« ♪ヨルセン ― 夜は千の眼を持つ ― 今宵、万天の星に見守られて愛を誓う ― The Night Has a Thousand Eyes、歌詞、日本語訳。 | トップページ | ♪(I'd love to get you) On a Slow Boat to China ― 君と、じっくり、ねっとり、喜悦の時を過ごしたい ― 歌詞、日本語訳。 »

2012年3月26日 (月)

♪The Lonesome Road、歌詞と日本語訳 ― 「主よ、主よ、私が何をしたというのですか、何ゆえに、これほど過酷な労苦を私に強いるのですか・・・・・・」。

2012.3.26
                                                                              ♪参考資料[歌詞翻訳曲目一覧/ページ相互リンク]
  過去記事(2010.1.9)でこの曲に触れた際に歌詞を掲げているんだけど、日本語訳は添えていない。歌詞検索のアクセスがぽちぽち現れる。そこで、改めて歌詞と日本語訳を掲げておく。

◆◆◆◆◆◆◆◆
            The Lonesome Road
                                   
  (m)Nathaniel Shilkret (w) Gene Austin, 1927
Look down, look down that lonesome road
Before you travel on.
Look up, look up and seek(see) your maker
Before Gabriel blows his horn.

(I'm) weary of toting, such a heavy load,
Trudging down, that lonesome road.

Look down, look down,
   look down that lonesome road
Before you travel on.

True love, true love, tell me what have I done
That you should treat me so.
You caused me, yes, you caused me to walk and talk
Like I never did before.

(I'm) weary of toting, such a heavy load
Trudging down, that lonesome road.

Look down, look down
Look down that lonesome road
Before you travel on.
Before you travel on.
Before you travel on.


      ザ・ロンサム・ロード
(孤独な道)
見下ろそう、あの孤独な道を、みつめよう、先まで見通そう、
道をたどりはじめる前に。
見上げよう、天空を、見上げて創造主に、神にすがろう、
ガブリエルがラッパを吹きならす前に、「最後の審判」の前に。

疲れた、もうできない・・・・・・、こんな重みを背負って
(しょって)、
あの孤独な道をとぼとぼと歩んでいくことは、もう。

見下ろそう、あの孤独な道を、みつめよう、先まで見通そう、
道をたどりはじめる前に。

主よ、主よ・・・・・・、私が何をしたというのですか、
何ゆえに、こんな目に合わせるというのですか。
みんなあなたのせいだ、そう、みんなあなただ、
過酷な労苦を、
 これまでにないほど過酷な労苦を私に強いているのは。


疲れた、もうできない・・・・・・、こんな重みを背負って(しょって)
あの孤独な道をとぼとぼと歩んでいくことは、もう。
 

見下ろそう、あの孤独な道を、みつめよう、先まで見通そう、
道をたどりはじめる前に。


◆◆◆◆◆◆◆◆
■翻訳考慮点

1.冒頭の"Look down, look down ....................."、"Look up, look up ......."のところは
 次のように意訳すべきところかもしれない。
    --------------------------
  立ち止まって足元を見よう、みつめよう、この孤独な道、
      このまま歩み続けるのか、もう終わりにしよう、もう止めたい。
  立ち止まって空を見よう、見上げて神に、創造主にすがろう、
 
    天使ガブリエルがラッパを吹きならす前に、「最後の審判」の前に。
    --------------------------


2.Wikipediaによると、黒人民謡のスタイルで書かれているという(ココ)。

3."Before Gabriel blows his horn"
 
「最後の審判の前に」という意味である。
 
すなわち、ガブリエル(Gabriel)は最後の審判(Last Judgment, Final Judgment, Day of Judgment, Judgment Day)の到来をトランペットを吹きならして告げた(「黙示録」にそう書いてあるという)。
 (Gabrielとは、神の意志を人間に伝える務めを果たしている天使/angelないし大天使/archangelであり、処女マリアに受胎を告知したのがこの人物、――人物といっていいのかどうかだが――、とにかくこの者である。「最後の審判」の意味については、ココ、黙示録については、ココを参照されたい)

4."True love, true love"

 
神、イエス・キリストへ呼びかけているのである。
 "true love"は、「神の愛、普遍の愛」という意味を指すことがあるのだが、だからといって、そのことからすぐに、ここで、True Love=God(Jesus)とみていいというわけにはいかない。なぜかなら、"True love, true love"と、2回目が"True"でなく"true"と小文字になっているからである。つまり、固有名詞を表わしたことばではないということになるからである(1回目が大文字になっているのは文頭だから)
 しかし、そういう不都合(
小文字になっている)はあるのだが、やはり、暗にそういっているとみて、主、イエス・キリストへの呼びかけだと解釈しよう。 

Lochner               Hans Memling(ハンス・メムリンク)による最後の審判(Wikipediaから)

Photo                        天使/大天使ガブリエル(男だ、女だ、中性/無性だという議論が一部にあるという)

5."walk and talk"
 どういう意味か。Wikipediaには、映画やTVドラマの話の進め方テクニックとして、何人かの人物に目的地に向かう途中であわただしく会話を続けさせるという手法を指す用法が紹介されている。辞書、ネット調査で、他にはめぼしいものは見つからない。
 "walk the talk"、"walk the talk and talk the walk"というのがあって、「不言実行」、「実行しようと考えたり、実行すると人にしゃべったりしたことを必ず実行する」というような意味だとしている。
  そのようなことから、「つらい思いをしながら神の教えを忠実に実行する」みたいな意味かもしれない。ここでは、"caused me to walk and talk"を「過酷な労苦を強いる」とした

 なお、翻訳問題とは関係ないが、この作曲者も作詞者も、ミリオンセラーを何枚も出した(50枚、80枚、Wikipediaによる)超売れっ子だったそうだ。(Gene Austin/ジーン・オウスティン/画像 Nathaniel Shilkret/ナサニエル・シルクレット/画像 )

■むしろダンス曲みたいに
 ――最後の審判の前に神にすがる――
 ――主よ、主よ・・・・・・、私が何をしたというのですか、何ゆえに、こんな目に合わせる――

 歌詞からすると、黒人民謡、ブルース、黒人霊歌といった範疇の暗い歌/曲のように思えるが(
必ずしも、これらが暗い曲だというわけではないのだが、まあ)、案外そうでもなく、というか元来から、つまり1927年、歌が世に出た時点で作詞家自らが吹き込んだ歌が(それらしきものがYouTubeにある)そうでもないようにみえるのだが、とにかくその後200件もあるという吹き込みの多くはアップテンポの明るい調子のもので、ダンス・スイング曲としても認知されているという。

 しかし、まあ、ブログ主としてはこういう風に唄いたいね。
  スティービー・ワンダーだ。いいなあ。

■Stevie Wonder - The Lonesome Road

  スティービー・ワンダー

  上のTubeが著作権問題の関係で機能しなくなったので、↓掲げておく。
[
追記] 2014.3.31 ― ↑勘違いだったか、動くね。別版に差し替えようとして気付いた。



■les paul & mary ford: the lonesome road
 レス・ポール&メリー・フォード



 フォードがしっとりと唄っているなかで、ポールのオブリガ-トが、ちょっとうるさいね。

|

« ♪ヨルセン ― 夜は千の眼を持つ ― 今宵、万天の星に見守られて愛を誓う ― The Night Has a Thousand Eyes、歌詞、日本語訳。 | トップページ | ♪(I'd love to get you) On a Slow Boat to China ― 君と、じっくり、ねっとり、喜悦の時を過ごしたい ― 歌詞、日本語訳。 »

歌詞翻訳」カテゴリの記事

音楽/Jazzスタンダード」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、先日 ロンサムロードの歌詞の意味知りたく、検索していたら、貴殿ノブログにヒットしました。
大変参考になりました。ありがとうございます。
ところで、call me darlin はブルーグラスの曲だと思います。Flatt&Scruggsなどがやっていて、私も昔ブルーグラスバンドでやっていましたよ。

投稿: Minato | 2012年12月17日 (月) 07時32分

 Call Me Darlin'とは、I'm Waiting to Hear You Call Me Darling( by Flatt & Scruggs)のことだったんですね。
 ご教示ありがとうございました。
 頭の隅に貼りついていた「調べても分からずのモヤモヤ不定愁訴」がとれました。すっきり!
 2012.12.25に、このことに関して記事を載せました。

投稿: 浦賀屋宝庫守 | 2012年12月26日 (水) 15時41分

ありがとうございます
ルンバの曲の訳も
みんな知りたいです
訳 ありがとうございます

qqbz65n9@tiara.ocn.ne.jp

投稿: umm | 2014年6月24日 (火) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549561/54307568

この記事へのトラックバック一覧です: ♪The Lonesome Road、歌詞と日本語訳 ― 「主よ、主よ、私が何をしたというのですか、何ゆえに、これほど過酷な労苦を私に強いるのですか・・・・・・」。:

« ♪ヨルセン ― 夜は千の眼を持つ ― 今宵、万天の星に見守られて愛を誓う ― The Night Has a Thousand Eyes、歌詞、日本語訳。 | トップページ | ♪(I'd love to get you) On a Slow Boat to China ― 君と、じっくり、ねっとり、喜悦の時を過ごしたい ― 歌詞、日本語訳。 »