音楽

2012年4月16日 (月)

♪ウェンロックとマンデビル(Wenlock & Mandeville)、ロンドン2012(オリンピック/パラリンピック)公式マスコット。その映画、レインボー三部作 ― 「虹の中から」、「虹の冒険」、「虹の救出」(Rainbow Trilogy: Out of Rainbow, Adventures on a Rainbow, Rainbow Rescue)

2012.4.16
  レインボー三部作 ― 「虹の中から」、「虹の冒険」、「虹の救出」
  Rainbow Trilogy: Out of Rainbow, Adventures on a Rainbow, Rainbow Rescue; London 2012 Mascots Film; Wenlock amd Mandeville.

 ロンドン・オリンピックが近づいてきているが、以前の記事でそのマスコットに関するYouTubeを掲げたことがある。2010年5月、ちょうど2年前、マスコット構想が固まり、その紹介/PR映画が制作されて、YouTubeの場にその紹介ビデオが現れたのであった。

1  Wenlock(ウェンロック)とMandeville(マンデビル)という人形がそれで、鋼材製造時に溶鉱炉から飛び散った鉄片を素材にして作った鉄の人形である。
 鋼材は、ロンドン・オリンピック・スタジアム建造に使用されるもので、ジョージという名の溶鉱炉作業員が、定年退職最終日の労働を終えた際に、同僚たちに拍手で送り出されながら、床に散らばった鉄塊を2個拾い上げて、記念に家に持ち帰ったのである。
  (溶鉱炉、人物など、物語はイギリス北西部のBolton/ボルトンを舞台に設定したものだというWikipedia)
  過去記事を整理していて、その続編フィルムが2本現れていることに気付いた。どうやら、三部作にしたようだ。同時に、それ以外にも、「ロンドン2012」広報用の曲、歌、フイルムなどが続々と現れている。
 それをとりあげた。 
       2_3               (↑)鉄の人形は、虹の不思議な力によって、ミュータント、スーパーロボットに変身した)

[誕生]
 定年退職の感慨に気が高ぶり、悶々と寝つかれないジョージ。真夜中に、「そうだ」、と思い立ち、ベッドを抜け出して作業小屋に入る。鉄塊を溶接機で切断加工し、ハンマーでコツコツと叩いて仕上げる。事を察知した老妻がお茶を運んでくる・・・・・・朝、二体の人形ができあがっていた。
 孫二人が、ウェンロックとマンデビルを二階のベランダ手すりに置くと、遠く水平線に虹が立ち上がり、二人のところにやってきて、人形にぐるぐると巻き付いた。
 不思議な威力によって、二体の人形はロボットに変身した。

1_2 "Happy Retirement, George!"(定年退職おめでとう!)の祝福を受けて同僚に送り出されるジョージ。家では、孫二人と老妻がケーキを準備して待っていた。そこにも、"Happy Retirement!"の文字が。

2_2    「そうだ、あれを・・・・・・」、ベッドを抜け出して作業小屋に籠るジョージ。

3   事を察知した老妻がお茶を持ってくる。フーッ、完成だ! 朝、孫たちに作品を手渡す。孫は双子だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆
  レインボー三部作、「虹の中から」、「虹の冒険」、「虹の救出」
  Rainbow Trilogy: Out of a Rainbow, Adventures on a Rainbow, Rainbow Rescue
  (三部作/Rainbow Trilogy」という呼称は、当ブログ主が勝手に付しているだけのものである)
■London 2012 Mascots Film 1 - 'Out of a Rainbow'
 虹の中から


■London 2012 Mascots Film 2 - 'Adventures on a Rainbow'
  虹の冒険

 (以下、Wikipediaから)
 ボルトン(Bolton)市内を鉄の梁を載せたローリー車が走っている。オリンピック・スタジアム建造のための最後の一本の梁を製鉄所からロンドンに運ぼうとしているのである。
 物語は、このように始まる。
 第一話で現れたこども二人が屋根裏部屋に上がり、家が作りだした虹を窓から眺めている。虹の上をマンデビルが移動している。マンデビルが、片方の子どもの携帯に文章メッセージを送る。

 マンデビルは、ストーク・マンデビル競技場(Stoke Mandeville)に現れ、英国代表車椅子ラグビー・チームの選手たちと会う。そして、Mandip Sehmi(画像)の膝に座って試合を見る。次いで、Ellie Simmonds(画像)がやっている水泳トレーニングに参加する。
 
 情景が替わり、ウェンロックとマンデビルの生みの親、ジョージ一家が画面に現れる。一家はサイクリングを楽しんでおり、Shanaze Reade(画像)に出会う。その後、BMX(バイシクル・モトクロス)をやってみせる。

 一方、そうこうしているうちに、梁を運んでいるローリー車はMuch Wenlock(画像)付近に差しかかった。ちょうど、ウェンロックが心の故郷に戻ってきており、ウェンロック・オリンピアン競技大会(Wenlock Olympian Games/画像)を見物しているところである。三段跳びのPhillips Idowu(画像)選手の跳躍を見ている。ウェンロックはその後110メートルハードル競技に参加する。第一ハードルを飛び越したが、選手の一人がハードルにひかかって転倒した。ウェンロックは、タイムを諦め、選手を助け起こす。

 次いで、ウェンロックは、ジョージ一家が泳ぎを楽しんでいる公営プールに移動する。跳躍台でTom Daley(画像)が飛び込もうとしている。ウェンロックも一緒に飛び込んだ。プールにいる全員が、うまくいったダイビングを目撃する。

 ビデオは、次のような語りで終わる。

"Wenlock and Mandeville are on their magical adventure. The twins will be looking out for them whenever they see a rainbow, and you can do the same! You'll see them again, we all will; the whole world will see them in London, in 2012."

ウェンロックとマンデビルは不思議な冒険を行っています。この双子の孫たちは、虹を見るたびに、二人の姿、ウェンロックとマンデビルの姿を探します。そして、みなさんも、同じことができるのです。
 みなさんは、二人の姿を、再び見ることになります。私たち全員が見ることになります。
 全世界の人々が、二人を見ます・・・・・・そう、2012年ロンドン大会で!


■London 2012 Mascots Film 3 - 'Rainbow Rescue'
  虹の救出

◆◆◆◆◆◆◆◆
 マスコット曲、On a Raibow(オンナ・レインボー)
On A Rainbow - Carrie Fletcher, Tom Fletcher & West Leigh Junior School Choir
 オン・ナ・レインボー(トム・フレッチャーと妹、キャリー・フレッチャー、ウェスト・リー・ジュニアスクール合唱隊)
   (YouTube投稿題名は"on a rainbow lyrics.wmv"である)



■McFly's Tom Fletcher and sister Carrie perform the official Olympic mascot song On A Rainbow! McFly(マックフライ)バンドのトム・フレッチャーと妹のキャリーが、公式オリンピック・マスコット曲「オン・ナ・レインボー」を唄う
   (生徒たちの前で唄う)



 
トム・フレッチャー(Tom Fletcher)とはこういう人物だそうだ。マックフライというポップ・ロック・バンドのスター奏者だ。ボーカル、ギター、ピアノをやるという。ポップ・ロック(pop rock)とはこういうもの
           →Wikipedia記事

Photo_3
   
 
そして、妹キャリー(Carrie)。
   テレビなどで活躍した女優で、歌を唄い、ピアノを弾き、サックスを吹くという。
かなりの数の曲を吹き込んでいるようだ。
            →参考ページ
  Photo_2
   若いころの写真だが、ナボコフ、ハンバートらの心をくすぐる雰囲気をもっているね、このCarrieさん。2012年10月生れだというから、この秋には20歳だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆

 歌の歌詞/日本語訳を別稿として掲げている(2012.4.18記事)。併せてご覧いただきたい。 
作曲に際して作者トム・フレッチャーが意図した狙い、想い入れなどについても触れている。


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)