« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

♪Nobody Knows You When You're Down and Out―Bessie Smith(ベシー・スミス)、B.B. King(B.B.キング)、Eric Clapton(エリック・クラプトン)、Nina Simone(ニーナ・シモン)、歌詞、日本語訳

2012.1.31
 一月(いちがつ)の終わり、このあいだ正月だったのに。
                                                                          ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]

◆◆◆◆◆◆◆◆
 以前、この曲/歌詞について書いたことがある。ただ、その記事は鳩山さん(当時の首相)の動向と関連づけて書いた内容のものであった。
 いずれ音楽関係の専用ブログを立ち上げようかと考えている(過去記事を移し換えて)。その準備というわけではないが、まあ、「不純物を落とす」という意味で、当該過去記事の曲/歌詞部分だけを切り取り、多少編集を加えて、新記事として掲げることにした。

■Bessie Smith/ベシ―・スミス(ベッシー・スミス)
  - Nobody Knows You When You're Down And Out

 Tube投稿者によるデータを掲げておこう。
 Bessie Smith (Vocal)、Ed Allen (Cornet)、Garvin Bushell (as)、Greely Walton or Arville Harris (ts)、 
 Clarence Williams (Piano)、Cyrus St-Clair (tu)

Nobody Knows You When You're Down And Out
                                                       (m) & (w) Jimmy Cox, 1923.
Photo_4 Once I lived the life of a millionaire,
Spending my money, I didn't care.
I carried my friends out for a good time,
Buying bootleg liquor, champagne and wine.

 

Then I began to fall so low,
I didn't have a friend, and no place to go.
So if I ever get my hand on a dollar again,
I'm gonna hold on to it till them eagle's grin'.

Nobody knows you
when you down and out.
In my pocket not one penny
And my friends say I haven't any.
But If I ever get on my feet again,
Then I'll meet my long lost friend.
It's mighty strange, without a doubt.
Nobody knows you when you down and out.
I mean when you down and out.


     ――間奏――

Mmmmmmmm.... when you're down and out.
Mmmmmmmm... not one penny,
And my friends I haven't any.
Mmmmmmmm... Well I felt so low,
Nobody wants me round their door.
Mmmmmmmm... Without a doubt,
No man can use you when you're down and out.
I mean when you down and out.

            零落れ
(おちぶれ)
かつては大金持ちで暮らしていた。金をいくら使おうと、気にもしない。
友達を飲みに連れ歩き、闇酒場で酒、シャンペイン、ワインだ。
そして落ち目になった。友達は去り、行き場所もない。
くそ、今度もう一度1ドルを手に入れたら、銀貨の鷲が顔をしかめるほど握りしめてやるぞ。

零落れたら
(おちぶれたら)、誰も相手にしてくれない。
ポケットには1セントも入っていない。
「文無しじゃないか」と連中から追い打ちだ。
 それなのに、こちらがもう一回立ち直ったら、昔の仲間がまた友達面してやってくる。
おかしい、ものすごくおかしい、だけど、
まちがいない、まちがいない、
零落れたら
、みんな知らんふりだ。
零落れてしまったらね。

ウムムム・・・・・・零落れて、
ウムムム・・・・・・1セントもない、
「文無しじゃないか」と追い打ちだ、
ウムムム・・・・・・敗残者か、気が滅入る、
みんな逃げて回る。.
ムムムム・・・・・・まちがいない、
零落れたら、だれも相手にしない、
そう、零落れたら。

**************************
  日本語歌詞は、当ブログ主の翻訳によるものである。Bessie(1894-1937)(画像)の歌詞が「オリジナル」といえるかどうかは問題だが、唄っていた年代からして、そう考えてよいであろう(レコーディングはずっと後)。キング、クラプトンの歌詞は、枝葉を微妙に味付けして独自性を打ち出しているが、「骨」は同じである。

 クラプトンは、ベシ―の旋律から、かなり離れている。なんというか、「現代都会風ロカビリー」とでもいおうか(こういう分野はよく知らないので、うまく表現できない)。原曲を素材にした「別曲」に近い。
 これは、それなりに「いい」とは感じるが、ブログ主としては、ベシ―を好む。キングはその線を踏襲している。
   (ただし、クラプトン、"Derek and the Dominos"というバンドで唄っているものがあるが、それはキングの演奏とほぼ同じような感じであり、ベシ―の流れに沿っている)

■B.B.KIng/B.B.キング
">
                           B.B. King sings.
Photo_9 I once lived the life of a millionaire
Spending my money I didn't care.

Always taking my friends out for a good time
Buying champagne, gin and wine.
But just as soon as my dough got low
I couldn't find a friend, no place I go.
If I ever get my hands on a dollar again
I'm gonna squeeze it,
and squeeze it
Till the eagle grins.

Nobody knows you
when you're down and out.
In your pocket, not one penny
And your friends, you haven't any.
(*1)
And as soon as you get on your feet again
Everybody is your long lost friend
It's mighty strange, without a doubt, but
Nobody wants you when you're down and out.

      ――語り――
You know folks, I once had a mansion
Way up on the side of a hill.
I'd give champagne and caviar parties
Just for fun and get a thrill.
But you know things they just can't stay like that forever.
And now I can't muscle up enough money
To buy a shot of gin.
    ――語り終り
――

But you know, if I ever get my hands on a dollar again
I'm gonna squeeze it, and squeeze it till the eagle grins
It's mighty strange, without a doubt
Nobody wants you
Nobody needs you
Nobody wants you when you're down and out

  (Bessie Smithとの違いを、大ざっぱに茶色で示している)

オレは、かつては、百万長者の暮らしをしていた。金なんか、いくら使っても気にもしない。
しょっちゅう友達を飲みに連れ歩き、シャンペイン、ワイン三昧だ。
だけど、金がなくなったら、なくなったら、そのとたんに、友達は去り、行き場所もなくなった。
くそ・・・・・・、今度もう一度1ドルを手に入れたら、
握りしめて、握りしめて、
銀貨の鷲が顔をしかめるほど握りしめてやるぞ。


零落れたら、誰も相手にしてくれないぜ。
ポケットには1セントも入っていない。「文無しじゃないか」と連中から追い打ちだ。
(*1)
だけどな、オレがもう一回立ち直ったら、なんてこった、昔の仲間がまた友達面してやってくる。
おかしいだろう、ものすごくおかしい、だけど、
まちがいない、まちがいない、
零落れたら
、誰も寄ってこない、そういうもんだ。

  ――語り――
ほら、みんな知ってんだろ、おれは、かつて、邸宅を持っていた。
あの丘の脇だ。
シャンペンと葉巻のパーティーを、しょちゅうやっていた。
え、大騒ぎして楽しむためだ、それだけのことだ。
だけどな、昔からいうぜ、奢るもの久しからずや、ってな。
オレは文無しになった。
ジン一杯買う金もひねり出せない。
  ――語り終り――


だから、な、今度もう一度1ドルを手に入れたら、
握りしめて、握りしめて、
銀貨の鷲が顔をしかめるほど握りしめてやるぞ。

おかしいだろ、ものすごくおかしい、だけど、
まちがいない、まちがいないんだ。
零落れたら
、みんな知らんふりだ、
誰も相手にしない、
零落れてしまったら、誰も相手にしない。


*1."And your friends, you haven't any."は、 ベシ―の歌詞に沿うなら、And your friends (say), you haven't any.とすべきところである。しかし、"say"を省略したとは考えにくいから、そのままでいいのだとすると、意味が異なってくる。すなわち、次の如し。
(イ)Bessie Smith

 In my pocket not one penny
 And my friends say I haven't any.

 ポケットには1セントも入っていない。「文無しじゃないか」と連中から追い打ちだ。
(ロ)B.B. King
 
In your pocket, not one penny
  And your friends, you haven't any.

ポケットには1セントも入っていない、文無しだ、そして、友達ってか? 誰もいやしないぜ。 

しかし、ここでは、敢えてベシ―の歌詞に沿った日本語訳にしておく。
クラプトンは、その疑問を消し去り、明確に唄っている。
 In your pocket, not one penny,
 And as for friends, you don't have any.

 ポケットには1セントも入っていない、文無しだ、そして、友達ってか? 一人もいやしないぜ。 
   "as for"(何々に関しては)を挿入したわけだ。

■Eric Clapton/エリック・クラプトン



Photo_6 Once I lived the life of a millionaire,
Spent all my money, I just did not care.
Took all my friends out for a good time,
Bought bootleg whisky, champagne and wine.

Then I began to fall so low,
Lost all my good friends, I did not have nowhere to go.
I get my hands on a dollar again,
I'm gonna hang on to it till that eagle grins.

'Cause no, no, nobody knows you
When you're down and out.
In your pocket, not one penny,
And as for friends, you don't have any.

When you get back up on your feet again,
Everybody wants to be your long-lost friend.
I said
(*2) it's mighty strange , without a doubt,
Nobody knows you when you're down and out.
          ――間奏――

When you get back upon your feet again,
Everybody wants to be your long-lost friend.
I said
(*2) it's mighty strange, but without a doubt,
Nobody knows you,
Nobody knows you,
Nobody knows you when you're down and out.

       *2. "I said it's mighty strange...."は、"I'd say it's...."かもしれない。

かつては百万長者の暮らしをしていた。
有り金を全部使い果すように遊んだが、どうでもよかった、気にも留めない。
友達という友達全部を、飲みに連れ歩き、
闇酒場でウイスキー、シャンペイン、ワインだ。
そして落ち目がやってきた。親しかった友達は去り、行き場所もない。
くそ、今度もう一度1ドルを手に入れたら、
しがみついて、しがみついて、銀貨の鷲が顔をしかめるほど
しがみついてやるぞ

何故って、零落れたら 
誰も、だれも、見向きもしなくなるからだ。
ポケットには1セントも入っていない。
そして、友達ってか? 一人もいやしないぜ。
それなのに、こちらがもう一回立ち直ったら、

みんな、しばらく会わなかった旧友みたいな顔をしてやってくる。
おかしいだろう、ものすごくおかしい、だけど、
まちがいない、そういうものなんだ、
零落れたら
、みんな知らんふりだ。

■Nina Simone/ニーナ・シモン

">


Photo Well once I lived the life of a millionaire
Spending my money, I didn't care.
Takin' my friends out for a mighty good time
Buyin' boot leg liquor, champagne and wine.
Then I began to fall so low.
Couldn't find me no friends, had no place to go.
If I ever get my hands on a dollar again
I'm gonna hold on to it, till the eagle grins.

I said nobody knows you
When you're down and out.
In your pocket, you ain't got one penny,
And your friends, you didn't have any.
Just as soon as you get up on your feet again,
Here they all come, they say that they're your long-lost friend.
Oh lord without a doubt,
Nobody wants you,
Nobody needs you,
Nobody wants you,
When you're down and out.

I say
Nobody wants you
Nobody needs you
Nobody wants you when you're down and out

そう、わたし、かつては百万長者の暮らしをしていたのよ。
 お金をいくら使おうと、気にもしなかった。
友達を飲みに連れ歩いて大騒ぎ、
 闇酒場で、酒、シャンペイン、ワイン。
そして、ある日落ち目がやってきた。
 友達は一人もいなくなり、行き場所もない。
だから、今度もう一度1ドルを握ったら、
 しがみつくわ、しがみつく、銀貨の鷲が顔をしかめるほど、しがみついてやる。


そうなのよ、零落れたら誰も相手にしてくれないわ。
ポケットに1セントもない一文無しで、
 友達、友達なんて一人も寄って来やしない。
それなのに、こちらがもう一回立ち直ったら、たちまちよ、
 連中が、久しく会えなかった、なんていいながら寄ってくる。
なんてこと、ものすごくおかしい、だけど、まちがいない、
誰も寄りつかない
みんな知らんふり、
一人も寄りつかない、

零落れてしまったらね。

そう、
誰も寄りつかない
みんな知らんふり、
一人も寄りつかない、

零落れてしまったらね。
         (女性バージョンで書いてみた)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

♪Ain't Misbehavin'、エイント・ミスビヘビン、浮気は止めた ― 歌詞、日本語訳。

2012.1.28
 だいぶ前にこの歌について記事を載せたのだが、その過去記事に対して、歌詞と日本語訳の検索によるアクセスがポチポチ現れる。そこでは歌詞は載せていないので、「なんだ、出ていないじゃないか」と失望させてしまう結果になっている。
 そこで、改めて掲げておくことにした。
                                                                             ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]

◆◆◆◆◆◆◆◆
                       Ain't Misbehavin'
                                    (m)Fats Waller, Harry Brooks,  (w) Andy Razaf, 1929
[Verse]
<Boy>
Tou it's a fickle age with flirting all the rage,
Here is one bird with self control;
   happy inside my cage.
I know who I love best, thumbs down for all the rest,
My love was given, heart and soul;
   so it can stand the test.

<Girl>
Your type of man is rare, I know you really care.
That's why my conscience never sleeps;
   when you're away somewhere.
Sure was a lucky day, when fate sent you my way,
And made you mine alone for keeps,
   ditto all you say.

[Chorus]

No one to talk with,
All by myself,
No one to walk with,
But I'm happy on the shelf.
Ain't misbehavin',
I'm savin' my love for you.

I know for certain
The one I love,
I'm thru with flirtin',
It's just you I'm thinkin' of.
Ain't misbehavin',
I'm savin' my love for you.

Like Jack Horner
In the corner,
Don't go nowhere,
What do I care,
Your kisses are worth waitin' for,
Believe me.

I don't stay out late,
Don't care to go,
I'm home about eight,
Just me and my radio.
Ain't misbehavin'
I'm savin' my love for you.

      *全音楽譜出版社、「スタンダード・ジャズのすべて②」を土台に、あちこちのネット記事と照合してまとめたもの。

翻訳考察 
1."ain't misbehavin'"=" I'm not misbehaving." = I'm not going to misbehave.
  "misbehave"=行儀の悪いことをする、不行跡をやらかす

[バース部]
2."Tou"は"Though"の省略形
3.fickle (adj) = (1)変わりやすい、気まぐれな、不安定な (2)愛情に真心のない、移り気な。
 a fickle woman = 浮気女。(小学館「プログレッシブ英和中辞典」)。ここでは(2)の意味だ。
4.flirting all the rage
 ここでの"flirt"は目的語を"rage"とする他動詞とみなければならない。
そうすると、"all the rage"を"flirt"する=「あらゆる欲望、情慾をバタバタ煽る」という意味になる。結局は、"flirt with all the rage"(自動詞用法)=「欲望、情慾の趣くままに浮気する、火遊びをする」と同じ意味になるんだけどね。
5."Tou it's"の"it"は、天候、時間、距離、明暗、季節などを表わす非人称代名詞である。後に現れている"bird"のことを描写している。
6."ditto"とは、「同じく」という意味である。日本でいえば、「同上」とか「同前」とかいうやつ、あれのことだ。

[コーラス部]
7.I'm thru with flirtin' = I'm through with flirting。火遊びとは縁を切った。
   "be through with"= (事柄と)縁を切る
8."Jack Horner in the corner"は、古来からの子守唄(わらべ歌)からきている語句である。この画像を参照されたい。
9."Don't care to go →"care to (do) = .何々したい、好む。

             浮気は止めた(*1)
(バース)
[男]
 その鳥は、欲望の趣くままに浮気しまくりたい年齢だけどね、自己抑制がよく利くやつなんだ。
鳥かごの中にいても、充分幸せだという。
 そう、その鳥、つまりオレだが、おれは、誰が一番好きか知っている。
他のやつでは、だれであろうとダメなんだ。
 オレのこの恋には、真情と魂(たましい)が入っているんだ。
だから、テストに耐えられる。


[女]
 アンタみたいな男は珍しいわね。分かってる、私のこと本当に好きなんだって。
だから、ほら、あんたがどこかに行ってたとき、
 私の良心は居眠りしなかった、浮気しなかった、ネ、だからよ。
ほんと、ラッキーな日だったわ、運命が、アンタを私に引き合わせてくれたあの日は。
 引きあわせてくれて、私だけの人に、一人占めにさせてくれたあの日は。
だから、アンタのことば、そっくり、そのままお返しするわ。


(コーラス)
話し合う相手はだれもいない、
独りぼっち。
一緒に出掛ける相手も、だれもいない。
でもいいの、幸せ、何もしなくても。
遊び歩く気はないもの。
あんただけでいいんだもん。


好きな人は、
しっかりと分かっているの。
火遊びごっこは卒業したわ、
頭の中にあるのはあんただけ、
遊び歩く気はないもの。
あんただけでいいんだもん。


部屋の隅に座っている
ジャック・ホーナーのように、
どこにもいかない。
でも、ちっともかまわないわ。
あんたの帰りを、
キスを待ってればいいの
ほんとうよ。


遅くまで外にいないわ、
気が向かないもの、
8時ごろには帰って家にいるわ、
ラジオだけを相手にしてね、
遊び歩く気はないもの。
あんただけでいいんだもん。

       *1.従来から定着している題名を使用した。

◆◆◆◆◆◆◆◆
[作曲者その他曲にまつわる情報]
1. ファッツ・ワーラー(Fats Waller)の"Ain't Misbehavin'"は、1929年のHot Chocolates(ホット・チョコレート)というレビューで世に紹介された(レビューとは小喜劇、ダンス、歌などを組み合わせた出し物)。その年にハーレム(Harlem)のConnie's Inn(コニーズ・イン)で興行されたものである。それは"all-black"(出演者全員が黒人)劇であり、キャブ・キャロウェイ( Cab Calloway、画像)が主役を演じた。歌はオープニング曲として使用された(途中でも)ステージバンドにはルイ・アームストロングがいた。
 レビューは大成功を収め、ブロードウェイに進出して219回興行を重ねた。ブロードウェイの興行では、幕間に(バンド演奏だけの独立プログラムとして)、ルイがステージで演奏し、ソロを吹いた(当人のブロードウェイ初舞台)という。Connie's Innは闇酒場ナイトクラブであり、Cotton Club(コットンクラブ)に次ぐ人気店であった。黒人客の入場は、白人客が全員引き上げた後でなければ許されなかった(ハーレム所在のクラブで、しかも"all-black"ショウであるのに、白人客相手のビジネスなのである。黒人客の入場は、当初はまったく許されなかった。それが、制限つきであるにせよ解放されるに至ったが、それは、しばらく時がたってからのことである)。

 作曲エピソードとして、次のような(相互に矛盾する)逸話が語られている。
①ワーラーは離婚後義務としての子ども養育費を払わなかったために刑務所に収容され、その刑務所内で作曲した。だから、「オレは浮気はしなかった」(I was not misbehavin'.)と当人が語っている(17歳で結婚したが、その最初の妻との子である州によっては、不払いは「犯罪」となり投獄される。6ヶ月から3年の不定期刑を言い渡されたが5ヶ月未満で出所した)。
②この曲の作詞者Andy Razaf/画像が劇中音楽の打ちあわせをするためにワーラーの自宅を訪れたが、その際にワーラーが45分で曲を書き上げた(JazzStandard.com )
③いや、ワーラーが語るには、書いた場所はRazfの自宅だった(JazzStandards.com) 
  (以上、WikipediaJazzStandards.comragpiano.comから)

Conniein2      ハーレムのConnie's Inn(上左画像建物の右側。左側建物はLafayette Theater。画像はココからのものの合成)

2.国家保存重要録音登録台帳(National Recording Registry)
 ワーラーは1929年にこの曲をレコードに吹き込んだが、そのときの演奏録音は(下を見よ)、National Recording Registry=「国家保存重要録音登録台帳」(*2)に登録されている(2004年度に選ばれて登録された)。
 この登録/保存制度は、National Recording Preservation Act of 2000(「 重要録音国家保存2000年法」)(*2)という法律に基づいて実施されているものである(米国会図書館で公開されているPDF文書法案)。登録/保存される録音は、National Recording Preservation Board(重要録音国家保存登録審査委員会)という名の委員会の審議によって決定される(2002年から開始され、2006年までの4年間は毎年50体が選ばれたが、2006年からは25体/年となっている。対象は音楽に限らず、大統領演説、アポロ月着陸時のアームストロング飛行士の語り、先住インディアンの会話録音、初の大陸間横断通信の音声、自然現象がたてる音など、多岐にわたる)。委員会の委員はアメリカ合衆国国会図書館長(Librarian of Congress)が任命する(図書館長は、上院の助言と承認により大統領が任命する公職である。図書館/館長についてはココを見よ)。
   (以上、WikipediaとLibrary of Congressの関連webページからなお、最下段の画像を見よ)

*2.当ブログ主による独自訳である。 アメリカでは法律名に年度を付すことが多いが、それは、多分に、混同されやすい他の法律と区別するなど、識別目的のためである。したがって、それは法律名の一部だから、当該略称に言及する場合、原則として省略してはならない。 
 アメリカ合衆国国会図書館 (Library of Congress)とは、国会に設置されている研究調査機関としての図書館のことである。ただし、事実上の(デファクト)国立図書館と認識されている。

3.映画"Stormy Weather"(ストーミー・ウェザー、画像), 1943年、二十世紀フォックス社
Stormy_weather  ワーラーはこの映画に出演して曲を演奏している(劇に登場する実在人物としての"Fats Waller"を、自ら演じているわけである)。

 物語は、第一次大戦から戻った有能男子ダンサーが芸人として身を立てようと生きていく様を描いたもので、、 Bill "Bojangles" Robinson(ビル・ロビンソン/画像)の実話に大まかに沿ったものだという(Wikipedia)。ロビンソン当人が主役を演じている。その男が求婚する相手、ダンサーをリナ・ホーン(Lena Horne)(画像)が演じている(求婚云々は作り話)。
 キャブ・キャロウェイ(Cab Calloway)も劇中に実在人物として登場する"Cab Calloway"の役を自ら演じている。
                                   (→画像はWikipediaから) 
                 リナ・ホーン

Photo

4.
Ain't Misbehavin'1978年レビュー/ブロードウェイ・ミュージカル
 1978年2月にマンハッタンで興行されたミュージック・レビュー"Ain't Misbehavin'(画像)はこのワーラーの曲名をその題名にしたものである。 人気を博したので本格的なミュージカル劇に膨らませて、同年5月からブロードウェイで興行された(1982年2月まで1,604回続いた)。
 Ain't Misbehavin'、Honeysuckle RoseSqueeze MeJitterbug Waltz,
 Black and Blue, I'm Gonna Sit Right Down and Write Myself a Letter,
 Two Sleepy People
, I Can't Give You Anything but Love, It's a Sin to Tell a Lie, .......
 ワーラーの自作曲や生前好んで演奏していた曲がいっぱい使用されているという。
Aintmisbehavin1978                 オリジナル・キャストによる吹き込みレコード(Wikipediaから)

◆◆◆◆◆◆◆◆
■ Sarah Vaughan - Ain't Misbehavin' (1950)
  サラ・ボーン

">
 バックの演奏もいいね。
  Tube投稿者によると次のようなメンバーだという。ボーン(1924.3.27)26歳。
Recorded at Apollo Theatre, New York City, May 18, 1950, Sarah is accompanied by George Treadwell and His All-Stars, Trumpet: Miles Davis, Tenor: Budd Johnson,  Trombone: Benny Green, Clarinet: Tony Scott, Piano: Jimmy Jones, Bass: Billy Taylor, Jr.,Drums: J. C. Heard and on Guitar: Freddie Green.


 この曲の演奏を聴くとなれば、なんといっても作曲者ファッツ・ワーラーのそれだ。
なんたって、先に触れたように、国家保存重要録音登録台帳 (National Recording Registry)で保存されている演奏なんだからネ。 以前載せたことがあるんだけど(ココ)、もう一度掲げておこう。

■ "Ain't Misbehavin'": Fat's Waller(映画「ストーミー・ウェザー」の一場面)

 ピアノを弾いている男がファッツ・ワーラーである。いい曲いっぱい作ってんだこの人。だけど、初期の作品のかなりの部分は、「ウイスキー1杯」みたいな対価で人に盗られてしまったといわれている。

Tube投稿者による解説を掲げておく。
Fats Waller - Ain't Misbehavin' with Lena Horne, dancer Bill "Bojangles" Robinson, drummer Zutty Singleton, bassist Slam Stewart, Trumpeter Benny Carter...
in "Stormy Weather" (1943) by Andrew L. Stone, for Twentieth Century Fox Film Corporation.

(1943年二十世紀フォックス社映画「ストーミー・ウェザー」の一場面)

 どうだね、え、かの有名なズティ・シングルトンだ。スラム・スチュアートだ、ベースを弾きながら、弾いてるメロディラインをウニュウニュ唸る人だ。ベニィ・カーターがラッパを吹いている。この人、ほんとに吹くんだよね、単に映画撮りだけのためにやっているんじゃなくて。レコーディングもある。そ して、リナ・ホーン(Lena Horne)だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆
Photo         
   (第106回国会、2000年1月24日採決に提出された最終法律案米国国会図書館webページから)
Photo_2                  (米国会図書館webページから)

   
なんだね、こうやってみみると、アメリカという国は、さすがに情報を記録し、保存し、広く一般に開示することについては、超一流だね。
 反して、我が国では、恐ろしくて、恐ろしくて、恐ろしい、末代まで恐ろしいあの福島原発事故に対処するための、政府最高首脳らで構成する対策会議、原子力災害対策本部会議の記録が残されていないなんて、まことに、信じられないような、天地がひっくりかえるような珍事が起きた。
 記録保存は、その義務が法律で、特定的に、明記されていることなのに。すなわち、「公文書等の管理に関する法律」(通称「公文書管理法」)だ。

 行政府の暴走を抑止するためにわざわざ制定している法律、内閣にとって、いわば、いわば常に最敬礼をもって尊重しなければならない法律なのである。
 連中がやったことは、そして、いまだにやっていることは、すなわち、法律の規制対象になる会議ではないなどと、不遜きわまりない放言をしてごまかしている行為だが、由々しき法律違反である。

  対岸のこのアメリカ合衆国という国なら、まちがいなく、首謀者たる当時の首相をはじめとする一連の劣悪不遜政治家/役人らは、事態が判明するや間髪を入れずして、訴追され、厳重な刑事罰を受けているはずだ。
 そうでなければ国中に怒声の渦が巻き、怒りが煮え、デモの波で収まりがつかなくなる。おそらく、首謀者は長期投獄されるはずだ。
 ところが、この日本、事が発覚してマスコミで騒がれはじめたとき、張本人の首謀者は、のほほんと、お笑いだね、原発問題を検討する国際会議に出席していたという。しかも、なんとそれは、現内閣総理大臣から依頼されてそうしているという。やってられないね、もう。NHK以下の放送/新聞屑メディアは事件をつつくような振りを多少してみせたが、クズクズ、鎮静役側に回るというハレンチ、いつものとおり、ジャーナリズムの「ジ」もないクズだ。事件はいつのまにやらうやむやになって、誰も何もいわない。政治劣等、ジャーナリズム劣等、国民意識劣等、まったくの劣等国、三等国、治らないかぎり、将来暗いネ、まちがいなく。
  
[更新] 2012.2.20 ― 「国家保存重要録音登録台帳」に関連する一連の記述を追加した。
     2012.3.5 ― 「とりあえず、コーラス部分だけ」として、バースは載せていなかったのだが、それを追加した。
             先に掲げたコーラス部分で「あなた」としていたが、バースとの関係で、「あんた」に変えた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

♪"You'd be so Nice to Come Home to"の意味、「帰ってくれれば嬉しいわ」は誤訳だとして、あれこれと議論されてきたんだが、ズバッと的を射ぬく感じのものが見当たらない。はがゆい。そこで、こちらもひと言。

2012.1.24
                                     ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]
 You'd be so Nice to Come Home to、ユッド・ビ・ソウ・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ、1943年Cole Porter(コール・ポーター)作詞作曲ジャズ・スタンダード曲の題名(歌詞の中枢部分)。
 これがどういう意味なのか。
  「帰ってくれれば嬉しいわ」は誤訳だということから始まって、盛んに議論されてきているようだ。あれこれと論じているんだけど、なんというか、こう、生ぬるい、歯がゆいものが多い。論述の妥当性については措くとして、総じて、城の外から竹やりでワアワアいっているようなもんで、キンタマをぎゅっと握るというか、本質を突くというか、ズバッと的を射抜くというか、そういうものがない。だから、読む身としては、拉致が明かない、モヤモヤが残る。(ネット上の記事だけについて述べていることである。書物その他の印刷物については知らない)

 英語辞書や参考書にていねいに当たり、併せて――これが大事なんだが――作曲の動機、周辺事情みたいなことを調査すれば、比較的簡単に「正解」にたどり着けたのではないか。
 そういうことで、自説を述べてみよう。
  「いまさら」の感無きにしも非ずだけど。 

◆◆◆◆◆◆◆◆ 
一、歌詞
 まず、何はともあれ、議論の前提として、歌詞を掲げておかなければなるまい。読者は、バースが存在することに、そして、その内容に注目されたい。
    (日本語訳は、これから論じようとしている議論の趣意からして、後で掲げる)

You'd be so Nice to Come Home to
            
 Melody and Words: Cole Porter, 1943

(Verse)
It's not that you're fairer, than a lot of girls just as pleasin',
That I doff my hat
as a worshiper at your shrine,
It's not that you're rarer than asparagus out of season,
No, my darling, this is the reason why you've got to be mine:

(Chorus)
You'd be so nice to come home to,
You'd be so nice by the fire,
While the breeze, on high, sang a lullaby,
You'd be all that I could desire,

Under stars, chilled by the winter,
Under an August moon, burning above
You'd be so nice,
You'd be paradise to come home to and love.

(Verse)
I should be excited,
But, Lothario, why not own up
That you always chase
After ev'ry new face
In town?

(chorus)
  ---the same---

                    
「全音楽譜出版社スタンダード・ジャズのすべて②」、その他による。

二、JazzStandards.comの記述
 さて、本論に入るわけだが、まず最初に次の記述に目を通してほしい。JazzStandards.comというwebページからのものである。

                             <<<<------引用開始------>>>>
  映画(引用者「注」―1942年の"Something to Shout About")の音楽のなかで大衆に人気を博したのはこの歌だけであった。
 Charles Schwartzは、"Cole Porter: A Biography"という自著において、「この歌は-----その物思いにふける(
物足りなさそうな、物欲しそうな、思いに沈んだ、"wistful")メロディと歌詞によって、団らん(楽しく時を過ごすこと、連帯性、"togetherness")を希求する心に火をつけ、当時、戦争によって愛する妻や恋人と離れ離れになっていた数百万人の兵士らの心を捉えた。      
         ――中略――
 4人の現代歌手、Janis Mann、 Kenny Rankin/
画像 Giacomo Gates/画像 Andy Bey/画像がこの曲をとりあげて、アップテンポからスローバラードまでいろいろと唄っているが、バースを唄っている者はだれもいない。それには理由がある
 バースは、歌の中で表現されている愛の深さを弱め、その意味をまったく別のものに変えている。すなわちこうだ。

(バース) 
 君が......より魅力的だからというわけではない・・・・・・君が......よりも稀な存在だからでもない・・・・・・違うんだよダーリン、君がぼくのものにならなければいけない(愛を受け入れなければならない)理由はこれだ。
   
(途中を省略した断片である)
(コーラス)
 You'd be so nice to come home to.
    .............................................
    .............................................

 このような前置きで入っていくことによって、歌(詩)のロマンチックなイメージは、相手を崇めることについての真剣な表現ではなく、単に、口説きとしての、征服願望、理想だということになってしまうのである。すなわち
 暖炉の前にいる君、
 凍てつく星空の下に立つ君、
 八月の焦げるような月に照らされて佇む君、
    みんな素敵だ
 こういう真剣な崇拝表現ではなく、口説きとしての女体征服願望だということになってしまうのである。

  Robert Kimball/Brendan共著による"Cole: A Biographical Essay"という本では、第2バースまで載せている。それは、明らかに、コーラス部で述べていることに対する応答として、女性側からの立場で唄われるものである
(*1)
 この第2バースでは、ロマンスはパンチを喰らってノックダウン気味になり、コーラス部分で表現されている愛は揶揄(やゆ)され、価値を減じている。 
 

(バース)
 そう、私は嬉しがらなきゃいけないのよね、愛を告白されて、
だけど、あんた、ロザリオ、女たらし
(*2)
新しい女の子が町に来るたびに、言い寄ってるじゃない。
なんで、白々しく、そのこと隠してるの。  
 
(コーラス)(*3)
  You'd be so nice to come home to.
    ........................................
    ........................................


 この二つのバースは、ロマンスのバブルを破裂させて、表現されている欲求(望み)の価値を減じてしまうから、唄わない方がいい唄われないままにしておく方がいいのである。コーラス部分に付したポーターの歌詞は人々の心をぐっと捉えるものであり、離れ離れの状態から解放されて早く元に戻りたい、一緒になりたい、と願う戦争下のカップル、夫婦や恋人たちを慰めることとなった
(*4)。歌詞の持つこの魅力は、戦争が終わった後も、数世代にわたって人々の心に訴え続けている――後略――。
                         <<<<------引用ここまで------>>>>

[脚注]
*1. "Something to Shout About"という映画の劇中でJanet Blair扮するJeanie Maxwellという女性が唄うのであろう(この曲はこの映画で使用するために作られたのであるが、そのことについては後で説明する)。

*2.Lothario(ロザリオ、ロサーリオ)とは、「女たらし」(道楽者、放蕩者)の総称である。ドンキホーテ(Don Quixote)の劇中劇"The Impertinent Curiosity"や、Nicholas Roweの"The Fair Penitent "(1703)で描かれている作中人物からそうなった。したがって、映画(下記)の中でこの歌を唄う登場人物()の名前が"Lothario"というわけではない。だから、「だけど、あんた、女たらし」と、「ロザリオ」を抜いた方が、紛らわしくなくていいかもしれない。

*3.映画の中の歌唱で、この第2バースで唄が終わるのか、それとも続いてコーラス部分が再度唄われるのかどうかは分からない、調べが及んでいない。さらには、「第2バース」として記されているものがこんなに短いものなのか、それとも記されている内容は要約にすぎないのか不明である。

*4.映画の中では、いわば「からかい気味」に唄うのであるが 、時代がちょうど戦争下にあったので、その本来的な作曲意図(劇中使用目的)から離れて、家庭復帰/帰国/帰還への欲求/希求を表わすものとして、歌詞がいわば独り歩きしたということである。「からかい気味に唄う」とは、推測である。どのような場面でどのような状況下で唄われるのか、調べが及んでいない。

三、映画、"Something to Shout About"
 この曲は1943年コロンビア映画、"Something to Shout About"で使用するために作られたのだという。 劇中、Janet Blair(ジャネット・ブレア/画像 )とDon Ameche(ドン・アメチ/画像)が唄った(Wikipedia)。
   「注意」 ドン・アメチについての日本語版Wikipediaでは、出演作品の中にこの映画が含まれていない(記載されていない。英語版には存在する)。
 発表当時、ダイナ・ショア(Dinah Shore/画像)が唄ってヒットした。

Something_to_shout_about       監督: Gregory Ratoff
      プロデューサ: Gregory Ratoff
      主演男優: Don Ameche
      主演女優: Janet Blair
                (画像はWikipediaから)

[粗筋]
 ブロードウェイのプロデュ―サー、Willard Samson(ウイラード)は連続して3つの失敗作を重ねた。そこに、金持ちの離婚女Donna Davis(ドナ)が、ショウの資金を出そうと申し出る。ただし、当人主演が条件になっている。ウイラードにとって、ドナが唄えるか、演技できるか、踊れるかということは問題ではない。

  ウイラードの報道エージェン  ト、Ken Douglas(ケン)(
Don Ameche扮する主演男優)は劇場寄宿舎に住んでいるが、そこでJeanie Maxwell(ジーン)(Janet Blair扮する主演女優)に出会う。ソングライター志望の歌教師であり、自作曲を売ろうとニューヨークに来ているのであった。ウイラードはジーンの曲にもステージ能力にも興味はない。一方、ウイラードはドナを振り払うことができないでいる。ケンは、寄宿舎に住んでいるボードビル役者たちを使用するようにウイラードにもちかけている。連中はボードビル興行の予定がないので失業状態になっているのである。ただし、そのなかには、ボードビル衰退の原因となったような低劣役者も何人か混じっている。企てているショウは、ドナの件を除いては、ヒットの可能性を秘めたものになっている。

  そこで、ケンはドナをアウトドア姿が似合う女優だと持ちあげて、広告宣伝キャンペーンにかこつけて女を田舎に連れ出す。ウイラードは、二人を危険な詐欺師だとして告発をでっち上げ、二人は郡保安官に逮捕される。ウイラードは急遽ジーンを主役に登用して最終衣装リハーサルに臨む。
  しかし、釈放されたドナがオープニングの夜に戻ってきて舞台に立つ。劇は大失敗に帰す。ジーンは故郷に引き上げる。ウイラードはめちゃくちゃに酔っぱらって御乱行だ。ケンは、退くようにドナを諭してショウを救おうとする。

(ウェブページ、 IMDbから)

四、意味の検討 ― "You'd be so Nice to Come Home to"
 さて、意味を解釈するうえで充分と思える背景事情を得た。そこらを支援材料として考慮しながら、意味を検討することにしよう。
 
(1)文法解析は次の一言で解決する。
You'd be so nice to come home to.=To come home to you would be so nice.
          (明快、簡潔に説明しているweb記事、ココ)を参照されたい)
 
(2)"come home to (you)"の意味
(a)「君のいるところに毎日会社(仕事)から帰る」、つまりは君と一緒に住む、暮らすといった意味合いである。

(b)望郷の念、遠く妹(いも)を想う防人(さきもり)の歌のようなものではない。
 遠く離れ離れになっている所から(特に遠方でなくてもいいんだけど、とにかく離れ離れの状態で現在生活している場所から)君のところに(多分に、故郷に、あるいは離別状態に陥る前に住んでいた場所に残した君のところ、妻の許、恋人の許に)帰還するというような重苦しいものではない。
  (現象として第二次大戦出征中の兵士/軍属の心を捉えた、という話はここでは措いて述べている)

(c)慣用句"come home to" (a person)としての用法ではないとみる。
  小学館プログレッシブ英和中辞典には次のように記されている。
"come home to" (a person)
  (人の)胸にこたえる 。 
   cf. bring...... 当ブログ主「注」― 「"bring home to"  (a person)」と比較せよ」の意。
        bring home to  (a person)  (人に).......をはっきり悟らせる。充分納得させる。痛切に感じさせる。
       以上"home"の欄。なお、ここでの"come"は自動詞か。
"come home"
     (2)(事柄が)(人に)しみじみ感じられる、明らかとなる( to.......)
              [当ブログ主「注」― come homeの意味(1)として、 (1)帰宅する、帰郷する、もとにもどる
                                                                            以上"come"の欄(他動詞用法の欄)
 <<この用法ではないとみる理由>>
  (a)も(c)も下に見るように、「ぼく(わたし)」という主体が陰に隠れているのだが、日常会話感覚として、(a)はすんなり受け入れられるのに対して(c)は、よほど特異な状況下でないと、かなり苦しい。
(a')君の許に「ぼく」が毎日仕事先から帰るような生活になったら、さぞかしいいだろうな。
 If I could spend the life where I come home from the work to you everyday, it would be very nice.
(c')「ぼく」という存在、あるいは「ぼく」がどうのこうのしたということが君の胸にぐっとくるようになったら、つまり君が「ぼく」に惚れる状態になったら、さぞかしいいだろうな。
  I love you, and if it comes(came) home to you, it would be very nice.
                     英語、合っているかどうか不明だが、「例えば」ということで掲げた。

(
3)そこで、文章の意味
You'd be so nice to come home to.の意味は、
         直訳的にいえば、
――君の許に毎日仕事先から帰るような生活になったら、さぞかしいいだろうな――
             ひいては、
――君と一緒に暮らせたらどんなに幸せだろうな――
        さらに日常生活的にいうと、
――君と一緒に暮らしたい(結婚しておくれ、というよりも多分に、ヤラセテおくれ)――

 こういう意味である。
 つまり、口説いているのである。次の如し。

  君と一緒に暮らしたい。
  暖炉のそばの君、
  そよ風が頭上高く子守唄を囁く春の宵にたたずむ君、
     どれも最高だ。
  君さえいれば何も要らない。

  凍てつく星空の下の君、
  八月の焦げるような月の下にたたずむ君、
  どれも最高だ、
  毎日君の許に帰り、愛し合う生活
(*5)
   天国だ、どんなに幸せだろう。


 だから、映画では(喜劇仕立てのものであるところから)、この口説きに対して、先に述べたように、第2バースでは、相手の女性が、次のように揶揄しているのである。

  そう、私は嬉しがらなきゃいけないのよね、愛を告白されて、
  
だけど、あんた、ロザリオ、女たらし、
  新しい女の子が町に来るたびに、言い寄ってるじゃない。
  なんで、白々しく、そのこと隠してるの。


*5. to come home to and love= to come home to (you) and to love (you)
  
 "love(you)"は"make love to you"(君を抱く、つまり、セックスして楽しみ合う)の意味であろう。

五、結論
①You'd be so nice to come home to.の意味は、
――君と一緒に暮らしたい(結婚しておくれ)――
という求愛の表現である。

②本来は喜劇タッチ映画(1943)の特定場面で唄われる歌の一節としての、喜劇風味の表現であった
 しかし、発表後すぐに、表現の意味合いが変容した
 すなわち、時代が第二次大戦下であったため、その詩が、国に残した妻や恋人を異郷で想う兵士らの心に強く訴え、
 ――君の許に帰りたい(帰還したい)――
という意味で捉えられるようになった
 元の属性から離れて独り歩きするに至ったわけである。
そういうことであったが、戦後も歌は――喜劇風味を醸し出すバース部分を抜いたものとして――人々の心を捉えつづけ、求愛を格調高く歌い上げるものとして、あるいは、場合によっては「君の許に帰りたい」という望郷の念のようなかたちで、人々に愛されている。
そこで、「意味は?」との問いに対する解答は、次のようになる、また、そう答えなければならない。そう答えなければ、完全な解答とはいえない。

――本来の意味は、すなわち、作曲目的として意図された意味は
 君と一緒に暮らしたい(結婚しておくれ)」という喜劇風味の求愛の表現であったが、戦時下、「君の許に帰りたい」という帰還希求心情を意味するものに変容し、その後、喜劇風味ではなく求愛を格調高く歌い上げるものとしての「君と一緒に暮らしたい、君さえいれば何も要らない」という意味、あるいは、離別状態にある妻/夫/恋人に対する心情としての「君の許に帰りたい」という意味で捉えられている。
 
ここで、「君」とは男性から女性に対する呼称と、女性から男性に対する「あなた」という呼称の両方が含まれている概念である。

 ということで、以上、「キンタマをぎゅっと握る」、「ズバッと的を射抜く」解答としては、②③を含めなければ、すなわち、「本来の意味」、とその後の「変容」、さらなる「変遷」と「定着」を含めなければならないと考えるのである。

六、歌詞全訳
 せっかくだから、全訳を掲げておこうか。

 (バース)
 君は、ただ可愛いってだけの女の子たちとは違うけど、
   ぼくが君を神殿崇拝するのは、そのせいじゃない。
 君は、季節外れのアスパラガスより稀な存在だけど、
   ぼくがプロポーズしようとしているのは、そのせいじゃない、
 違うよ君、このためだ
(6)

 (コーラス)
 毎日、帰ってくると君がいる生活、
 暖炉のそばの君、
 そよ風が頭上高く子守唄を囁く春の宵、
 そこにたたずむ君、どれも最高だ、
 君さえいれば何も要らない。

 真冬の、凍てつく星空の下、
 八月の、焦がすような月の下、
 君はどこにいても最高だ、
 
毎日君の許に帰り、愛し合う生活、
 どんなに幸せだろう。


 (バース)
  そう、私は嬉しがらなきゃいけないのよね、愛を告白されて、
 
だけど、あんた、ロザリオ、女たらし、
 新しい女の子が町に来るたびに、言い寄ってるじゃない。
 なんで、白々しく、そのこと隠してるの。


(コーラス)
        -----??????------  

*6.第1バースは次のようにつながるのかもしれない(判断に迷っている)。
  君は、ただ可愛いってだけの女の子たちとは違うけど、
   ぼくが君を神殿崇拝するのは、そのせいじゃない。
 君は季節外れのアスパラガスより稀な存在だけど、
   そのせいでもない。
 違うんだ君、ぼくがプロポーズしようとしているのは、そのせいじゃない、
   このためだ。


◆◆◆◆◆◆◆◆
■ダイナ・ショア(Dinah Shore)
  発表当時人気を博し、兵士らの心をぐっと捉えたという1943年のShoreの歌

   Dinah Shore - You'd Be So Nice To Come Home To
   
 1943 Paul Weston Orchestra - From "Something To Shout About" Words & Music By Cole Porter
                                                                      (Tube投稿者による
データ)
[2013.3.2]  先に掲げていた
ビデオYouTubeの場から消えて機能しなくなっていたので差し替えた。

■Jim Hall Sextet 1975

Tube投稿者が付しているデータを掲げておく(抄)。
Recorded: Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, April 23, 1975
Chet Baker - Trumpet, Paul Desmond - Alto Sax, Roland Hanna - Piano, Jim Hall - Guitar, Ron Carter - Bass, Steve Gadd - Drums, Don Sebesky - Arranger

――完――

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

日曜日は酒を抜く日にしているのだが、バルト(把瑠都)が優勝したので飲むことにした。

2012.1.22
 日曜日は酒を抜く日にしているのだが、バルト(把瑠都)が優勝したので飲むことにした。祝福だ。特に応援しているというわけではないが、いいお相撲さんだ。ちょっとしたいきさつもある。いや、なに、以前記事にしたことがあるというだけのことなんだけどね、「大いに活躍してもらいたい」と結んだからね、そのとき、うれしいやね、やっぱり(この記事)。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 母親ティーナさんが日本にやってきたそうだ。
 母親は場所前に、「落ち着いて臨め」と助言したそうだ。息子はそれを守り、優勝を決めた日(13日目)母親に電話で報告して、そのことばのおかげで優勝できたと伝えた。
  Photo  母親は日本に発つ。息子と共に喜びあう、というか、息子を褒めてやるために。
  Photo_2   どうだね、ビデオを見ながら、涙を止められなかったね。
    9                   青年はこういっていたんだ。

10
 ものすごい異国で、ものすごく異なる環境での修行だ。いろいろと愚痴をこぼしたんだろう、母親に、電話で。
11  母親は、受け止めてやる。
 そして、大関昇進がやってきた。
Photo_3 けがをしないように――喜びのなかにも我が子を気遣う。
12
 「お相撲さんは怖いと思っている人が多いから、お相撲さんも明るい人でしょうというメッセージを皆さんに送りたい」。根のやさしい男なんだよね、2メートルに近い巨漢なんだけど。大関昇進時にこう述べている。

7  あちらの市民も大喜びだろう。
3_2 4
 おふくろさん、ティーナさん、おいしいものをいっぱい食べていってください。我が子と語り、一緒に食べ、苦労を振り返り、抱きしめ、甘やかし、甘え、またおいしいものを食べる。
 日本のおいしいものを、いっぱい食べ、我が子と、小さな男の子と、じゅうぶんに幸せを分かち合い、そして帰ってください。
 道中気をつけて。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 ――解説もいい、元横綱北の富士、向こう正面、元小結舞の海、すべてが揃って、久しぶりに気分のいい時間を過ごした。晩メシ料理も、うまくできた――

 前回の記事でこう書いたが、期せずして今回も(1月22日千秋楽)この二人だった。
Photo_4
――完――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

♪バップ(bop)のエキスを超一流に吹く、幻のアルトサックス奏者、David Schildkraut(デイビッド・シルドクラウト)。

2012.1.21
 David (Davey, Dave) Schildkraut/デイビッド(デイビィ、デイブ)・シルドクラウトというアルト・サックス奏者がいたというんだが、「不思議」に包まれた男だ。顔かたちもはっきりしない。ネットを探しても写真がないんだ。どこかに存在するのかもしれないが、とにかく見つけられない。写真のことも含めて、なんか、不思議な男だ。
 しかし、演奏はすごいよ。力量はすごい。初めて知ったが、驚くね。まあ、「知らなかったのはオマイだけ」ということだろうけど。
 「不思議」の理由を探ろうとネット上で少し調査してみた。知り得たことなどを書いてみる。

◆◆◆◆◆◆◆◆
一、 まずは、略歴その他の情報をざっとみていこう。      
1.活動歴
 
1925年、ニューヨーク市Lower East Side(マンハッタン)で生まれる(1925.1.7 - 1998.1.1)。1941年にLouis Prima(ルイ・プリマ)(*1)のバンドでプロの道に入った。その後、Buddy Rich/画像(1946)、Anita O'Day/画像(1947)(唄伴奏バンド?) と続き、Stan Kenton/スタン・ケントン/画像(1953-54)に参加する。Pete Rugolo(ピート・ルゴロ)画像Oscar Pettiford/オスカー・ペティフォード/画像(1954)と続き、1954年にMiles Davisと仕事をしている。どの程度の期間(何カ月)、どのような内容で行動を共にしたのかは不明だが、このときに、マイルスの下で3曲吹き込みをして いる。
 その後、George Handy /ジョージ・ハンディ/画像(1955)、Tony Aless /トニー・アレス/画像(1955)、Ralph Burns(ラルフ・バーンズ)(画像), Tito Puente(ティト・プエンテ)(画像)Johnny Richards(ジョニー・リチャード)(画像)と続き、1959年に再びケントンのバンドに。1960年代から、ニューヨークに戻ってフリーランスで活動した。West End Cafe(ウェスト・エンド・カフェ)にEddie Bert(エディ・バート)(画像)と共に定期的に出演した。齢いってからは、半ば引退したような生活になった。
   (資料、WikipediaARTIST PROFILE UTTERLY RANDUM IN BERLIN)

 *1.ルイ・プリマ(Louis Prima)(画像)
  ニューオリンズ出身のイタリア系白人トランぺッター、歌手、エンタテイナ―。ニューヨーク・マンハッタン52丁目で"Prima and His New Orleans Gang"(Dixielandコンボ) を率いて名を売った後、ロスアンジェルス移住、全国巡業、ビッグバンド編成などを経てラスベガスで活動した。 Keely Smith画像)(4度目の妻、5年ほどで離婚)とのコンビ歌唱で知られる。かの"Sing Sing Sing"の作曲者である。

[マイルスの下で吹き込んだ曲]
   ① SolarLove Me or Leave MeI'll Remember April
     ①②はPrestige版"MILES DAVIS ALL STARS, WALKIN'"というアルバムに収録されており、
        ③は同じくPrestigeの
Blue Hazeというアルバムに入っている。
     (最初に出た10インチのビニール盤"WALKIN'"では①③が入っており、12インチ盤として再発売したときに
         ③のかわりに②を入れたのだという
)(Wikipedia)。

2.バップ派
 
シルドクラウトのプレイは、純粋なビバップ・スタイルに属するものであるが、流動的で輝かしい。それがどれほどのものであるかを示す逸話がある(Wikipedia)。こうだ。
 ダウンビート誌が行ったブラインド・テストにおいてチャールス・ミンガスがシルドクラウトの演奏をパーカーと見違えたという。先に触れたように、シルドク ラウトは1954年にマイルスの下でSolarという曲を吹きこんでいるのだが、Leonard Feather(レオナード・フェザー)(*2)がそのレコードをかけてソロの部分をミンガスに聴かせたというのである。

3.Last Date(死後発売CD)
  2000年に、Endgame Recordsが"Last Date"というVDを発売した。シルドクラウトの唯一のリーダー録音だそうだ(Wikipedia)。
  調べたら、CDはamozonで売っている。商品説明として次のように記されている。
Last_date_2 Alto/tenor saxophonist captures the rhythmic essence of Bird on this album recorded in 1979, feat. pianist Bill Triglia, bassist Jeff Fuller & drummer Frank Bennett.
 Recorded in 1979.
アルト/テナー・サックス奏者David Shildkrautが、バードのリズム・エキスを彷彿させる演奏をみせる。共演、ピアノ Bill Triglia、ベース Jeff Fuller 、ドラム Frank Bennett。

1All the Things You Are            
2.Cherokee                                            3.Now's the Time                         
4.Lover Man            
5.Thou Swell            
6.It Might As Well Be Spring
    Dave Schildkraut IT MIGHT AS WELL BE SPRING Lyrics
7.Confirmation            
8.52nd Street Theme            
9.Polka Dots and Moonbeams
    Dave Schildkraut POLKA DOTS AND MOONBEAMS Lyrics
10.Stars and Stripes Forever

 
直感からして、なかなかよさそうなCDだねえ。買おうか、それとも。YouTubeに現れるのを待つか(10年も経つのに、存在しないね、いくつかの曲であたってみたが)。

*2.レオナード・フェザー/ Leonerd Feather(1914-1994)(右画像の左の人物。この過去記事から)
 Photo_2 イギリス中上流階級生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、プロデューサー。1935年にアメリカを初めて訪問し、本国と行き来しながらレコード・プロ デューサーとして働く。1939にニューヨークに居を構え、1960年にロスアンジェルスに移動。Metronome誌の共同編集者を務め、死ぬまで、 Los Angels Times紙のジャズ評論主任として仕事をした。作曲でも業績を残しているが、ジャーナリスト、評論家、歴史家、などの立場から書いたジャズ関連著作で著 名である。著作を読んだことのない人でも、レコードのライナーノーツを読んだことはあるにちがいない。数百のジャズ・アルバムに書いているから (Wikipedia)。


二、写真がないんだが
 シルドクラウトという人、ネット上で写真がみつからないんだが、このCD、なんで映像をぼかしてるのか。なぜ、はっきりと顔を移さないんだろ。ミステリアスなままにしておこうって魂胆か、商売戦術として。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 マイルスの下で吹き込んだ3曲の演奏を聴こう。
"Walkin'"についてのWikipedia記事は、次のように述べている。
----------------------------
   Walkin'はPrestige Records(プレスティッジ)が発売したレコード・アルバムで、1954年4月3日と4月29日にマイルス・デビス率いるグループによって吹き込まれた演奏を収めている。グループは、Miles Davis All-Starsという名になっている。第一セッションはアルトサックスにDavid Schildkrautを擁するクインテットである。しかし、なぜか、シルドクラウトの名前だけ、レコードのカバーに記載されていない。そのために名前が埋もれてしまっているが、他の活動においても、どのような人物なのかほとんど知られていない。
 第二セッションはトロンボーン、J. J. Johnsonとテナーサックス、Lucky Thompsonを入れたセクステットである。リズムセクションは双方同じである。当初発売された10インチ・ビニール盤にはクインテット演奏によるI'll Remember Aprilが入っていた。しかし、12インチ盤として再発売された際に、この曲はLove Me or Leave Meに置き換えられた。このI'll Remember April演奏は、現在では、(同じくPrestigeの)Blue Hazeというアルバムに収録されている。


■Miles Davis' All Stars - Love Me Or Leave Me

    Miles Davis: Trumpet
    David Schildkraut: Alto saxophone
    Horace Silver: Piano
    Percy Heath: Bass
    Kenny Clarke: Drums

■Miles Davis Quintet - Solar


 演奏者は上のTubeと同じ。

 
このソロを聴かせて奏者は誰か当てさせたら、ミンガスが「パーカーだ」と答えたのだという(ダウンビート紙によるテストは1955年のことだとされる情報源ココ)。------- しかし、周辺事情から考えて、「眉唾もの」だという気がしないでもないね。
 というのは、この曲吹き込み一年前の5月に(1953.5)、ミンガスは"Smooch"というマイルスとの共作曲を、自らはピアノを弾いて(ベースではなく)当人と吹き込んでいるというのである(Wikipedia)。ということは、1954年4月時点のことを考えると、マイルスと行ったり来たりしておって、当然シルドクラウトの演奏ぶりも知っていたであろうし、マイルスが当人と吹き込みをしたことも知っていたと推測されるからである(先に触れたように、シルドクラウトが1954年の何月から何月まで在籍したのかは不明だが、とにかく、当時マイルスのバンドにいたのだから)。

 まあ、しかし、作り話だとしてもおもしろい逸話だし、シルドクラウトへの最大の賛辞になるのだから、そっとしておこう。
 その関係で触れておくと、パーカーの模倣からパーカー「もどき」になったのではなく、時代の動きのなかでバップイデオムを追求していった結果として似たような奏法になったのだという。かのソニー・スティット(Sonny Stitt)もパーカーの模倣だといわれるのがいやでテナーに持ち替えたというからね。

Miles Davis Quintet - I'll Remember April

  演奏者は上のTubeと同じ。


――未完、続く――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

♪Chances are some heavenly star-spangled night. ― どういう意味だろうか。"Something's Gotta Give."(サムシングズ・ゴッタ・ギブ)歌詞の一節だが。

2012.1.17
 前回の記事で(2012.1.12)"Something' Gotta Give."という歌について書いた。その出だしの歌詞に触れ、「長くなるので、残りは別の機会に掲げることにしよう」と述べた。そこで、本日の記事、歌詞の日本語訳を試みる。
                                                                     ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]

◆◆◆◆◆◆◆◆
一、作者、作曲目的など
 まず、作曲に至ったいきさつなど、周辺事情をみていこう。前回記事の関連部分を再度掲げる(多少編集を加えている)

    -------------------------前回記事から-------------------
(1)ジョニィ・マーサー(Johnny Mercer画像)(
*1)作詞作曲による1954年の歌である(エアロスミス/Aerosmithの同名異曲がある)。
 Daddy_long_legs_film_poster_2 翌1955年の20世紀フォックス社ミュージカル・コメディ映画"Daddy-Long- Legs"(邦題「足ながおじさん」)(
*2)のために作った。この映画で、フレッド・アステア(Fred Astaire)(画像)が唄って世に出した。相手役女優はレスリー・キャロン/Leslie Caron(画像)

 アステラ扮するアメリカ人富豪が、キャロン扮するフランス孤児院の快活な18歳娘に匿名で(John Smith)奨学金を提供し、娘はフィラデルフィアの大学に留学する。娘は富豪に、「あしながおじさん(Daddy-Long-Legs)」と名づけて手紙を送り続ける。いろいろ曲折を 経て、大学卒業後、最終的に、20代前半の娘と50代の富豪は結ばれる。(
右の画像はWikipediaから)

  
*1.酒バラ(Days of Wine and Roses)、サテン・ドール(Satin Doll)、枯葉(Autumn Leaves、英語歌詞)などの作詞家として知られる。ソングライター、歌手としても活動したという。
  
*2.ジーン・ウェブスター(Jean Webster)の1912年小説、Daddy-Long-Legs(あしながおじさん)に基づくもの。"Daddy-Long-Legs"という題は、"daddy longlegs"=ザトウムシ(クモ類)、ないし、ガガンボ(蚊を一回り大きくしたような昆虫)からきている。

(2)この歌/曲、これまで聴いたことはなく、最近になって、初めて知るに至った。 曲の題名だが、どういう意味だろうか。基礎英語を復習しておこう。
 "Something's Gotta Give"は、"Something has got to give."のくだけた言い方、会話調である。
 「's」は、"something has"を縮めた形で、 "gotta"は、"have got to" のことである。

 have to (do)=must(
ほぼ同義だが、やや柔らかい言い回し)。 つまり、"I have to go =「行かなきゃいけない」、英語の授業でこう習う。そして、この"have to"は、会話では、"have got to"と言い換えられることが多い。その場合、"have got"は、単に"have"というのと同じである。"got"はgetの過去分子だ。
  さらに、"have got to"は、会話では、面倒だから"gotta"(ゴッタ、ガッタ)っていう(
または、「've gotta」とも)。映画やなんかを観ていると、"Gotta go"(「いかなきゃいけない」)(IないしI'veが省略されている表現)と言って、部屋から出ていったり、場所から立ち去ったりする場面がよく現れる。
 で、"has"だが、上記の"I've gotta"という表現との対応で、Somethingが主語だから、「動詞の三人称単数現在形」、いわゆる「三単現」として、have→hasとなっている。なんだか、高校進学塾の講義みたいになってきた。

 そして、学習の最後、"give"だけど、ここでは、「与える」という意味ではなく、自動詞として、「屈する、譲る、妥協する、我慢する」という意味である。
 My One And Only Loveという歌に、"I give myself in sweet surrender"=「降参だわ、喜んで降伏するわ」(
歌詞の最後の部分)という美しいくだりがあるが、いわば、この"give in"の意味だね(1月5日記事参照)。  ということで、結論として、"Something's Gotta Give"は、「何かを譲歩しなければならない妥協しなければならない何かで折り合いをつけなければいけない」こういう意味になる。

(3)Wikipediaには曲の解説 として次のように書いてある。
 
こ の歌は、不可抗力についてのパラドックス(逆説、矛盾)を面白おかしく用いている。すなわち、「不可抗力」(irresistible force、抗うことのできない力)が「断固とした対象(どんな力に対しても屈することのない不動の対象、immovable object)に出会ったとき、物理的にどういうことが起きるであろうかということである。それは、「活き活きとして、元気で、快活で、陽気な女性」と、 「肉体的精神的に疲れ切った年配男」との間に起こりうる関係の比喩として描かれている。
 男が、どうしても心の誘惑を抑えきれずに(
ブログ主「注」 ― 甚だしい年齢差があるのだから、抑止しなければいけないのに)女性にキスをする行動に出てしまう(つまり、恋行動、恋を告白する行動に走ってしまう)。歌詞では、このことが示唆されている。
 遠慮がちな50代の男(Fred Astaire)が20代前半の女性(Leslie Caron)と恋に落ちるという、小説「あしながおじさん」(Daddy-Long-Legs)の筋を反映した内容である。
 

 歌詞をみてみよう
  When an irresistible force such as you
  Meets an old immovable object like me,
  You can bet just as sure as you live.
  Something's gotta give,
  Something's gotta give,
  Something's gotta give.

 歌はこのように始まる。
***********************
  強力な魅力の女(ひと)が、不可抗力のような魅力が、例えば、君のような人が、
  感動の鈍った老いぼれの前に、ぼくのような男の前に現れたとしよう。
  そして、心を捕えたとしよう。
   さあ、どうする、どうする、決まっているよね、
  澄ましてなんかいられない、常識あっちいけ
  齢の差関係ない、オレは突っ走るぞ、
  君に向かって、心からの愛に向かって。
***********************
 長くなるので、残りは別の機会に掲げることにしよう。

   
----------------------前回記事引用終わり-----------------

二、翻訳作業
1.
英語歌詞
 手持ちの楽譜集に載っていないので、歌手の名を冠した歌詞としてネットに載っているものをいくつか集め、比較照合し、各人の唄を聴きながら検証して、誤記などの誤りを潰した。
 一般的に、ネット上に載っている歌詞には、細かい誤りがけっこうある。
権威あるもののようにみえる英文ウェブページも例外ではない。だから、盲信は禁物。無断転載みたいなことをしておいて口はばったいけど。

*****************************************
                        Something's Gotta Give
                                                         Melody & Words Johnny Mercer, 1954
                                                
 
When an irresistible force such as you
Meets an old immovable object like me,
You can bet (just) as sure as you live.
Somethin's gotta give,
Somethin's gotta give,
Somethin's gotta give.

When an irrepressible smile such as yours
Warms an old implacable heart such as mine,
Don't say no, because I insist.
Somewhere,
Somehow,
Someone's gotta be kissed

So, en garde, who knows what the fates might have in store?
From their vast mysterious sky?
I'll try hard ignorin' those lips (that) I adore.
But how long can anyone try?

Fight, fight, fight, fight, fight it with all of our might.
Chances are some heavenly star-spangled night.
We'll find out (just) as sure as we live.
Somethin's gotta give,
Somethin's gotta give,
Somethin's gotta give.

――間奏――

Fight, fight, fight (fight, fight) it with all of our might.
Chances are that some heavenly star-spangled night.
We'll find out just as sure as we live.
Somethin's gotta give, 
(イ)
Somethin's gotta give, 
(ロ)
Somethin's gotta give.
(ハ)

Somethin's gotta give,
(ニ)
Somethin's gotta give,
(ホ)

(掛け声) Aww, let's tear it up! (ヘ)
 

 
エラ(Ella Fitzgerald)は、イ、ロで"give"を伸ばし、ハニホを一挙に唄う。
 シナトラ(Frank Sinatra)は、ハを伸ばし、ニホと続け、掛け声で終わる(前回記事に掲げてあるTube参照)。
      (あくまでもYouTubeで観た版について語っていることである)

**************************************

2.表現の検討
(a)"Something' gotta give."の意味
 前回すでに検討を済ませている。

 
何を譲歩するか、妥協するのか ―― 甚だしい年齢差のことを考えれば(Jean Websterの1912年小説では30歳ほど違う)求婚を控えるべきなのだが、そのような「世間常識」、「良識」みたいなものを捨て去り、純粋に恋に走ろうと決意した。つまり、「本来は常識/良識に従わなければいけないのだが(そう行動するように友人に諭されもする)、「良識に応じない」という妥協(道徳的後退という妥協)をして、従わないことにする」、こういう意味である。

 ただし、
この映画(Daddy-Long-Legs))の中で唄われる歌としてはそういう意味であるが(下に掲げてあるDaddy-Long-Legs/足ながおじさんのYouTube参照)、その後スタンダード曲の地位を獲得して多く唄われるようになると、時代とともにその意味するところは「変遷」してきているのではないかと推測される(多分に、題名を借用しただけで元来の物語とは無関係な複数の後続映画のために使用された結果として)。すなわち、"gotta give"、何を譲歩/妥協するのか、その意味は、唄われる時と場合によって異なる。
        
([2013.4.7]  歌詞の意味、歌詞解釈の変遷ということにつき、2012.12.7記事参照)

(b)"
Someone's gotta be kissed."
 直訳すると、「誰かがキスされなければならない」ということであるが、いわんとするところは、この大金持ちの「年寄り」にキスをおくれ、愛しておくれということであろう。

(c)"en garde"
 フェンシング用語で、主審が試合開始直前に選手に対して命じる「構えて」という号令だそうだ(フランス語から)(小学館プログレッシブ英和中辞典)
 
"garde"は保管、保護/監視/警戒といった意味の名詞(f)であり、"en garde"は、保管中/保護下/警戒中といった意味、フェンシング用語で、「構えの姿勢にある」という意味を表わす(旺文社「ロワイヤル仏和中辞典)

(d)"From their vast mysterious sky?"
 「広大な、摩訶不思議な天空のことだ、運命も無限にある、どんな運命が待ち構えているかわからない」。
  こういうことであろう。

(e)"Chances are (that) some heavenly star-spangled night."
   「誘惑と、唇にキスしたい誘惑と戦え、克服せよ、戦え、全身全霊で戦え」、
   (Fight, fight, fight, fight, fight it with all of our might.)
   というのだが(自ら心に命じる)、
 ――戦っても結局は無駄で(何故って、不可抗力のように強力な魅力をもつ君だし、その唇なのだから)、誘惑に負け、キスしてしまう。しかし、その結果、相手(君)も喜び勇んで 求愛に応じて(それを待ち望んでいるのであろうから)、二人は星空の下で天国のような至福の時を過ごす―― 
 こういう意味であろう。そう解釈した。

 アステア扮するジャービス・ペンドレトンIII世(Jervis Pendleton III)という50歳代男の富豪が、自分に恋心を寄せている(そのことは分かっている)ジュリ・アンドレ(Julie Andre)20歳代前半娘に対して、相手を目の前にして、恋心を訴え、唄い、口説くのである。年齢差について葛藤に葛藤を重ねたあげく、そのことはもう考えないことに覚悟を決めて、訴えているのである。

三、日本語訳


   サムシングズ ゴッタ ギブ (世間体なんか気にするな)
不可抗力のような魅力が、例えば、君のような人が、
  感動の鈍った老いぼれの前に、ぼくのような男の前に現れたとしよう。
さあどうする、どうする、訊くまでもなく決まっている、
恥も外聞もない、
世間体なんて気にするな
恋を打ち明けろ、正直に。

不可抗力のような笑顔が、例えば、君のような笑顔が、
 老いて凍てついた心を溶かしたとしよう、私のような。
君、ダメっていっちゃいけないよ、私は聞かないから。
どこかでね、
誰かさんがね、
キスを受けることになる。

だから、いいかい、心の準備、
 どんな運命が待ち受けているかわからないから。
不思議が広がる無限の天空だもの(運命も無限にある)。
 ああ、憧れのその唇、
 ぐっと歯を食いしばって、キスの誘惑に耐えるけど、
時間の問題だね、無駄な抵抗だね。

ファイト、ファイト、ファイト、ファイト、ファイト、力のかぎり戦うけど、
 おそらく結果は、星空の下、二人は歓喜のキスを交わす。そうなるだろう。
 訊くまでもなく決まっている。
恥も外聞もない、
世間体なんて気にするな
恋を打ち明けろ、正直に。

――間奏――

ファイト、ファイト、ファイト、力のかぎり戦うけど、
 おそらく結果は、星空の下、二人は歓喜のキスを交わす。そうなるだろう。
 訊くまでもなく決まっている。
恥も外聞もない、             
(イ)
世間体なんて気にするな、
(ロ)
恋を打ち明けろ、正直に。
  (ハ)

世間体なんて気にするな、  (ニ)
恋を打ち明けろ、正直に。 
(ホ)

二人で、世間体を撃ち砕こう!  (掛け声)

◆◆◆◆◆◆◆◆
Daddy-Long-Legs(足ながおじさん)―Something's Gotta Give
 

■Royal Crown Revue ― Something's Gotta Give
  まったく知らないグループだが、おもしろいのがあった。
 いい演奏だ。画面もいい。

 ロスアンゼルスで活躍しているバンドらしい(参考資料画像)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

♪"Something's Gotta Give"(サムシングズ・ゴッタ・ギブ)あれこれ― 歌、映画、足ながおじさん、女房は生きていた、恋愛適齢期、マリリン・モンロー、肉色ビキニボトム、Happy Birthday Mr. President 、ケネディ大統領、ディーン・マーチン、ドリス・デイ、そして、エアロスミス。

2012.1.12 
 最近、ある関係で"Something's Gotta Give"/サムシングズ・ゴッタ(ガッタ)・ギブという歌について、少しものを書いた。その内容を多少膨らませて、記事として載せることにした。下調べのなかでいろいろ知識を仕入れたので、紹介しておきたいと考えた。
                                                                              ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]

◆◆◆◆◆◆◆◆
I.Something's Gotta Give―
 映画Daddy-Long-Legs主題曲

(1)ジョニィ・マーサー(Johnny Mercer画像)(*1)作詞作曲による1954年の歌である(エアロスミス/Aerosmithの同名異曲については後述する)。
 翌1955年の20世紀フォックス社ミュージカル・コメディ映画"Daddy-Long- Legs"(邦題「足ながおじさん」)(*2)のために作った。この映画で、フレッド・アステア(Fred Astaire)(画像)が唄って世に出した。相手役女優はレスリー・キャロン/Leslie Caron(画像)

 アステラ扮するアメリカ人富豪が、キャロン扮するフランス孤児院の快活な18歳娘に匿名で(John Smith)奨学金を提供し、娘はフィラデルフィアの大学に留学する。娘は富豪に、「あしながおじさん(Daddy-Long-Legs)」と名づけて手紙を送り続ける。いろいろ曲折を 経て、大学卒業後、最終的に、20代前半の娘と50代の富豪は結ばれる。

  *1.酒バラ(Days of Wine and Roses)、サテン・ドール(Satin Doll)、枯葉(Autumn Leaves、英語歌詞)などの作詞家として知られる。ソングライター、歌手としても活動したという。
  *2.ジーン・ウェブスター(Jean Webster)の1912年小説、Daddy-Long-Legs(あしながおじさん)に基づくもの。"Daddy-Long-Legs"という題は、"daddy longlegs"=ザトウムシ(クモ類)、ないし、ガガンボ(蚊を一回り大きくしたような昆虫)からきている。

(2)この歌/曲、これまで聴いたことはなく、最近になって、初めて知るに至った。 曲の題名だが、どういう意味だろうか。基礎英語を復習しておこう。
 ①"Something's Gotta Give"は、"Something has got to give."のくだけた言い方、会話調である。
 ②「's」は、"something has"を縮めた形で、 "gotta"は、"have got to" のことである。
 ③have to (do)=must(ほぼ同義だが、やや柔らかい言い回し)。つまり、"I have to go =「行かなきゃいけない」、英語の授業でこう習う。そして、この"have to"は、会話では、"have got to"と言い換えられることが多い。その場合、"have got"は、単に"have"というのと同じある。"got"はgetの過去分子だ。
  さらに、"have got to"は、会話では、面倒だから"gotta"(ゴッタ、ガッタ)っていう(または、「've gotta」とも)。映画やなんかを観ていると、"Gotta go"(「いかなきゃいけない」)(IないしI'veが省略されている表現)と言って、部屋から出ていったり、場所から立ち去ったりする場面がよく現れる。
 で、"has"だが、上記の"I've gotta"という表現との対応で、Somethingが主語だから、「動詞の三人称単数現在形」、いわゆる「三単現」として、have→hasとなっている。なんだか、高校進学塾の講義みたいになってきた。
 ④そして、学習の最後、"give"だけど、ここでは、「与える」という意味ではなく、自動詞として、「屈する、譲る、妥協する、我慢する」という意味である。
 My One And Only Loveという歌に、"I give myself in sweet surrender"=「降参だわ、喜んで降伏するわ」(歌詞の最後の部分)という美しいくだりがあるが、いわば、この"give in"の意味だね(1月5日記事参照)。

 ということで、結論として、"Something's Gotta Give"は、「何かを譲歩しなければならない、妥協しなければならない、何かで折り合いをつけなければいけない」こういう意味になる。

(3)Wikipediaには、曲の解説 として次のように書いてある。
  この歌は、不可抗力についてのパラドックス(逆説、矛盾)を面白おかしく用いている。すなわち、「不可抗力」(irresistible force、抗うことのできない力)が「断固とした(不動の)対象」(immovable object)に出会ったとき、物理的にどういうことが起きるであろうかということである。それは、「活き活きとして、元気で、快活で、陽気な女性」と、 「肉体的精神的に疲れ切った年配男」との間に起こりうる関係の比喩として描かれている。
 男が、どうしても心の誘惑を抑えきれずに(
ブログ主「注」 ― 甚だしい年齢差があるのだから、抑止しなければいけないのに)女性にキスをする行動に出てしまう(つまり、恋行動、恋を告白する行動に走ってしまう)。歌詞では、このことが示唆されている。
 遠慮がちな50代の男(Fred Astaire)が20代前半の女性(Leslie Caron)と恋に落ちるという、小説「あしながおじさん」(Daddy-Long-Legs)の筋を反映した内容である。
---------------------------------------

 歌詞をみてみよう
  When an irresistible force such as you
  Meets an old immovable object like me,
  You can bet just as sure as you live.
  Something's gotta give,
  Something's gotta give,
  Something's gotta give.

 歌はこのように始まる。
          ***********************
  強力な魅力の女(ひと)が、不可抗力のような魅力が、例えば、君のような人が、
  感動の鈍った老いぼれの前に、ぼくのような男の前に現れたとしよう。
  そして、心を捕えたとしよう。
   さあ、どうする、どうする、決まっているよね、
  澄ましてなんかいられない、常識あっちいけ
  齢の差関係ない、オレは突っ走るぞ、
  君に向かって、心からの愛に向かって。
            **********************

 長くなるので、残りは別の機会に掲げることにしよう(ココで掲げた)。
 元祖アステアとシナトラの唄を掲げておこう。どんなメロディーか分かりやすくするために、シナトラを先にする(アステアの唄は劇中の歌唱なので、テンポが一律でなかったりして旋律の全体像が掴みにくい)。

Something's Gotta Give- Frank Sinatra

    [2013.4.7]  ↑上のTubeが機能しなくなっていたので↓下のものに差し替えた。


同、Fred Astaire版―映画のクリップ(劇中で唄う)



◆◆◆◆◆◆◆◆
II.Something's Gotta Give ― 題名借用映画 (2003年、邦題「恋愛適齢期」)
 Something's Gotta Give―
2003年ミュージカル・コメディ映画(邦題「恋愛適齢期」)(画像)
  ジャック・ニコルソン(Jack Nicolson)(画像)、ダイアン・キートン(Diane Keaton)(画像)主演。
 題名は上記のJohnny Mercerの歌からとったといわれているが、話の内容は無関係である。
 歌そのものも、映画の中では出てこないのではないか。映画はコロンビアとワーナーの共作で、サウンドトラック集も両社から出ているとして、その曲リストがWikipediaに記載されているが、その中にこの歌は含まれていない。
 ただし、YouTubeに載っている映画予告編では、男性歌手の唄うこの歌が背景に流れている。宣伝効果を狙って特別に予告編だけに歌をもってきたのではないか。映画を観ていないので、実際には分からない。

[粗筋]
 ニューヨークの実業家大立者(雑誌、音楽関係の会社10社を保有)、独身貴族プレイボーイ、Harry Sanborn(ニコルソン)は、63歳だが、現在でも、30歳未満の女性しか狙わない。40年間、ずっとその主義でやってきた。現在 は、Marin Klein(アマンダ・ピート/Amanda Peet)という29歳のむすめといい仲になっている。Erica Barry(ダイアン・キートン)という有名な女流ブロードウェイ劇作家(バツイチ独身、56歳)の子だ。HarryとMarinは、Ericaが所有するニューハンプ州ハンプトン(Hampton)の海岸別荘にやってきた。二人きりで過ごそうとしたのだ。ところがそこには母親とその妹(コロンビア大学の女性学/女性研究教授)がいた。夕食後、ニコルソン扮する男は、娘とふざけ半分の前戯の途中で心 臓発作を起こしてしまう。
   (娘)Your pants please. ズボン脱いで。
   (男)Ladies first. お先にどうぞ。
   娘がジッパーに手をかけて脱ぎ、パンティ姿で、爪先にズボンを引っかけて男に投げかける。

 予告編にこんな場面が出ている。

 ドタバタ紆余曲折の末に、ニコルソンはパリで母親キートンと結ばれる。娘は別の男と幸せに結婚し子も産まれている。めでたし、めでたし。
 おもしろそうな映画だ。DVDが出ているようだ。YouTubeに予告編が載っている。

予告編



◆◆◆◆◆◆◆◆
III.Something's Gotta Give ― 題名借用映画(マリリンモンロー主演、死亡により未完成、没)
 Sonething's Got to Give ― マリリン・モンロー画像)の1962年未完成コメディ映画
 「女房は生きていた」という邦題が予定されていた。
 相手役男優はディーン・マーチン(Dean Martin)(画像)。

[粗筋](Wikipediaから)
 モンロー扮するEllen Ardenは二人の子のいる既婚写真家であるが、太平洋遭難で行方不明になっていたために死亡宣告が出されていた。夫Nick(マーティン)は再婚した。新妻と自宅でハネムーンを過ごそうとしているところにEllenが6年ぶりに帰ってくる。飼い犬は主人のことをしっかりと覚えていたが、子らは母親だと気付かない。しかしこどもらは、女性に好感を抱く。さて、ニック、マーティンはどうすべきか・・・・・・。

 1962年4月23日から撮影が開始された映画は、同年8月5ににモンローが死亡したために、未完成、没となった(誕生日6月1日、36歳)。ただし、1963年のドキュメンタリー、"Marilyn"や、同じく1990年 の"Marilyn: Something's Got to Give"で一部が公開された。さらに、1999年に、お蔵入りしていたフィルムをデジタル処理して、37分物の記録映画にまとめた。これは、 Marilyn: The Final Days(「マリリン―最後の日々」)という2時間ドキュメンタリーに埋め込む材料として作成されたものである。これが2001年6月にTV公開された。 DVDも作成された(Wikipedia)。
 YouTubeの場には、こういったクリップが何本も載っている。

  上記の歌との関係だが、"something's got to give part 4"というクリップの末尾(おそらく、上記のDVDの末尾であろう)、モンロー、マーティン、監督、制作スタッフその他を字幕表示して流す謝辞/賛辞部分で、背景にシナトラの唄が流れている(他にもあるかもしれない)。
           Dedicated to the memory of
          Marilyn Monroe(1926-1962)
      「マリリン・モンロー(1926-1962)の想い出に捧げる」
 から始まる部分だ。

未完映画クリップ(末尾でシナトラの唄)

同、プール・シーン
 夜、プールで泳いでいるモンローが二階の寝室にいるマーチンに呼び掛け、プールに入るように誘う。マーチンは窓に来てモンローにプールから出るようにいうが、女がふるちん(真っ裸)で泳いでいることに気付き驚く。
 映画にはこういうシーンがある。
 このシーン撮影のために、スタッフはボディ・ストッキングを作った。しかしモンローは嫌がり、肉色のビキニ水着ボトム(乳房は露出)だけの姿で演技した。スタッフ側は部外者立入禁止措置を講じたが、モンローは写真家たち(William Woodfieldなど)を呼びいれた。フィルム撮影終了後、ビキニボトム姿で写真家たちに写真を撮らせたが、しばらくして、ボトムも脱ぎ、完全なヌードで撮影させたという(Wikipedia)。

 なお、この未完映画は、1940年の"My Favorite Wife"(邦題「ママのご帰還」)という映画(主役、、ケイリーグラント/Cary Grant、画像)とアイリーン・ダン/Irene Dunne、画像)の改作版として制作していたものであった。

●My Favorite Wife(ママのご帰還)1940年


 さらにいえば、モンローの、1962年5月19日ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデンにおける、有名な、ケネディ大統領への45歳誕生日"Happy birthday Mr. President"歌唱は、この映画撮影中に起きたできごとである。
 このとき、ピアノ伴奏をjazzピアニスト、ハンク・ジョーンズ(Hank Jones)が勤めたが、
 2005年にハンクは当時のことに触れて、この悲劇の人気女優が不安でドキドキしていたと語っている。「非常に緊張して、あがっていた。大統領にハッピィ・バースデイを唄おうとしているんだから、あがらない方がおかしいが」と。
 ハンクが NPR(National Public Radio Inc.)にこう語ったと、ハンク逝去を伝える2010年5月17日Daily News紙ネット記事に出ていた。(2010.5.18過去記事参照)

ハッピィ・バースデイ・トゥ・ミスター・プレジデント(Happy Birthday to Mr. President)

"Happy Birthday to Mr. President"に続いて"Thanks for the Memory"という曲の断片を唄う。自分が作った歌詞の替え歌として。
  Thanks, Mr. President 大統領ありがとう、
  For all the things you've done; あなたがしてくれたすべてに対して、
  The battles that you've won、勝った戦争、あのいくつかの戦争、
  The way you deal with U.S. Steel, U.S. Steel社へのあのような対処、
   And our problems by the ton. そして国民に残されている数万トンもの問題について。
   We thank you so much." 心からお礼をいうわ。

           Everybody Happy Birthday! (Wikipediaから)

    *「U.S. Steel社へのあのような対処」とは、大統領がインフレに危機感を抱き、価格上昇を抑制するように
       鉄鋼業界に圧力をかけたことをいっているのであろう(推測)。


Photo                                               (Wikipediaから) (ドレスの下はスッポンポンだという)

◆◆◆◆◆◆◆◆
IV.Move Over Darling(邦題「女房は生きていた) 、1963年映画
    <<< ドリス・デイ(Doris Day)、ジェームス・ガーナー(James Garner)による再制作>>>

 撮影を激しくサボルなど、モンローの態度が悪いので、監督はこれをクビにして代役で完成させようとした。しかし、ディーン・マーチンはモンロー以外との完成を頑なに拒否したいいぞ、おれ、この男好きだね。にやけているようで、けっこう芯があるんだ、実際のことは知らないが、そう思える
 会社は、「監督をすげかえろと」いうモンローの要求を飲み、ギャラを値上げし、数本の将来映画を約束するなどしてモンローと和解し、映画を完成させる方針に切り替えたが、やんぬるかな、すったもんだしているうちにモンローが死んでしまった。結局この映画は没になった。
 その後、ドリス・デイ/ガーナーの主演によって再制作された。一部、先に撮影してあった映像/フィルムを活かしたという。

 ――YouTubeでちょっと観たが失敗作 のように思える――

 心に訴えるものがないように思える。
 よって、この作品については、言及はこれで打ち切り。
 
◆◆◆◆◆◆◆◆
V.Something's Gotta Give ― エアロスミス(Aerosmith)の同名の別歌
  同名異曲が存在する。
  エアロスミス(Aerosmith)とは、ボストンを中心に活動するハードロック・バンドだという。
 まったく知らぬ分野だから、何も書けぬ。 

 ―― 完 ――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

♪My One And Only Love(マイ・ワン・アンド・オンリィ・ラブ)を唄おうと思うんだが(歌詞日本語訳も試みた)。

2012.1.5
                                                                         ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]
 My One And Only Love(マイ・ワン・アンド・オンリィ・ラブ)を唄おうと思うんだが.、E♭でやるか、一度下げてD♭、あるいは、もう半音下げてCでやるか迷っている。
 セッション定番本、それは、一般的に「バイブル」と目されている2冊、先行本、「青本」と、後続本、「黒本」のことだが、その楽譜はE♭になっている(*1)。
 これだと、高音がちょっと苦しい。

 我が声域は、FからFの2オクターブだ。その域外は、上下とも、プラス2ぐらいは無理に出せば出るけど、使いこなせる音ではない。
 うん、そこで、この曲だけど、低いB♭からグググググとGまでせり上がってきて(The very thought of)、一挙にDに跳躍し(you)、いったんB♭に下りて(makes)、C→F(my heart)と上がるんだ。このF(heart)がやや苦しい。声域の上限だから。苦しいというか、出るには出るんだけど、いろいろ「芸」を施す余裕がない。

 もちろん、音(調)を下げるに何も問題はないんだけど、伴奏者用の譜面を用意しなければいけない。E♭だと、「キーは?」と訊かれて、「本どおり!」、と威張って答えればいいから、――別に威張ることもないんだが、まあ、「いつもどおりだよ」って感覚です――、実に簡単なんだ。
 あ、青本、黒本は、セッションの場には必ず数冊あるんだ。奏者が携えてくるし、セッションの場を提供する場所(スタジオ、ライブハウス ,etc.)には、ほとんどの場合備えつけてある。

*1.この曲、元々は、「C」で書かれた曲だろうと推測している。「バイブル」は、なぜE♭で書いてあるのだろうか。理由は知らない(全音楽出版社の「スタンダード・ジャズのすべて①②」という2冊組楽譜本では、Cになっている)。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 かのジョニィ・ハートマン(Johnny Hartman)はCで唱っている。ディーン・マーチン(Dean Martin)も同じくCだ。レッド・スチュアート(Red Stewart)もC。
  チェット・ベイカー(Chet Baker)も――YouTubeに載っている演奏は、心身ヨレヨレ状態になってからのものだと思えるが――Cだ。
 Louis ArmstrongもC。
 反して、スティング(Sting)、スティービー・ワンダー(Steivie Wander)は、逆に、一音高いFだ。
 御大シナトラ(Frank Sinatra)については、――この歌はこの人が唄って世に出した(1953)とされているので「御大」といっているのだが――、時間の都合で調べがつかない(YouTubeの場では聴くことができない。いずれ調査する)。

 女性群では、エラ(Ella Fitzgerald)がA、ナンシー(Nancy Wilson)B♭、サラ(Sarah VaughnがB♭だ。

 インストでは、
 Oscar PetersonがC(Joe Passとやっているもの)とA♭(トリオ演奏)、 Sonny RollinsがA♭、Ben WebsterがF(Art Tatumとの共演版はB♭)、Hank JonesはD♭、Chick CoreaとMichael BreckerがE♭だ。

■YouTube  Sting -  My one and only love
 ここでは、スティングの歌を掲げておく。


 key in F、かなり高い声だね。いい唄いっぷりだ。
  ――ビートルズ、キンクスで音楽に興味を持ち、ボブ・ディラン、セロニアス・モンク、チャーリー・ミンガス、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーンの影響を受けて育つ。教員養成大学在学時、夜毎地元のジャズ・セッションに参加した――
 Wikipediaにこうあるが、なるほどと頷ける。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 歌の歌詞を載せておこう。
      ネット上のあちこちの記事に載っているものを比較照合し、全音楽譜出版社「スタンダードジャズのすべて②」で「検証」してまとめた   
               (著作権制度というものは知っているんだけどね、まあ、「ごめんなさい」と謝っておこう)。日本語訳は独自訳である。

My One And Only Love
               (m)Guy Wood  (w)Robert Mellin、1953

The very thought of you makes my heart sing,
Like an April breeze,
On the wings of spring.
And you appear in all your splendor,
(And you come to me all your splendor)
My one and only love.


The shadows fall and spread their mystique charms,
In the hush of night,
While you're in my arms.
I feel your lips, so warm and tender,
My one and only love.

The touch of your hand is like heaven.
A heaven that I've never known.
The blush on your cheek,
Whenever I speak,
Tells me that you are my own.

You fill my eager heart with such desire,
Every kiss you give,
Sets my soul on fire.
I give myself in sweet surrender,
My one and only love.


  マイ・ワン・アンド・オンリィ・ラブ  
 (独自訳)
あなたを想い浮かべるだけで、心が騒ぐ。
 四月のそよかぜのように、
 春の翼の上で、優しく踊るそよかぜのように。
パンパカパーン――そして、あなたが現れる、満面笑みを湛えて、満面の魅力で。
一生に一度、ただ一人の恋人。

あなたの腕の中にいて、夜のとばりが下りる。
闇が、神秘の魅力を湛えながら拡がり、
 夜の静寂へと深まっていく。
あなたの唇が、暖かく優しい。
一生に一度、ただ一人の恋人。

あなたの手が触れると、うっとりとする。
今まで経験したことのない気分。
私が何かをいうたびに、
 あなたは頬を赤らめる。
私に夢中だってことがわかる。

あなたは私の恋心を、さらに焦がす。
口づけされるたびに、
 私の魂は熱く燃える。
降参よ、降参、喜んで降伏するわ。
一生に一度、ただ一人の恋人。

     (日本語訳は、女性の立場からのものにしている)
******************************

 この表現(下)が好きだね(この部分、メロディも、歌詞の「韻踏み」も秀逸なんだけど)。
・And you appear in all your splendor,

 パンパカパーン――そして、あなたが現れる、満面笑みを湛えて、満面の魅力で
   まさに、「パンパカパーン」って状況描写だと思う。
・I give myself in sweet surrender,

 降参よ、降参、喜んで降伏するわ。
   もう、身も心もメロメロなんだね。理屈も、理由も、何も、へたくれもない、とにかく好きなんだ、降参だ。

     "give in"=降参する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

箱根駅伝、ゴール前中央大選手、極限精神力の凄まじさに感動。

2012.1.3
 今年の記事、箱根駅伝話題で出発することにしよう。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 中央大学の選手だ。
 ゴール前、おそらく左足が痙攣していたのであろう、半分びっこをひくような感じで、しかも、脳による均衡制御が利かないために左右によろける状態に陥りながら、それでもラストスパートをかけた。ダッシュした。

 「あああ、倒れないでjくれ」、
 「はやくはやく、ゴールよ早く」、
 「もういい、もういい、ゴールさえすればいい」、
 「えい、まどろっこしい、ゴールはまだか」。
はらはらしたね。
 祈るような気持ちだ。

 ところが、ところがだ、
 またダッシュだ。
 三人が競り合っているのだが、よろけながらスパートをかけるのだ。
驚くねえ、
 「もういい、もうやめな、無事ゴールだけを目指してくれ」、
こう思うのだが、やる。
 そして、またやるのだ。

 もう、こちらは、涙が止まらないやな。
 極限精神力の凄まじさを見た。
 「鬼神もこれを避く」って感じだ。こういう場合に使う表現ではないかもしれないが、そう感じた。「鬼神」――精神力からして、形相からして(恐い感じじゃなく、ちょっと優しいんだけどね、それでも、まあ)、ガッツからして、そう感じた。
 いいものを見せてもらった。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 昨年は、何人かを抜き去り、シード権を走り奪った瞬間に笑みを浮かべた青山学院選手のことを書いたが、その青学、今年は5位だ、すごいね、健闘したね、躍進したね。

 選手たちにあやかって、こちらもこの一年、気合いを入れて走り抜こう。
 まあ、齢だから、休み休みしながらだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »