげられる落ち葉、
    想い出や後悔も、落ち葉のように溜まっていく。
    でも、私の恋は、微笑みながら静かに進み続けていく。
   後悔しない。人生に、人生が与えてくれるすべてのことにお礼をいうわ。

    あなたを、とても愛しているの。ずっと素敵だもの。
   忘れるなんてこと、できるわけないわ。どうしてできるの、教えて。
    あの頃、人生はすごく甘くて、楽しかった。
   太陽でさえ、もっと明るく輝いていた。
   あなたは、一番の友達で、大好きな恋人だった。

    恋は終わろうとしているけど、私は、後悔なんかしていない。
   これからも、心の中で聴き続けていくわ。
   あなたがいつも唄ってくれていたあの歌を。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 改めて聴こう、日本語訳を追いながら・・・・・・。

■Mabel Mercer - Les Feuilles Mortes

 ◆歌手について
 Tube投稿者が解説を付している(Wikipediaからの引用のようだ)。
Mabel Mercer (3 February 1900  20 April 1984) was an English-born cabaret singer who performed in the United States, Britain, and Europe with the greats in jazz and cabaret. She was a featured performer at Chez Bricktop in Paris, owned by the legendary hostess Bricktop, and performed in such clubs as Le Ruban Bleu, Tony's, the RSVP, the Carlyle, the St. Regis Hotel, and eventually her own room, the Byline Club. Among those who frequently attended Mercer's shows was Frank Sinatra, who made no secret of his emulating her phrasing and story-telling techniques.

イギリス生まれのキャバレー歌手。アメリカ合衆国、イギリス、大陸ヨーロッパでジャズシーンやキャバレーなどにお いて有名アーチストと共演した。かの伝説的なBricktopが所有するパリのChez Bricktopの看板歌手として活躍したほか、Le Ruban Bleu、Tony's、the RSVP、the Carlyle、the St. Regis Hotelなどでも唄った。最終的には、自分の店、Byline Clubを持った。
 Mercerのショウに何度も出演したアーチストの一人にフランク・シナトラがいるが、シナトラは、Mercerのしゃべり方と話題展開技法を真似て、自己のものとして取り入れたと、公然と明かしている。
-------------------------- 
  ミュージックホールの芸人をしていた若いイギリス白人女性とアメリカ黒人ジャズ・ミュジッシャンとのあいだにできた子だという。メイベルは、父親の名を知らぬ(Wikipedia)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

♪「枯葉」-その2。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) -- フランス語歌詞の独自日本語翻訳を試みる(第2バースまで)、4者の仏英翻訳を土台にして。

2011.9.21
                                                                             ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]
 一昨日(2011.9.19)の記事で、第二バースまで唄っている完全歌唱のYouTubeを紹介した。Mabel Mercer(メイベル・マーサー)という人の録音だ。その際、フランス語歌詞を掲げるとともに、その日本語翻訳(仏英翻訳からの二次翻訳)まで盛り込むつもりでいた。ところが時間切れで日本語翻訳の掲載は果たせず、「未完成」としていた。
 原記事を補完する予定にしていたが考えを変え、稿を改めてここで掲げることにした。
----------------------------------
  [2013.4.8追記] 関連記事のつながりを掲げておく。
   2011.9.19
   ♪「枯葉」―その1。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト)、シャンソン --  第2バースまで唄っている完全版を探した。
   2011.9.21
   ♪「枯葉」-その2。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) --  フランス語歌詞の独自日本語翻訳を試みる
         (第2バースまで)、4者の仏英翻訳を土台にして。
   2011.9.25
   ♪「枯葉」-その3。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) ―― フランス語歌詞全訳(第2バースまで)。
     日本語訳の白眉を目指したが。

    2011.9.28
      ♪「枯葉」―その4。Autumn Leaves ― ディジィ・ガレスピーとチェット・ベイカー

-----------------------------------

◆◆◆◆◆◆◆◆
 フランス語の原歌詞を日本語に直す作業は、当ブログ主には、英語翻訳の再翻訳によるしかない。
 そこで、品質のよいもの(仏英翻訳)があるかどうか探した(*1)。日本語訳の土台にするうえで信頼するに足りるものであるかどうかは、英文から判断できる。フランス語は分からなくても、翻訳英語を読めば、原詩の「訴え」が伝わっているかどうか分かる。英語文の質で判断できるのである。
 ただし、原詩とまったくかけ離れたことを書いてある英語文であっても「質の高い英語文」であるということはありうる。そういう場合はお手上げだが、ここでは論外とする。

 先に「訴えが伝わっているかどうか」と表わしたが、それがどういうことを意味するのか(日本語翻訳の土台とする場合の脈略において)、うまい具合にネット上にいい記事があったので、それを借りて説明しよう。
 その記事では、目指す翻訳とはどういうものか、翻訳者として心すべきことは何かというようなことを併せて学ぶことができる。
 もちろん、そこで説いている見解が唯一正しい在り方というわけではないが、――商業的成功を重要視するか否かというような要素が関わってくるわけだが――、ひとつの見識として、筋金入りの見識として、読む価値があろう。

*1.一昨日の記事で紹介した仏英対訳は、こういっちゃ悪いが、英語文の質からして、それ一本で日本語訳の土台にするには不安がある。世話になっておきながら不遜なことをほざき、申し訳ないが)。

◆◆◆◆◆◆◆◆
[このwebページから]
 論者は、カリフォルニア大学バークレイ校、土木・環境工学学部、工学名誉教授という存在のJacob (Coby) Lubliner/ジェイコブ(コビー)・ラブリナ―という人である。
          Jacob (Coby) Lubliner
     Professor Emeritus of Engineering Science
   Department of Civil and Environmental Engineering
       University of California at Berkeley

 この工学畑の肩書きだけで、「なに? 土木工学者がシャンソンの翻訳だって? そんなもの見たくも・・・・・・」なんて考える人がいたら、「ちょっと待て!」だ。
 オペラ曲、タンゴ、シャンソンなど多分野の歌をいっぱい翻訳しているし、しかも、驚くなかれ、原詩の原語はフランス語、ドイツ語、イタリヤ語、カタロニア語、スペイン語、現代ギリシャ語の、6言語に及んでいるんだ。翻訳は、歌だけでなく、小説も手掛けている(ここではイディッシュ語も手掛けている) 。
 さらに、翻訳だけでなくエッセイ小説を何冊も書いている。
 こういう人なんだ。初めて知った人だけど。

Photo
(無断転載だが、記事が目指している目的を多少なりとも側面支援することになるという意味から、許されるのではないかと考えている)

                                      Song Translation
                                             by
                                       Coby Lubliner

I approach the translation of song lyrics in the manner of the profession in which I was educated (though I have not practiced it very much), structural engineering.  It is the structural engineer’s job to translate an architect’s vision into a structure that can be built and that will carry the loads imposed on it.  When I translate poetry that is meant to be sung, the inspiration is the original poet’s; what I try to do is to maintain the original meaning as nearly as possible, but also to approximate the rhyme and meter of the original.  It’s an iterative process, much like old-fashioned (pre-computer) structural design.

In practice, this is what is usually done by translators of musical-theatre works (musicals, operas).  When it comes to free-standing songs, however, the typical practice is to create a virtually new song with only the vaguest connection to the original.

One of the most egregious examples of this practice is the poignant, bittersweet French song Les feuilles mortes, whose lyrics are by the great poet (and screenwriter) Jacques Prévert and which made a star of Yves Montand.  The American music industry, alas, amputated this song of its verses and published only the refrain as the ballad Autumn Leaves, with typically mawkish lyrics by Johnny Mercer.  But since this version was recorded by the likes of Nat “King” Cole, Frank Sinatra, Ella Fitzgerald and their ilk, not to mention countless instrumental performances, it has, like the north wind, swept the original song into oblivions’s icy night, except perhaps in French-speaking cultures.  I have modestly tried to remedy this (in my opinion) travesty.

                  歌詞翻訳について(Coby Lubliner)
 私は歌詞翻訳への取り組みを、私が専攻した専門科目、構造工学の教えるところに従うようにして行っている(構造工学の実務は、そんなに多くはやっていないのだが)。
 構造工学技術者の仕事は、建築家が提示した構想を、建築可能で荷重に耐えられる構造に翻訳していくことである。
 歌として唄われることが意図されている詩を私が翻訳する際には、私がそこで抱くインスピレーション、すなわち、創造的刺激、天来の着想のようなものは、元の詩が持つそれである。すなわち、私が行おうとすることは、元の意味を、可能な限りそれに近く維持することである。しかし、同時に、元の詩の韻と格調(韻律)に近似させるように努めようともする。その作業は、インタラクティブな(相互に影響しあう)プロセスであり、旧式な(コンピュータが現れる前の)構造設計によく似ている。
 
 実務では、音楽劇場作品(ミュージカルやオペラ)の翻訳家は、通常、こういった作業を行う。しかし、独立型の(
「建築の構成要素が独立している、支持のない」という専門用語で比喩的に表わしている)歌においては、オリジナル歌詞とほんのわずかなつながりしか残っていない、事実上新作品といえるような歌を創るというやり方が、一般的な実務慣行となっている。

 この慣行の、最悪の例の一つは、感動的でほろ苦いフランスの歌、枯葉(Les feuilles mortes)について行われた愚行である。偉大な詩人(兼脚本家)ジャック・プレヴェール(
Jacques Prévert)の作詞による歌で、イブモンタンをスターに押し上げた曲である。
 アメリカの音楽産業界は、なんてことか、この歌からバースを切除し、コーラス部分(リフレイン部分)だけを、Autumn Leavesというバラードとして出版したのである。その歌詞としては、ジョニー・マーサー(Johnny Mercer)の手による、あの、氏独特の「変に感傷的」なものが付されている。
 
 にもかかわらず、このバージョンはナット・キング・コール、フランク・シナトラ、エラ・フィッツジェラルドなどなどによって吹き込まれたから、――それとともに、無数の器楽演奏がそれを取り上げたことによる影響があることはもちろんだが――、Autumn Leavesバージョンは、北風のように、原曲を、「忘却の彼方の凍てつく闇」の地に吹き飛ばしてしまった(
*1)。ただし、おそらくフランス語文化圏でだけは、かろうじて原曲が踏みとどまっているものと考えられる。
 私は、この茶番劇を(私の見解では)治療(
修復)しようと、かなわないまでもという気持ちで努力してきている。
 
訳者「注」
    *1.「北風のように.......凍てつく闇」は、原詩からの比喩的引用である。

************************************************


 さて、ということだが、以下、この方の英語訳を土台にして、話を進めていくことにする。
まず、 Lubliner(ラブリナ―)氏の英語訳を日本語に訳してみる。
 その後で、ネットで探した別の三者の英語訳をラブリナ―氏の訳(以下、「ラブリナ―英訳」ということにする)と対比させて、相互の差異、違いの前提となっている原詩解釈などについて検討する。
 最後に、上記の検討を経たうえでの、当ブログ主としての、「フランス語原詩の日本語訳」を掲げる。

◆◆◆◆◆◆◆◆
■フランス語原詩、英語翻訳文、日本語訳
   (フランス語原詩もラブリナ―氏ページからの転載)

LES FEUILLES MORTES (DEAD LEAVES)

Music by Joseph Kosma
Lyrics by Jacques Prévert
Translated by Coby Lubliner

 

Oh! je voudrais tant que tu te souviennes
Des jours heureux où nous étions amis
En ce temps-là la vie était plus belle,
Et le soleil plus brûlant qu’aujourd’hui
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle
Tu vois, je n’ai pas oublié...
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Et le vent du nord les emporte
Dans la nuit froide de l’oubli.
Tu vois, je n’ai pas oublié
La chanson que tu me chantais.

REFRAIN:

 

C’est une chanson qui nous ressemble
Toi, tu m’aimais et je t’aimais
Et nous vivions tous deux ensemble
Toi qui m’aimais, moi qui t’aimais
Mais la vie sépare ceux qui s’aiment
Tout doucement, sans faire de bruit
Et la mer efface sur le sable
Les pas des amants désunis.

 

Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Mais mon amour silencieux et fidèle
Sourit toujours et remercie la vie
Je t’aimais tant, tu étais si jolie,
Comment veux-tu que je t’oublie?
En ce temps-là, la vie était plus belle
Et le soleil plus brûlant qu’aujourd’hui
Tu étais ma plus douce amie
Mais je n’ai que faire des regrets
Et la chanson que tu chantais
Toujours, toujours je l’entendrai!

REFRAIN

      <<<<<<<英語翻訳文>>>>>>>
Oh, I would like you so much to remember
Those happy days when we were friends, and how
Life in those times was more lovely and tender,
Even the sun shone more brightly than now.
Dead leaves are gathering as in December
You see how one never forgets...
Dead leaves are gathering as in December,
Just like the memories and the regrets.
And then the north wind comes and sweeps them
Into oblivion’s icy night.
You see how I never forgot
That old song that you sang for me.

REFRAIN:

A song like us, birds of a feather,
You loving me, me loving you,
And we lived happily together,
You loving me, me loving you.
But life tears apart gentle lovers
Who quietly obey their heart,
And the sea invades the sand and covers
The footsteps of those torn apart.

Dead leaves are gathering, dead leaves are piling
Up just like memories and like regrets.
But still my love goes on quietly smiling
Thankful for life and for all that it gets.
I loved you so, you were ever so lovely,
How can I forget?  Tell me how!
Life in those times was more sweet and beguiling,
Even the sun shone more brightly than now.
You were my most sweet friend and lover,
But regret just isn't my thing,
And I’ll keep hearing all the time
The old song that you used to sing.

REFRAIN

                          Translation © 2004 by Jacob Lubliner

                    <<<日本語翻訳>>>
  (上記の英語翻訳文の翻訳である。当ブログ主としての、「フランス語原詩の確定的日本語訳ではない。それは後で掲げる)

[バース]
 ねえ、しっかりと思い出して欲しい。
二人が友達だったあの頃のことを。
あの頃、人生がどんなに美しくて穏やかだったかということを。
太陽でさえもが、もっと明るく輝いていたわ。

 落ち葉が、まるで12月、年の瀬のように積もり続けている。
ねえ、人間って・・・・・・決して忘れないのよね・・・・・・。
 落ち葉が、まるで年の瀬のように積もり続けている。

私たち二人の想い出と後悔が溜まってきたように。
 でも、落ち葉の場合は、積り溜まっても、
やがて北風がやってきて吹き散らし、
凍てつく闇に忘れさせようとするわ。
 だけど、私は絶対に忘れない、わかるでしょ、
絶対に忘れないわ、あなたが唄ってくれたあの歌を。

[コーラス]
 私たちの関係を歌で表わせば、こんな風になる。
あなたは私を愛し、私はあなたを愛して、
一緒に暮らしていた、幸せに、
あなたは私を、私はあなたを愛しながら。
 でも、人生は優しい恋人たちを引き裂くのね、
愛の流れに従い、黙って従順に生きる恋人たちを。
 そして、波が砂に押し寄せ、
引き裂かれた二人の足跡を覆い隠す。

[第2バース]
 落ち葉が吹き溜まり、積もり続けている。
ちょうど、想い出や後悔が溜まっていくように
 だけど、私の恋は、微笑みながら静かに進んでいくの。
人生に、人生が与えてくれるすべてのことに、お礼をいうわ。
あなたを、とても愛しているの。ずっと素敵だもの。
忘れるなんてこと、できるわけないわ。どうしてできるの、教えて。

 あの頃、人生はすごく甘くて、楽しかった。
太陽でさえ、もっと明るく輝いていた。
あなたは、一番の友達で、大好きな恋人だった。
 恋は終わったけど、私は、後悔なんかしていない。
これからも、心の中で聴き続けていくわ。
あなたがいつも唄っていたあの歌を

[コーラス]
    -―繰り返し-―

◆◆◆◆◆◆◆◆
■仏英翻訳4者の比較
 さて、翻訳者4人のものを相互に比較しながら、「正しい」原詩解釈に迫ってみよう。
   次のように色分けして示す。
     (イ)Coby Lubliner(黒)
       ()lylicstranslate.com(青)    
      (ハ)"Tom the piper's son"というページ(赤)     
        (ニ) johnnymercer.com (by Patrick AUZAT-MAGNE)()
   バース、コーラス、第2バースの各区分内部においても、いくつかのブロックに細分して対比を示す。
   (ロ)(ハ)(ニ)の訳者の全体翻訳文(細分していない塊)は、末尾に掲げる。 

[バース]     
()Oh, I would like you so much to remember
Those happy days when we were friends, and how
Life in those times was more lovely and tender,
Even the sun shone more brightly than now.
()Oh I would like you so much to remember
The joyful days when we were friends.
At that time, life was more beautiful
And the sun burned more than it does today.

()Oh I wish so much you would remember
those happy days when we were friends.
Life in those times was so much brighter
and the sun was hotter than today.

()Oh! I would like as much as you remember
The happy days where we were friends.
In this time the life was more beautiful,
And the sun more burning than today.

()Dead leaves are gathering as in December
You see how one never forgets...
Dead leaves are gathering as in December,
Just like the memories and the regrets.
And then the north wind comes and sweeps them
Into oblivion's icy night.
()Fallen leaves can be picked up by the shovelful.
You see, I have not forgotten...
Fallen leaves can be picked up by the shovelful,
So can memories and regrets.
And the north wind takes them
Into the cold night of oblivion.

()Dead leaves picked up by the shovelful.
You see, I have not forgotten.
Dead leaves picked up by the shovelful,
memories and regrets also,
and the North wind carries them away
into the cold night of oblivion.

(ニ)The dead leaves collected with the shovel.
You see, I did not forget...
The dead leaves collected with the shovel,
The memories and the regrets also
And the wind of North carries them
In the cold night of the lapse of memory.

()You see how I never forgot
That old song that you sang for me.

()You see, I have not forgotten
The song you used to sing me.

()You see, I have not forgotten
the song that you sang for me:

()You see, I did not forget
The song that you sang me.

[コーラス]
()A song like us, birds of a feather,
You loving me, me loving you,
And we lived happily together,
You loving me, me loving you.
()This song is like us.
You used to love me and I used to love you
And we used to live together,
You loving me, me loving you.

()It is a song resembling us.
We lived together, the both of us,
you who loved me
and I who loved you.

()This is a song which resembles to us.
You, you loved me and I loved you
And we lived both together,
You who loved me, me who loved you.


()But life tears apart gentle lovers
Who quietly obey their heart,
()But life separates lovers,
Pretty slowly, noiselessly,

()But life drives apart those who love
ever so softly without a noise

()But the life separate those which love themselves,
All softly, without making noise


()And the sea invades the sand and covers
The footsteps of those torn apart.
()And the sea erases on the sand
The separated lovers' footprints.

()and the sea erases from the sand
the steps of lovers gone their ways.

()And the sea erases on the sand
The Steps of divided lovers.

[第2バース] 
   (ロとハの訳者は、この部分を省略している。この第2バース以降まで唄う歌手が少ないからであろう)
()Dead leaves are gathering, dead leaves are piling
Up just like memories and like regrets.
()The dead leaves collected with the shovel,
The memories and the regrets also


()But still my love goes on quietly smiling
Thankful for life and for all that it gets.
I loved you so, you were ever so lovely,
How can I forget? Tell me how!
()But my quiet and faithful love
Smiles always and thanks the life
I loved you so much, you was so pretty.
Why do you want that I forget you ?


()Life in those times was more sweet and beguiling,
Even the sun shone more brightly than now.
You were my most sweet friend and lover,
(ニ)In this time, the life was more beautiful
And the sun more burning than today.
You were my softer friend


()But regret just isn't my thing,
And I'll keep hearing all the time
The old song that you used to sing.
()But I don't have only to make regrets
And the song than you sang,
Always, always I will hear it !

  ――「未完―続く」――

[更新] 2011.9.25 ―「未完、続く」としていたのだが、「■仏英翻訳4者の比較」以降の補完部分を、別稿として(2011.9.25記事)独立させることにした。

 
 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

♪「枯葉」―その1。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト)、シャンソン -- 第2バースまで唄っている完全版を探した。

2011.9.19
                                                                            ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]
  毎朝落ち葉掃きをやるんだが、頑固なやつには泣かされるね、何度掃いても剥がれない。蔓バラの葉だ。
 掃いても掃いても、よく落ちてくれる。フランソワ・ジュランビル(Francois Juranville)(*1)とかいう名の蔓バラの落葉なんだけどね(もらって挿した枝が生い茂った)。これが、親指の先ぐらいの大きさしかない葉っぱなんだが、これが、ガンコなんだ。普段でもそうだが、雨上がりで濡れているときなど、棕櫚(しゅろ)の毛先の庭箒で何度掃いても動かない。プラスチック製の太い毛先をびっしりと植えた、座敷箒みたいな形の大型のゴッツイ箒で、こすり取るように力を入れて掃いても、アスファルトにしがみついていて、べったりと貼りついていて、金輪際動こうとしない。何度も何度も、角度を変えて挑戦して、やっとなんとか剥がすことができる。こういう状態だ。「ぬれ落ち葉」とはよくいったものだ。
 ひどいね。ものすごい時間の浪費だ。ここで挙げている葉に限ったことではないが、濡れてるときは、まさに、「亡国の枯葉」って感じがするね。
  *1.フランス語発音、日本語表記などについて、末尾に記事を置いているので参照されたい。

 そんなことで毎朝のように腹を立てているんだが、「そういや、『枯葉』って歌、フランス語じゃ『死んだ葉』っていうらしいな、前に何かで読んだが」ということを、腹癒せに、「死んでんじゃん、おまえ」と嘲って、動こうとしない葉っぱを蹴飛ばすみたいな心の動きのなかで、そのようなときに何度か連想したことがあった。
 そこで今朝、掃除、水やり、風呂排水もったいない利用の水汲みなど一連のルーチンを終えて机に向かい、「枯葉」(Autumn Leaves)のフランス語歌詞をネットから引っ張ってきて眺めてみた。いったい、どんな歌詞の歌、シャンソンなのかと。

 そこで、歌詞を眺めてみることにするが、その前に、まず、「死んだ葉」について触れておこう。
 「フランス語じゃ枯葉のことを『死んだ葉』というんだ」と、スタンダード曲解説集とかネット記事やなんかで、いかにも仰々しくおっしゃるんだが(誰かジャズ評論家みたいな人がなんかの機会にそういって、「そうか、そんなもんか」と、仰々しさが大衆に広まったんだろうね)、辞書で調べてみたら、なんのことはない、「死んだ葉」というのは、feuille(葉)、morte(死んだ、植物が枯れた)ということで、文字どおり「枯葉」なんだよね("feuilles mortes"は複数形)。別に、フランス語だけが仰々しいわけではない。考えてみれば、英語だって、dead leaf(leaves)という。「死んだ」ということにこだわるなら、英語だって「死んだ葉」だ。"withered leaf"という言い方もあるようだけどね("wither"は、viで萎れる、しぼむ、vtで萎れさす、枯らすといった意味)。

 要するに、「フランス語じゃ枯葉のことを『死んだ葉』と表現する」云々の話は、次のようなことからきているのではないか。
 すなわち、歌の英語版ではフランス語の原詩を感傷過多の英語で置き換えているとし、その事実を述べるに際して(そういうふうに変容させたことの善し悪しは別にして)、英語版で付した"Autumn Leaves"という題名と元来のFeulles Mortes(枯れた葉)とを対比させてみせ、フランス語の曲名は元々「死んだ葉」である、と述べたことからきているのではないか。ほんとは、"morte"は、「死んだ」なんていう必要はなく、植物の場合には「枯れた」という意味なのだから「枯葉」といえばいいんだが、それを、「死んだ」と表現した。それが、「フランス語って荒々しいな」みたいなことで伝播した。

 - - - - - -今日は敬老の日だったな。プリンタの上に置いてある卓上カレンダーに何気なく目をやったら、赤い字でそう書いてあった。
 枯れたくないね、まだ。
  そうそう、断っておかなきゃいけないが、枯葉を嫌っているわけじゃないよ。掃き集めたものは、サツキの根元やなんかで積み重ね、ちゃんと堆肥にして供養している。

------------------------------------
  [2013.4.8追記] 関連記事のつながりを掲げておく。
   2011.9.19
   ♪「枯葉」―その1。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト)、シャンソン --  第2バースまで唄っている完全版を探した。
   2011.9.21
   ♪「枯葉」-その2。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) --  フランス語歌詞の独自日本語翻訳を試みる
         (第2バースまで)、4者の仏英翻訳を土台にして。
   2011.9.25
   ♪「枯葉」-その3。 Les Feuilles Mortes(レ・フイユ・モルト) ―― フランス語歌詞全訳(第2バースまで)。
     日本語訳の白眉を目指したが。

    2011.9.28
      ♪「枯葉」―その4。Autumn Leaves ― ディジィ・ガレスピーとチェット・ベイカー

------------------------------------

◆◆◆◆◆◆◆◆
 前置きが長くなったが、「枯葉」、次のような歌詞だった。
 フランス語原歌詞と英語対訳を並べて示してくれているweb記事があった。うれしいね、こういうのって(ただし、こういっちゃ悪いが、対訳英語の出来はよくないね)。
 
  念のためにいっておくと、掲げられている英語訳は、あのJohnny Mercer(
ジョニー・マーサー)(画像)が作詞したという、いわゆる「アメリカ版歌詞」、キングコールやシナトラが唄っているあれ、原詩に比べてかなり感傷過多になっていると評されているんだが、あれとは異なる。あくまでも、原詩の翻訳である。"Autumn Leaves"として知られるあれは、ある意味、原詩から離れた「創作」である。

  ついでに触れておくと、Mercerは、なぜか、バースに詩を付けなかった。そのために、この歌にバースがあることを、一般人は知らないような状態になっているとされる(
Wikipedia)。歌が世界に知れ渡っているのは、なんといっても、"Autumn Leaves"に依るものだからね。こういうと怒る人もいよう。フランス語シャンソンとして世界に知られたではないかと。しかし、そういうことはもちろんあるが、ジュリエット・グレコ(Juliette Greco)(画像)、コラ・ボケール(Cora Vaucaire)(画像)、イブ・モンタン (Yves Montand)(画像)、セルジュ・ゲンスブール(画像)などなどによって、あるいは、その他各国のシャンソン歌手によってある程度の広まりをみせたということはあるんだが、アメリカ・ポップス旋風との比でいうと、数字としては小さいからね(バースを唄わないシャンソン歌手もけっこういるし)。

 
曲は1945年にJoseph Kosmaという人がバレー団の劇音楽、"Le Rendez-Vous"  として作曲したもので、翌1946年の「夜の門」(Les Portes de la Nuit)という映画で使用された(映画の画像)。その際に、映画のシナリオを書いたJacques Prévert(ジャック・プレヴェール)が歌詞を付けた。劇中で新人俳優イブ・モンタンが唄った。ただし、映画も歌もヒットしなかったといわれている(Wikipedia)。その後、ジュリエット・グレコが唄って世に認知された。モンタンはこの歌を唄って大受けするようになるが、それは数年後になってのことだ。アメリカには、1949年にキャピトル・レコードによって持ち込まれ、ポピュラー曲Autumn Leavesに変容し、1950年にビング・クロスビーが唄って世に出した。(英語版Wikipediaでは、マーサーは1947年にAutumn Leavesを書き、それを最初に唄った歌手の一人にジョースタッフォード/Jo Stafford/画像がいるとしている)。
 
◆フランス語原歌詞の英語対訳
Photo_2
  さて、,上の画像はココのページをキャプチャしたものだが、以下では、左側フランス語原歌詞、三段に別れているブロックを上から順に「バース1」、「コーラス」、「バース2」と呼ぶことにして話を進めることにする。

 そこで、苦労してみつけたTubeだが、Mabel Mercer(「メイベル・マーサー」というらしい)(画像)という人の録音があった。第1バース → コーラス →第2バース → コーラスと唄っている。
  チューブの下に歌詞を掲げておくので(このページからの転載)、目で追って、味わいながら聴いていただきたい。フランス語知らなくても、当ブログ主も、ほんのかじった程度しか知らないが、「味わえる」のではないか。

■Mabel Mercer - Les Feuilles Mortes
    レ・フィユ・モールト( 枯葉) ― メイベル・マーサー
 

                Les Feuilles Mortes
  (m)Joseph Kosma, 1945  (w)Jacques Prévert, 1946
[Verse]
Oh ! je voudrais tant que tu te souviennes
Des jours heureux où nous étions amis.
En ce temps-là la vie était plus belle,
Et le soleil plus brûlant qu'aujourd'hui.
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle.
Tu vois, je n'ai pas oublié...
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Et le vent du nord les emporte
Dans la nuit froide de l'oubli.
Tu vois, je n'ai pas oublié
La chanson que tu me chantais.


[Chorus]
C'est une chanson qui nous ressemble.
Toi, tu m'aimais et je t'aimais
Et nous vivions tous deux ensemble,
Toi qui m'aimais, moi qui t'aimais.
Mais la vie sépare ceux qui s'aiment,
Tout doucement, sans faire de bruit
Et la mer efface sur le sable
Les pas des amants désunis.


[Verse]
Les feuilles mortes se ramassent à la pelle,
Les souvenirs et les regrets aussi
Mais mon amour silencieux et fidèle
Sourit toujours et remercie la vie.
Je t'aimais tant, tu étais si jolie.
Comment veux-tu que je t'oublie ?
En ce temps-là, la vie était plus belle
Et le soleil plus brûlant qu'aujourd'hui.
Tu étais ma plus douce amie
Mais je n'ai que faire des regrets
Et la chanson que tu chantais,
Toujours, toujours je l'entendrai !

[Chorus]
    ------ the same -----

 
 「注]-"Verse"、 "Chorus"、"the same"という英語は、当ブログ主が勝手に付したものである。

                                  <<<<<日本語訳>>>>>
   (他人の仏英翻訳に基づいて、当ブログ主が日本語に訳したもの。土台にした英語翻訳、その翻訳者などについて、当ブログのこの記事この記事参照されたい)
                      
                   枯葉
    [バース]
     ねえ、想いだして欲しい、
    二人が仲良く幸せに暮らしていたあの頃のこと。
    あの頃、人生は美しく、
    太陽はもっと輝いていた。

     シャベルでうずたかく積み上げられる落ち葉・・・・・・、
    わかるでしょ、忘れられるわけないわ、あなたのこと。
    シャベルで積み上げられる落ち葉・・・・・・、
    二人の想い出も、後悔も同じ、いっぱい溜まっているわ。
     落ち葉は、溜まっても、やがて北風が吹き散らす。
    吹き散らして、冷たい闇のなかで忘れさせる。
     でも、忘れない、わかるでしょ。
    忘れない、あの歌は。
    あなたがよく唄ってくれたあの歌は。

    [コーラス]
     私たちのこと、こんな風に唄えるわ。
    あなたは私を愛し、私はあなたを愛して、
    二人は、一緒に暮らしていた。
    あなたは私を、私はあなたを愛しながら。
     でも、悲しいことだけど、人生って、恋人たちを引き裂くことがよくあるわ。
    ゆっくりと、音を立てずに引き裂いていく。
     そして、波が砂に押し寄せ、
    引き裂かれた二人の足跡を消し去っていく。

    [第2バース]
       シャベルでうずたかく積みあげられる落ち葉、
    想い出や後悔も、落ち葉のように溜まっていく。
    でも、私の恋は、微笑みながら静かに進み続けていく。
   後悔しない。人生に、人生が与えてくれるすべてのことにお礼をいうわ。

    あなたを、とても愛しているの。ずっと素敵だもの。
   忘れるなんてこと、できるわけないわ。どうしてできるの、教えて。
    あの頃、人生はすごく甘くて、楽しかった。
   太陽でさえ、もっと明るく輝いていた。
   あなたは、一番の友達で、大好きな恋人だった。

    恋は終わろうとしているけど、私は、後悔なんかしていない。
   これからも、心の中で聴き続けていくわ。
   あなたがいつも唄ってくれていたあの歌を。

 ◆歌手について
 Tube投稿者が解説を付している(Wikipediaからの引用のようだ)。
Mabel Mercer (3 February 1900  20 April 1984) was an English-born cabaret singer who performed in the United States, Britain, and Europe with the greats in jazz and cabaret. She was a featured performer at Chez Bricktop in Paris, owned by the legendary hostess Bricktop, and performed in such clubs as Le Ruban Bleu, Tony's, the RSVP, the Carlyle, the St. Regis Hotel, and eventually her own room, the Byline Club. Among those who frequently attended Mercer's shows was Frank Sinatra, who made no secret of his emulating her phrasing and story-telling techniques.

イギリス生まれのキャバレー歌手。アメリカ合衆国、イギリス、大陸ヨーロッパでジャズシーンやキャバレーなどにおいて有名アーチストと共演した。かの伝説的なBricktopが所有するパリのChez Bricktopの看板歌手として活躍したほか、Le Ruban Bleu、Tony's、the RSVP、the Carlyle、the St. Regis Hotelなどでも唄った。最終的には、自分の店、Byline Clubを持った。
 Mercerのショウに何度も出演したアーチストの一人にフランク・シナトラがいるが、シナトラは、Mercerのしゃべり方と話題展開技法を真似て、自己のものとして取り入れたと、公然と明かしている。
-------------------------- 
  ミュージックホールの芸人をしていた若いイギリス白人女性とアメリカ黒人ジャズ・ミュジッシャンとのあいだにできた子だという。メイベルは、父親の名を知らぬ(Wikipedia)。

◆◆◆◆◆◆◆◆
1946年映画「夜の門」(Les Portes de la Nuit)での イブ・モンタン(Yves Montand)

3       下のチューブからとった画像。ハーモニカの旋律に合わせて歌詞を作っているのであろう。
      最後の場面で歌詞を書き取りながら少し唄って見せる。
コーラスの末尾、
      「Et la mer efface sur le sable、Les pas des amants désunis.」

        (そして、波が砂に押し寄せ、引き裂かれた二人の足跡を隠す)の部分だ。

Les Feuilles Mortes dans Les Portes de la Nuit(1946)
       1946年映画「夜の門」における「枯葉」 ― イブ・モンタン

 ハーモニカを吹く男は、Jean Vilar(ジャン・ビラ―ル)(画像)という人物だ。俳優兼演出家で、アビニヨン演劇祭の創設者だという。

 映画については全く不知であり何も語れないが、モンタン、若いね、1921年生まれだというから当時25歳か。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 上の方の記述で触れたコラ・ボケール(ヴォケール)という人だが、朝からこの記事を書き始めて昼飯で中断し、食べながら新聞を読んでいたら――天下の偏向報道ダメ新聞、朝日新聞だが――家人が、近辺のスーパーの安売り広告を見るために「絶対必要」だというので購読しているのだが――、その新聞の訃報欄に、奇しくもこの人が17日にパリで亡くなった(93歳)と出ていた。
 まったく知らない人だが、冥福を祈ろう。

Photo_3               (画像はここから)
◆◆◆◆◆◆◆◆
■フランソワ・ジュランビル(Francois Juranville) - バラの品種名
 いろいろ分かれるなか、この表記が(「フランソワ・ジュランビル」)一般的のようだが、実際にどう発音するか、教えてくれるページがあった。すごいね、ネットって。
  ココだ。 (つながるまで20秒ほどかかります)
  男女二人の発音を聞けるが、耳で聞きとるかぎりの日本語表記では、次のようになろう。
 (♂)フランソワ・ジュロビ-ル
  (♀)フランソワ・ジュラビユ

 なんだね、こういう環境にありながら外国語の二つや三つぐらいモノにできない現代人って、こちとらがそうだが、怠慢じゃないか。語学に限ったことじゃなくて、学ぼうと思えば、独学でどんなことでもできる。
 やらなきゃな、いろいろと、「枯れる」まで。

 こういうバラなんだけどね。これが、今ごろの季節、毎日毎日、ばらばら、文字どおりバラバラと落ちてくるんだ。生垣のサツキに絡まるような状態でもじゃもじゃと這っていて道路に落ちるから、掃かないわけにはいかない。
Photo              (画像はココから)

[更新]  2011.9.24、16:10
 当初の予定では、フランス語原詩の英語訳に頼って(信頼できそうなそれをネット上で探してきて)、日本語訳(私訳)を掲げるつもりでいた。その作業を果たせなかったので、いずれ補完するつもりで、「未完-続く」としていた。しかし、その予定を変更し、フランス語原詩→英語翻訳→日本語翻訳の部分につき、稿を改めて別記事として載せることにした。
この記事がそれである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

野田新内閣だが、一点だけ言いたい。放射能汚染垂れ流し。被曝によって、子どもらが癌で死んでいく「明白かつ現在の危険」が進行中――事の重大さからして、いっちゃ悪いが、当人には悪いが、細野豪志大臣はダメ、仕事ができぬ。変えるべき。もとより、内閣全体で、いますぐ、来し方を猛反省して、汚染拡大阻止に取り組まなきゃいけないことだが。

2011.9.2
 野田組閣だが、菅内閣の閣僚/執行部だった者は、稀代の騙し政治、史上最悪の欺瞞政治をやったことにつき、菅の寿命がとうとう尽きた――「やっと、やっと、やっと、さらに、やっと」って感じだが――、尽きたことを機会に、憑依(ひょうい)状態から覚めて、狐憑きから醒めて、猛反省し、罪の深さを認識し、責任を感じて引っ込んでいるのが筋だ。
 「罪の意識にのたうちまわりながら地獄に沈む思い」(当ブログの以前のサブタイトルから)を以って反省すべきだ(「閣議決定は全員一致による」とする原則を想定せよ)。

 当然のことながら、財務大臣として菅直人腐敗政治の片棒を担いできたにもかかわらず党代表/総理大臣を目指して、立候補により目指して、そうなってしまったりした、運命のいたずらからそうなってしまった――当ブログ主はそう感じているのだが――運命のいたずらから総理大臣になった野田氏そのものが一番のおそまつなのだが、とにかく、新内閣についての当ブログ主の基本的評価はこれだ。
 あの、稀代の騙し内閣、騙し屋菅直人内閣の閣僚/執行部であった者は、引っ込んでろといいたい。

 念のためにいっておくと、安っぽい延命、地位執着のために、
①50年ぶり2009政権交代の意義を、政治参加、改革への熱気を霧散させてしまったこと、
②日本古来の「嘘を恥じる」、「恥を知る」精神文化を鼻の先で笑い、粉々に砕いてみせ、国民の道徳を荒廃させた
 こと、特に、若年層の心から、「約束を守る」という道徳を消し去ってしまったこと、
③国民に、特に若年層に、政治不信を、もはや回復不可能なほど深く植え付けてしまったこと、
④そして、何よりも許せないこととして、情報隠し、隠蔽によって、放射能汚染を垂れ流し、数万人、数十万人の子ど
 もたちに癌死亡の危険のある、その虞が高いといわれる被曝をさせてしまったこと。

 これが、騙し政治、悪政と指摘、糾弾する所以だ。ざっと挙げただけでも、これだけある。
 これ、すべて、官邸に居座りたい、夫婦して公邸に居座りたいがためにやったことだ。つまり、政治的な収穫をなんら得ることなく――というよりも、弊害を積極的に引き起こしつつあることを知りながらも一切気にしないという不遜を示して――やったことである。「民主主義とは、ある意味、『期限付きの独裁だ』」、「歴史が証明する」なんて抜かして、自己弁護、自画自賛、自己礼賛しか知らぬ卑しさでニヤつきながら。
 自画自賛を非難されると、退陣の言では「歴史の評価に委ねる」と言い換えてみせる姑息さをみせたりしている。
 極まりないよね、この卑しさ。
 やりきれないよな、そんな安っぽい動機と引き換えにされた犠牲者、被害者は。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 さて、そこで、各論的本題である細野豪志原発事故担当大臣だが、当ブログ主は、「仕事ができぬ」と評価している(その一例としてコレ )。

 「旧菅内閣閣僚だった者は不可」という上記の点は措いて、その視点からの評価は一応脇に置いて論じるとしても、事の重大さからして、細野豪志大臣はだめ。
 閣僚個々人に対する評価については、よく知らない相手が多いこともあって(とんでもないような任用が数名目につくが)、ここでは論評を避けるが、この大臣についてだけは、ダメ任用といっておこう。(緊急手当てを要する重大な要件にかかることだから)
 原発事故災害を早く収束させるために継投が望ましいというのだが、それはあくまでも、担当者が、その能力、力量からして職務に適任者であることを前提にしてのことである。

 では、なぜ、仕事ができぬと断じるのか。
こうだ。
 ――事故収束に関し、福島第一原発第1号機から6号機までの現状と、放射能汚染国土浸食状況を、「毎日、数時間おきにNHKで流させる」措置を講じないから、ダメ――。

 こういうと、読者は笑うかもしれない。
 しかし、冗談でいっているのではないのだ。事は、それほど重大なのである。
 詳しくは触れぬが、そのことにつき、一昨日の記事(2011.8.31記事)を参照されたい。

(1)発電機コンプレックス自体の収束状況について、下の画像のような形式で数時間置きに現状を報告すべきである。
 「工程表」だかなんだか、呼称は覚えてないが、ガントチャートみたいなもの、スケジュール表、とにかく、あれ、「第一ステップを予定どおり完了した」なんて、発表したが(東電/政府)、当ブログ主は、8割方嘘だとみている。経験則に基づく健全な本能が言わしむることだ。

3
1 2 **********************************
 朝日(asahi.com)
2_2 3_2

                (画像は、2011.3.23当ブログ記事から)

 (2)放射能汚染国土浸食状況については、汚染測定値分布表みたいなものをチョロっと掲示するようなことでなく、つまり、おざなりの発表なんかじゃなく、「ここも汚染された、ここも」というような感覚で、過敏反応、過剰反応気味の姿勢で報告すべきである。人の命がかかっているんだぜ、えっ、あんた。

 ここで、あるいは、「細野は、仕事ができなくはない。菅に抑えられていたからできなかっただけだ」と弁護する声があるかもしれない。
 しかし、「コウコウ、こうします」と提言し(というよりも担当大臣としての決定事項として首班たる総理大臣に報告し)、「それはダメだ」と菅に拒絶され、なおも主張し、どうしても菅が応じない場合には、「では、大臣はやりません」と辞任する見識がなければいけないのである。それだけの見識、覚悟がない人物は、端から「原発事故担当大臣」なんて、引き受けてはいけないのだ。

  国民の生命、大勢の、数万、数十万の国民の、幼児、児童の生命がかかっているのである。こういっている間にも、癌死亡危険被曝が進んでいるのである。
 そこらを理解できない国会議員、700人、ぼんくら議員、お粗末極まりないね。
 声を上げぬ国民、ぼんくら大衆、お粗末国民。
 嘆かわしい、情けないね、もう。

1_3  2_2
1_4 2_3 3 4_2 5 6
 まあ、続投していくんだろうからいっておくが、こんなお笑いやってるときじゃないんだよな。もっと根本的というか、抜本的なところでズズズッと撃って出るべきことがある。

 超法規的措置としての政令を駆使して、または速攻立法によって、東電を一時的に国営にし、企業解体を前提に、損害賠償財源たる財産を凍結し、臨戦/万全体制で臨んで汚染事故収束の実を上げ、加速させるとか、福島県の一部または全体、あるいは他県を含む一定広域を、「冷酷に」見捨て、「二度と帰れない、永久に帰れない」と、冷たく、住民に当てのない希望を抱かせることなく、「冷たく」宣告して、無人廃墟にするとか。
 とにかく、放射能汚染拡大、国土侵害という悪性腫瘍の芽を摘む、根をえぐり取るみたいな大手術をしなきゃいけない。

 そりゃ、金がかかることになるは、莫大にかかるは、非難ごうごう、矢面に立つは、場合によっては身にテロ危険もあるはで大変だ。国中がひっくり返るような騒ぎになるだろう。
 しかしね。うん、数十万人児童の命がかかっているんだ。
 まあ、菅はもちろん、700人愚鈍国会議員、だれもやろうとしなかったことだから、相当のガッツと覚悟が要るがネ。

 その場合、「科学的根拠に基づかない云々」という声がかならず出る。クズ反動派連中から。
いってやろう。
 ――科学的根拠? くそくらえ(ことばは悪いが)。経験則に基づく本能こそ正しい、こういうときは、人の命がかかっているときは。本能の命じることが正しい。
 君らのいう「科学的根拠」のおかげで、この事故が起き、放射能被曝地獄が広がっているんだ――。

◆◆◆◆◆◆◆◆
■菅直人 ― 究極の卑しさ
 菅というのはこういう人物なんだ。究極の卑しさをみせる自己礼賛。どうだね、え、この人物像、吐き気を催すね。

  ――今でも、しばしば、事故直後の日々のことを思い起こします。日本はどうなってしまうのだろうか、という張りつめた緊迫感と、背筋が寒くなるような感覚。次 から次へと訪れる深刻な局面で、即座に下さねばならない一つ一つの判断。あの時の状況を思えば、
          「よくぞここまで来た」
というのが偽らざる実感ですが――


 どう自己弁護、自己礼賛しようと勝手だが、事実に即した客観的評価からすると
 ――「よくぞ、ここまでめちゃくちゃにしてくれた」――というのが正しい。

(菅のブログがあるとは耳にしていたが、目にしたのはこれが初めてだ。こちらにいわせりゃ、「一目で臭気ふんぷん」って感じだ。嘘まみれ、国民騙しまみれ、ひどいね)

1 2 3
■「よくぞここまで来た」
ってか、笑わせる。「よくぞ、ここまでめちゃくちゃにしてくれた」が正しい。無能菅直人、菅、無能、無能。石原都知事のことばを聞こう。


   今度の牛の事件、当然起きるべくして起きた。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   この責任を、だれがいつとるんですかね。

(ベントを)しなかったということは(菅直人のヘリコプター視察のせいで妨げられたのかどうか、そこらは藪の中だが)、やはり(水俣病の悲惨な事例と同様に)、いろんな形で、これから先、いろんな、恐ろしい形で出てくるだろうね、あの過失というものの。
 この責任を、だれがいつとるんですかね。

Photo

■ステップ1「予定どおり」完了なんて臭いことをいうのだが

 嘘だね、直感が教える。
12 12_2                            (「毎日JP」から ― 2011.7.20朝刊記事の一部)

毎日新聞記事はいう。
 政府と東電関係者は19日、この3カ月の「ステップ1」の目標をほぼ達成したと口々に語り ―中略―。しかし、放射性汚染水を浄化して原子炉の冷却に使う循環注水冷却システムは依然不安定だ。避難区域の解除に向けた放射線量の低減や土壌の除染作業など、他にも課題は山積している。
   .........格納容器の修復を断念する代わりに放射性汚染水を浄化して原子炉冷却に再利用する「循環注水冷却」で冷温停止に持ち込む考えを強調した。だが、日米仏3カ国の原子力企業が建設した現在の汚染水浄化システムは窮余の策で、しかも耐用年数はわずか1年しかない。

  原発は本来、炉心(核燃料)を冷やす水を内部で循環させ、放射性物質を外に出さない機能を備える。福島第1原発では、水素爆発などにより格納容器や配管などの重要機器が壊れて「冷やす」「閉じ込める」の機能を失った。
 冷却機能回復のため、緊急的に海水や近隣のダムの水を注入したが、それが格納容器の破損部分から漏れ、高濃度の放射性汚染水となって流出した。

 根本的な解決には格納容器の修復が不可欠だが、東電は今回、工程表から削除した。「目の前であふれそうになっている汚染水処理対策を優先せざるを得ない」(東電担当者)からだ。汚染水低減と炉心冷却を同時に図れる循環注水冷却は、たとえ不十分でも「命綱」となっている。

政府と東電は19日改定の工程表に、現在のシステムに代わる「本格的水処理施設の検討」を前倒ししてステップ2に盛り込んだ。だが、具体的な手法など構想は白紙
     ――中略――
 工程表は来年1月までに原子炉を、100度以下の「冷温停止」に持ち込むと明記した。各原子炉(圧力容器底部)の温度は19日現在、1号機100度▽2号機125度▽3号機111度。現システムをいかに安定的に稼働させるかが、成否を左右する。
     ――以下省略――


■菅の国民騙しを糾弾するドイツのTV報道を見よう。
   ドイツのZDFテレビ、"Frontal21"という番組で放映されたもの(そのwebページはココ)。下の画像の、Die Folgen von Fukushima(福島原発、その後)というのがそれである。

Tv
 ZDFとは、Zweites Deutsches Fernsehen (英語で"Second German Television"、「ドイツ第2テレビ」の意)のことである。マインツ市(ラインラント/プファルツ州)(Mainz,  Rheinland-Pfalz)に本拠を置くドイツの公共テレビ放送局であり、複数の連邦州によって設立され(1961)、独立系の非営利組織として運 営されている。経費は、GEZというライセンス料と広告料で賄っている(Wikipedia)。(ZDFウェブサイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »