♪ジャズ/Jazz

2013年7月11日 (木)

♪ ジャズ・スタンダード曲リスト(A-Z、1,089) ― ジャズ・スタンダード(Jazz Standards)とは何か(その3)

2013.7.11
 ♪ジャズ・スタンダード(Jazz Standards)とは何か、その1その2に続く「その3」、最終編である。
 その概念、定義付けのようなことについて触れてきたが、最後に、「ジャズ・スタンダード(曲)」とみなされる、あるいはみなしうる曲のリストを掲げて、一連記事を完結させることにする。

◆◆◆◆◆◆◆◆
ジャズスタンダード曲リスト(A-Z)
                                               前書/説明
1.出典
(1)ここに掲げるリストは、Wikipediaに(A-Z)リストとして載っている内容と(全678曲)、全音楽譜出版社「スタンダード・ジャズのすべて①、②」の掲載曲(全799曲)を合わせたものである。すなわち、下記(イ)(ロ)(ハ)であり、合計1,089曲ある。

(イ)両方に載っているもの(388)
(ロ)Wikiには載っているが、全音にはないもの(290)
(ハ)全音には載っているが、Wikiにはないもの(411)

(2)Wikipediaリストについて
  リストでは(ココ)、前書(まえがき)で次のように述べている。
--------------------------------------------------
List of jazz standards
  An A-Z list of jazz standards. This list is intended to be as comprehensive a list of jazz standards as possible, including those pop standards and film song classics which have been sung or performed in jazz on numerous occasions and are considered part of the jazz repertoire. ―以下省略―

  ジャズ・スタンダード曲の「A-Z」のリストである。
可能なかぎり包括的なリストであることを意図しているものである。ポピュラー音楽畑のスタンダード曲や映画曲として古典となっているもののうち、何度も何度もジャズ演奏としてとりあげられジャズのレパートリー(上演目録、上演可能なもののリスト)の一部とみなされているものも含まれている。
  (省略部分は、「周辺データ付の年代別リストにつき、右側の表を見よ」という指示見よ)
--------------------------------------------------

  「包括的」リスト」を目指したというんだが、どうみても、それはいただけない。嘘だ。何かの勘違い、ミスが関係しているようだ。素人的に考えても、「スタンダード中のスタンダード」みたいな曲で載っていないものがいくつもある。それなのに、なんで「包括的」なんていっているのか、齟齬(そご)があまりにもひどすぎて、というか、バカ単純すぎて、理由が解せないが、とにかく、そうなっている。読者も、下に掲げているその実物にちょっと目を通せば、すぐにそのことに気付くであろう。

2.リストの見方、凡例
(i)色分けしている。がWikiリスト、茶が上記の「ハ」、全音には載っているがWikiにはないもの。
(ii)Wikiリスト中の"NIA"は、上記の「ロ」、Wikiには載っているが全音にはないもの。
(iii)「A,B,C....」というアルファベット見出し行の表示、略語など。
  [例]
  A (60) +(13) = 73   [Wiki=60、BOT=30 NIA=30、NIW=13, Total=73  ]
(a)「A (60) +(13) = 73」→Wikiリスト60曲() +全音には載っているがWikiniはないもの13曲、合計73曲。
(b)「BOT」は、上記「イ」、Wikiと全音の両方に載っている曲。
  「NIA」は、上記「ロ」、Wikiには載っているが全音には載っていないもの。
  「NIWは」全音には載っているがWikiには載ってない曲()。
  「Total」は、[Wikiリスト+全音リスト]、つまり、[BOT+NIA+NIW]。

 なお、Wikiリスト総数を678曲としているが、実際に当該Wikipediaページで記載している曲の数は688である。重複を削るなどの処理で678とした。例えば、"The Ballad of Mack the Knife"(B欄)と"Mack the Knife"(M欄)が重複しているなど。

(iV)曲名表示を10曲ずつで区切っているが、数えやすくするために施したものであり、他の意味はない。

3.著作権侵害問題

 「スタンダード・ジャズのすべて①、②」に収録されてい曲目を示しているわけだから、「『ジャズ・スタンダード』としてどのような曲を収録しているか(していないか)」というノウハウを曝したことになり、全音楽譜出版社に対する著作権侵害にあたるのではないか」。こういう問題が生じる。然り、侵害にあたろう。だが、まあ、「書物紹介」と考えてもらう余地もある。前向きに、明るく考えてもらって、トガは不問にしてもらおう。
 これが、その本だ、ハハ(現在では、何度か改版を経たものになっていよう)。

2
4.曲調査のヒント
(1)至れり尽くせりのWebページがある  → <<<JazzStandards.com>>>
 作品年度? 作曲者は? 作詞者は? ブロードウェイ曲?  映画曲? 演奏者、歌手、ヒット状況、主要レコード、関連文献、などなど周辺情報を調べることができる。しかも、楽しくやれる、楽しめる。主要アーティスト録音の視聴もいっぱいできるし。

Com2 
  ――JazzStandards.com ――  という表題のすぐ下の段に
            Home   Overview   Songs   Biographies   History .....
    というタブ項目が並んでいる。
    その[Song]をクリックするとこの画面になる。
Rank Year Title
1  1930  Body abd Soul
2  1939  All The Things You Are
3  1935  Summertime
4  1944 'Round Midnight
5  1935 I Can't Get Started(with you)
           - - - - -
Rank(順位)、Year(年度)、Title(曲名)
[Year]をクリックすると曲リストが年代順に表示される(1818年頃から)
[Title]をクリックすると曲リストがABC順に表示される。
 曲名をクリックすると、年度、作詞、作曲者など詳しい周辺情報が記載されたページに移る。
 (順位というのはこのサイトが独自に実施した人気投票のそれである)

 例えば、↓下画像は、Love Me or Leave Meをクリックして現れる画像である。
右側CD視聴欄に現れているのは、Jane Monheitとかいう歌手の2004年吹き込みだそうだ。 この他にも、Billie Holiday, Miles Davis All Stars、Pres and Teddy、Count Basie、Nina Simone、などなどいっぱい現れる。

Com

(2)Wikipediaの"List of jazz standards"ページも("Jazz Standards"ページの下位ページ)、もちろん有力な調査手段だ。
なお、一言触れておくと、このWikipediaリストは、上記のJazzStandards.comの(A-Z)リストをそっくりそのまま転載したものである。曲周辺情報についても、全面的にJazzStandards.comに負っているようだ。



◆◆◆◆◆◆◆◆
                    ――♪♪♪  リス ト ♪♪♪――

                                   * このうち、数十曲について歌詞/日本語訳を載せているので、適宜参照されたい(ココ)。
                     
A    (60) +(13) = 73   [Wiki=60、BOT=30 NIA=30、NIW=13, Total=73 ]
    A Kiss to Build a Dream On(*NIA)
    An Affair to Remember (*NIA)
    Afro Blue (*NIA)
    After Hours
    After I Say I'm Sorry(*NIA)
    After You've Gone
    Afternoon in Paris
    Air Mail Special
    Ain't Misbehavin'
    Ain't Nobody's Business(*NIA)
   
    Ain't She Sweet
    Airegin
    Alexander's Ragtime Band (*NIA)
    Alfie
    Algo Bueno (*NIA)
    All Alone (*NIA)
    All Blues
    All By Myself (*NIA)
    All God's Chillun Got Rhythm(*NIA)
    All My Life
   
    All of Me
    All of You
    All or Nothing At All
    All the Clouds'll Roll Away(*NIA)
    All the Things You Are
    All the Way
    All Through the Night
    All Too Soon
    Allen's Alley (*NIA)
    Alligator Crawl (*NIA)
   
    Almost Like Being in Love
    Alone Together
    Always (*NIA)
    Am I Blue?
    Amazing Grace (*NIA)
    And the Angels Sing (*NIA)
    And Her Tears Flowed Like Wine (*NIA)
    Angel Eyes (*NIA)
    Anthropology
    Any Old Time (*NIA)

    Anything for You (*NIA)
    Anything Goes
    April in Paris
    Aquellos Ojos Verdes (*NIA)
    As Long As I Have You (*NIA)
    As Long as I Live
    As Time Goes By
    Ask Me Now (*NIA)
    At Last (*NIA)
    At Long Last Love

    At Sundown (*NIA)
    At the Jazz Band Ball (*NIA)
    A-Tisket, A-Tasket
    Au Privave
    Auld Lang Syne (*NIA)
    Aunt Hagar's Blues (*NIA)
    Autumn Leaves
    Autumn in New York (*NIA)
    Avalon
    Azure (*NIA)     

-----------------
    Actual Proof
    Again
    Agua De Beber
    Ah-Leu-Cha
    Alabamy Bound
    Alice In Wonderland
    All Night Long
    All This And Heaven Too
    Alright, Okay, You Win
    Among My Souvenirs
    Antonio's Song
    April Showers

   
Autumn Nocturne


B    (73) +13 = 86   [Wiki =73, BOT=37, NIA=36 , NIW=13, Total=86]
    Baby Face(*NIA)
    Baby Won't You Please Come Home
       *Back Home Again in Indiana(→Indiana)
    Back in Your Own Backyard(*NIA)
    Back Water Blues (*NIA)
    Bad and the Beautiful (*NIA)
    Bags' Groove
    Bahia (*NIA)
        *Ballad of Mack the Knife, The(→Mack The Knife) 
    Ballin' the Jack(*NIA)

    Barbados
    Basin Street Blues
    Baubles, Bangles and Beads
    Beale Street Blues
    Beautiful Love
    Bedouin
    Begin the Beguine
    Bei Mir Bist Du Schoen
    Bemsha Swing(*NIA)
    Be-Bop(*NIA)

    Be My Love
    Bernie's Tune
    Besame Mucho (*NIA)
    Bess, You Is My Woman Now(*NIA)
    Best Is Yet to Come, The(*NIA)
    Best Thing for You, The(*NIA)
    Best Things in Life Are Free, The(*NIA)
    Between the Devil and the Deep Blue Sea
    Bewitched, Bothered, and Bewildered
    Big Butter and Egg Man(*NIA)

    Big Foot(*NIA)
    Bill Bailey, Won't You Please Come Home
    Billie's Bounce
    Birk's Works (*NIA)
    Birth of the Blues, The (*NIA)
    Bird Gets the Worm(*NIA)
    Birdland
    Black and Blue
    Black and Tan Fantasy
    Black Coffee

    Blame It on My Youth
    Blood Count(*NIA)
    Bloomdido
    Blue and Sentimental
    Blue Bossa(*NIA)
    Blues for Alice(*NIA)
    Blue in Green
    Blue Lou (*NIA)
    Blue Monk
    Blue Moon

    Blue 'N' Boogie(*NIA)
    Blue Rondo ? la Turk(*NIA)
    Blue Room
    Blue Skies(*NIA)
    Bluesette(*NIA)
    Blue Train(*NIA)
    Blue Turning Grey Over You(*NIA)
    Blueberry Hill(*NIA)
    Blues in My Heart(*NIA)
    Blues in the Closet(*NIA)

    Blues in the Night
    Body and Soul
    Bohemia After Dark(*NIA)
    Born to Be Blue
    Bouncin' with Bud
    Brazil (*NIA)
    The Breeze and I(*NIA)
    Broadway (*NIA)
    Bugle Call Rag
    But Beautiful (*NIA)

    But Not for Me
    By Myself
    Bye Bye Blackbird
    Bye Bye Blues

-------------------
  Baltimore Oriole
   Be Anything
   Birth Of The Blues, The
   Black Nile
   Blowin' The Blues Away
   Blue Haze
   Blue Minor
   Blue Sand
   Blue Seven
   Blues March
   Blues On The Corner
   Boogie Woogie Bugle Boy
   Butterfly


C   (48) + 12 = 60  [Wiki= 48, BOT=31, NIA=17, NIW=12, Total=60]
    C Jam Blues
    Cabin in the Sky
    Canadian Sunset (*NIA)
    Candy (*NIA)
    Can't Help Lovin' Dat Gal (*NIA)
    Can't Help Lovin' Dat Man (*NIA)
    Can't We Be Friends
    Caravan
    Careless Love
    Carioca

    Centerpiece (*NIA)
    Chameleon
    Change Partners (*NIA)
    Charleston (*NIA)
    Chasin' the Bird(*NIA)
    Chattanooga Choo Choo (*NIA)
    Cheek to Cheek (Cheek to Cheek)
    Chelsea Bridge (*NIA)
    Cherokee
    Cherry
    Cheryl
    Chicago (That Toddlin' Town)
    Child Is Born, A
    China Boy
    Chinatown My Chinatown
    Chloe
    Christmas Song, The (*NIA)
    Christopher Columbus
    Close Enough for Love (*NIA)
    Close Your Eyes

    Cocktails for Two
    Come Rain or Come Shine
    Come Sunday
    Comes Love
    Con Alma
    Conception (*NIA)
    Confessin' (*NIA)
    Confirmation
    The Continental
    Coquette (*NIA)

    Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars)(*NIA)
    Corner Pocket
    Cottage for Sale, A
    Cotton Tail
    Crazy He Calls Me
    Crazy Rhythm
    Creole Love Call(*NIA)
    Cry Me a River

-------------------------
    Call Me
    Call Me Irresponsible
    Captain Caribe
    Cat Walk, The
    Chanson D'Orphee, La
    Chelsea Bridge
    Chi Chi
    Chove Chuva (Constant Rain, The)
    Cleopatra's Dream
    Come On-A My House
    Comein' Home Baby
    C.T.A.


D    (54) +8 =62   [Wiki=54, BOT=25, NIA=29, NIW=8, Total=58  ]
    Daahoud
    Darktown Strutters' Ball(*NIA)
    Dancing in the Dark
    Dancing on the Ceiling
    Danny Boy (*NIA)
    Dark Eyes (*NIA)
    Darn That Dream
    Davenport Blues (*NIA)
    Day by Day
    Day Dream (*Day Dream)

    Day In, Day Out
    Days of Wine and Roses
    Dear Old Southland(*NIA)
    Dear Old Stockholm
    Dedicated to You(*NIA)
    Dearly Beloved(*NIA)
    'Deed I Do (*NIA)
    Deep in a Dream
    Deep Night(*NIA)
    Deep Purple

    Deep River(*NIA)
    Desafinado
    Detour Ahead(*NIA)
    Dexterity(*NIA)
    Dinah
    Dindi (*NIA)
    Dipper Mouth Blues(*NIA)
    Dizzy Atmosphere(*NIA)
    Dizzy's Business(*NIA)
    Django

    Do It Again(*NIA)
    Do Nothin' Till You Hear from Me
    Do You Know What It Means to Miss New Orleans(*NIA)
    Doggin' Around(*NIA)
    Dolphin Dance
    Donna Lee
    Don't Be That Way
    Don't Blame Me
    Don't Explain
    Don't Get Around Much Anymore

    Don't Go to Strangers(*NIA)
    Don't Take Your Love from Me
    Don't Worry About Me(Don't Worry 'Bout Me)(*NIA)
    Don't You Know I Care?(*NIA)
    Down By The Riverside
    Doxy
    Dream
    Dream A Little Dream Of Me(*NIA)
    Dream Dancing(*NIA)
    Dream of You(*NIA)

    Drifting on a Reed(*NIA)
    Drop Me Off in Harlem(*NIA)
    Duke, The(*NIA)
    Duke's Place(*NIA)

---------------------------------------------
    Dardanella
    Dat Dere
    Dig
    Diga Diga Doo
    Don't Fence Me In
    Don't Let The Stars Get In Your Eyes
    Down In the Depths
    Dry Bones



E     (29) +8 = 37  [Wiki=29, BOT=11, NIA=18, NIW=8, Totral=37]
    Early Autumn(*NIA)
    East of the Sun (and West of the Moon)
    Easter Parade
    Easy Does It(*NIA)
    Easy Living
    Easy to Love
    Echoes of Harlem(*NIA)
    El Manicero(El Manisero)(*NIA)
    Embraceable You

    Emily(*NIA)
    End of a Love Affair, The(*NIA)
    Epistrophy
    Equinox(*NiA)
    Estate(*NIA)
    Every Day I Have the Blues(*NIA)
    Ev'ry Time We Say Goodbye(*NIA)
    Every Tub(*NIA
    Everybody Loves My Baby(*NIA)
    Everything but You(*NIA)

    Everything Happens to Me
    Everything I Have Is Yours
    Ev'rything I Love(*NIA)
    Everything I've Got (Belongs to You)(*NIA)
    Everything Must Change
    Evidence(*NIA)
    Ev'ry Time We Say Goodbye
    Ev'rything I've Got (Belongs to You)(*NIA)
    Exactly Like You
    Exodus(*NIA)

----------------
    E.S.P
    Easy to Love
    Eclypso
    Entertainer, The
    Epilogue
    Evening in Paris
    Everybody Loves Somebody
    Eye Of The Hurricane, The


F   (32) +8 = 40   [Wiki=32, BOT=15, NIA=17, NIW=8, Total=40]
    Falling in Love with Love
    Farewell Blues(*NIA)
    Fascinating Rhythm
    Fat Girl(*NIA
    Felicidade, A(*NIA)
    Fever
    Fidgety Feet)*NIA)
    Fine and Dandy
    Fine and Mellow
    Fine Romance, A

    Five Foot Two, Eyes of Blue aka Has Anybody Seen My Gal?(*NIA)
    Five O'clock Whistle(*NIA)
    Flamingo
    Flat Foot Floogie, The(*NIA)
    Flower Is a Lovesome Thing, A(*NIA)
    Flying Home
    Foggy Day, A/Foggy Day in London Town, A (*NIA)
    Folks Who Live On the Hill, The(*NIA)
    Fools Rush In (Where Angels Fear to Tread)
    Footprints(*NIA)

    For All We Know
    For Heaven's Sake(**NIA)
    For Sentimental Reasons(*NIA)
    For You
    Four
    Four Brothers
    Four or Five Times(*NIA)
    Frankie and Johnny(*NIA)
    Freddie Freeloader(*NIA)
    Freedom Jazz Dance

    Frenesi(*NIA)
    From This Moment On

--------------------------------------
    Feeling Good
    52th Street Theme
    Five Pennies, The
    Five Spot After Dark
    Fly Me to the Moon
    Forest Flower
    For Lena and Lenny
    For Once In My Life


G    (26) +10 =36     [Wiki=26, BOT=16, NIA=10, NIW=10, Total=36 ]
    Gal in Calico, A(*NIA)
    Gee Baby Ain't I Good to You
    Georgia on My Mind
    Get Happy
    Get Out of Town
    Ghost of a Chance, A (I Don't Stand)
    Giant Steps
    The Girl from Ipanema(*NIA)
    Girl Talk
    Glad to Be Unhappy

    Gloomy Sunday(*NIA)
    The Glory of Love(*NIA)
    God Bless the Child
    Goin' Out of My Head
    Goin' to Chicago Blues/Going to Chicago (*NIA)
    Gone with the Wind
    Good Bait
    The Good Life(*NIA)
    Good Morning Heartache
    Goodbye

    Goodbye Pork Pie Hat(*NIA))
    Goodnight My Love(*NIA)
    Green Eyes (Aquellos Ojos Verdes)(*NIA)
    Greensleeves
    Groovin' High
    Guilty(*NIA)

----------------------------------
    Garota De Ipanema(Girl From Ipanema)
    Gentle Thoughts
    Get Out And Get Ander The Moon
    Give Me The Simple Life
    Golden Earrings
    Good Man Is Hard To Find, A
    Goodnight Sweetheart
    Goody-Goody
    Guess Who I Saw Today
    Guy Is a Guy, A


H    (33) + 8 = 41    [Wiki=33, BOT= 13, NIA=20, NIW=8, Total=41]
    Half Nelson
    Hallelujah (I Love Him/Her So)
    Happiness Is a Thing Called Joe(*NIA)
    Hard Hearted Hannah(*NIA)
    Harlem Nocturne(*NIA)
    Harvard Blues(*NIA)
    Haunted Heart(*NIA)
    Have You Met Miss Jones?
    Have Yourself a Merry Little Christmas(*NIA)
    Havin' a Heat Wave(*NIA)

    Heart and Soul
    Heat Wave(*NIA)
    Hello, Dolly!(*NIA)
    Hello Young Lovers
    Here's That Rainy Day
    He's Funny That Way(*NIA)
    Hey Little Girl(*NIA)
    Hi Fly(*NIA)
    High Society
    Hindustan(*NIA)

    Honeysuckle Rose
    Hour of Parting, The(*NIA)
    Hot House
    House Is Not a Home, A(*NIA)
    How About You
    How Am I to Know?
    How Come You Do Me Like You Do?(*NIA)
    How Deep Is the Ocean?(*NIA)
    How High the Moon
    How Insensitive(*NIA)

    How Long Blues(*NIA)
    How Long Has This Been Going On?
    Humoresque(*NIA)
--------------------------------------
    Handful of Stars, A
    Hang Up Your hang-Ups
    Harbour Lights
    Hard Sock Dance
    Home 
    Honey
    Hornets
    Hush-A-Bye


I    (71) +55 =125    [
Wiki=71, BOT= 48, NIA-23, NIW=55, Total=126 ]
    I Ain't Got Nobody(*NIA)
    I Ain't Got Nothin' But the Blues(*NIA)
    I Believe in You[disambiguation needed](*NIA)
    I Can't Believe That You're In Love With Me(*NIA)
    I Can't Escape from You
    I Can't Get Started
    I Can't Give You Anything but Love
    I Can't Stop Loving You(*NIA)
    I Concentrate on You
    I Could Have Danced All Night

    I Could Write a Book
    I Cover the Waterfront (song)
    I Cried for You
    I Didn't Know About You(*NIA)
    I Didn't Know What Time It Was
    I Don't Know Why (I Love You Like I Do)
    I Don't Stand a Ghost of a Chance with You(→Ghost of a Chance)
    I Don't Want You to Go(*NIA)
    I Fall in Love Too Easily
    I Get Along Without You Very Well

    I Get a Kick Out of You
    I'm Getting Sentimental Over You
    I Got a Crush on You(*NIA)
    I Got a Right to Sing the Blues
    I Got a Woman Crazy for Me(*NIA)
    I Got It Bad (and That Ain't Good)
    I Got Rhythm
    I Guess I'll Have to Change My Plan(*NIA)
    I Hadn't Anyone Till You
    I Happen to Like New York(*NIA)

    I Hear a Rhapsody
    I Hear Music
    I Know That You Know
    I Left My Heart in San Francisco
    I Let a Song Go Out of My Heart
    I Love Paris
    I Love You (Cole Porter song)
    I Love You for Sentimental Reasons(*NIA)
    I Loves You Porgy
    I May Be Wrong

    I Mean You
    I Must Have That Man(*NIA)
    I Never Knew(*NIA)
    I'll Never Smile Again
    I Only Have Eyes for You
    I Wish You Love(*NIA)
    I'll Remember April
    I Remember Clifford
    I Remember You
    I See Your Face Before Me

    I Should Care
    I Surrender Dear
    I Thought About You
    If I Could Be with You (One Hour Tonight)
    If I Had You
    If Love Were All(*NIA)
    If You Could See Me Now
    I'm Just a Lucky So-and-So(*NIA)
    Impressions
    In a Mellow Tone

    In a Mist(*NIA)
    In a Sentimental Mood
       *Indiana(→Back Home Again In Indiana)
    In the Groove(*NIA)
    In the Mood
    In Walked Bud(*NIA)
    In Your Own Sweet Way(*NIA)
    Isfahan (song)(*NIA)
    It Had to Be You
    It Don't Mean a Thing

    It's Easy to Remember (And So Hard to Forget)(*NIA)
    It's Only a Paper Moon
    I've Found a New Baby/I Found a New Baby

------------------
   Ida Lupino
   If I Love Again
   If I Should Lose You
   If I Were a Bell
   If The Moon Turns Green
   If You Were Mine
   I Have a Dream
   I'll Be Seeing You
   I'll Close My Eyes
   I'll Get By

   I'll See You In My Dreams
   I'll String Along With You
   I'll Take Romance
   I'll Walk Alone
   I'll Wind
   I'm a Fool To Want You
   Imagination
   I'm Always Chasing Rainbows
   I'm Beginning To See The Lights
   I'm Glad There Is You

   I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself a Letter
   I'm In The Mood For Love
   I'm Thru With Love
   I'm Walkin'
   I'm Your Pal
   I'm Yours
   "In" Crowd, The
          Indiana(Back Home Again in Indiana)
   Indian Love Call
   Indian Summer

   In The Shade Of The Old Apple Tree
   In The Still Of The Night
   Invitation
   Isn't It Romantic?
   Israel
   It A'int Necessarily So
   It Could Happen To You
   It Might As Well Be Spring
   It Never Entered My Mind
   It's All Right With Me

   It's a Sin To Tell a Lie
   It's Been a Long Long Time
   It's D'Lovery
   It's Easy To Remember
   It's Magic
   It's The Talk Of The Town
   It's You Or No One
   I've Got a Crush On You
   I've Got The World On a Spring
   I've Got You Under My Skin

   I Want To Be Happy
   I Want To Talk About You
   I Wished On The Moon
   I Wish I Knew
   I Wonder Who's Kissing Her Now


J    (24) + 6 = 30  [Wiki=24, BOT=14, NIA=10, NIW=6, Total =30]
     Ja-Da
    Jazz Me Blues, The
    Jeepers Creepers
    Jeep Is Jumpin'(*NIA)
    Jersey Bounce
    Jim(*NIA)
    Jingle Bells(*NIA)
    Jitterbug Waltz, The
    Jive At Five(*NIA)
    Johnny Come Lately(*NIA)

    Jordu
    Joy Spring
    Joy(*NIA)
    Jump, Jive an' Wail(*NIA)
    Jumpin' At the Woodside
    Jumpin' with Symphony Sid(*NIA)
    Just A-Sittin' and A-Rockin'(*NIA)
    Just a Closer Walk with Thee(*NIA)
    Just a Gigolo(*NIA)
    Just in Time


     Just Friends
    Just One of Those Things
    Just Squeeze Me (But Please Don't Tease Me)
    Just You, Just Me

-------------------
   Jazz' N Samba
   Jeru
   Jive Samba
   Johnny One Note
   Joker, The
   Jubilation


K   (6) +1 = 7   [Wiki=6, BOT=4, NIA=2, NIW=1, Total=7]
    Kansas City
    Keepin' Out of Mischief Now(*NIA)
    Killer Joe
    King Porter Stomp
    Kiss Me Much)*NIA)
    Ko-Ko

------------------------
    Kiss Me Again

(50) + 19 = 69     [Wiki=50, BOT=28, NIA=22, NIW=19, Total=69]
    La Vie en rose(*NIA)
    Lady Be Good, Oh
    Ladybird
    Lady Is a Tramp, The
    Lament
    Lamp Is Low, The (*NIA)
    Last Night When We Were Young
    Last Recordings(*NIA)
    Laura
    Lazy Afternoon

    Lazy River, Up A (*NIA)
    Lester Leaps In(*NIA)
    Let's Face the Music and Dance(*NIA)
    Let's Fall in Love
    Let It Snow(*NIA)
    Let Me Off Uptown(*NIA)
    Let's Call the Whole Thing Off(*NIA)
    Let's Dance(*NIA)
    Like Someone in Love(*NIA)
    Limehouse Blues

    Linger Awhile
    Linus and Lucy(*NIA)
    Li'l Darlin'(*NIA)
    Li'l Liza Jane(*NIA)
    Little Girl Blue
    Little White Lies
    Liza (All the Clouds'll Roll Away)
    Lonely Woman
    Lonesome Road(*NIA)
    Long Ago (and Far Away)

    Look for the Silver Lining
    Look of Love, The(*NIA)
    Lost in the Stars(*NIA)
    Lotus Blossom(*NIA)
    Louise
    Love Dance(*NIA)
    Love for Sale
    Love Is Here to Stay
    Love Is Just Around the Corner
    Loveless Love(*NIA)

    Love Letters
    Love Me or Leave Me
    Love Theme from The Sandpiper(*NIA)
    Love Walked In
    Love You Madly(*NIA)
    Lover
    Lover, Come Back to Me
    Lover Man (Oh, Where Can You Be?)
    Lullaby of Birdland
    Lush Life

------------------
    Lady Sings The Blues
    Last Time I Saw Paris
    Lazy River
    Lazy Bird
    Left Alone
    Let Me Call You Sweetheart
    Let's Get Away From It All
    Like Someone In Love
    Like Sonny
    Li'l Darlin'
    Line For Lyons
    Little Brown Jug
    Lot Of Livin' To Do, A
    L-O-V-E
    Love Is a Many Splendored Thing
    Lucky To Be Me
    Lullaby In Ragtime
    Lullaby Of Broadway
    Lullaby Of The Leaves


M    (27) + 44 = 71    [Wiki=27, BOT= 18, NIA=9, NIW=44, Total=71]
    Mack the Knife
    Mahjong(*NIA)
    Maiden Voyage
    Man I Love, The
    Margie(*NIA)
    Mean to Me
    Memories of You
    Memphis Blues, The(*NIA)
    Mercy, Mercy, Mercy
    Mi Burrito(*NIA)

    Michelle(*NIA)
    Milestones
    Minor Swing(*NIA)
    Mississippi Mud(*NIA)
    Misty(*NIA)
    Moanin' Low
    Moment's Notice
    Mood Indigo
    Moody's Mood for Love(*NIA)
    Moonglow

    Moon River
    Moose the Mooche
    More Than You Know
    Muskrat Ramble(*NIA)
    My Foolish Heart
    My Funny Valentine
    My Romance

------------------
   Mad About The Boy
   Make Believe
   Make Someone Happy
   Makin' Woopee
   Mame
   Manhattan
   Manteca
   Maple Leaf Rag
   Mas Que Nada
   Maybe
   Maybe You'll Be There
   Midnight Sun Will Never Set, The
   Miles Ahead
   Mine
   Miss Ann
   Miss Brown To You
   Misterioso
   Mr. Wonderful
   Moanin'
   Mona Lisa
   Monk's Mood
   Moonlight Becomes You
   Moonlight In Vermont
   Moonlight Serenade
   More I See You, The
   Most Beautiful Girls In The World, The
   More
   Mr. P.C.
   My Blue Heaven
   My Buddy
   My Connection
   My Favorite Things
   My Future Just Passed
   My Heart Belongs to Daddy
   My Heart Stood Still
   My Ideal
   My Man's Gone Now
   My Melancholy Baby
   My Monday Date
   My Old Flame
   My One And Only Love
   My Reverie
   My Shinning Hour
   My Ship


N    (16) + 12 = 28     [Wiki=16, BOT=10, NIA=6, NIW=12, Total=27]
    Nagasaki(*NIA)
    Naima
    Nancy (With the Laughing Face)
    Nature Boy(*NIA)
    Nearness of You, The
    Nem Um Talvez(*NIA)
    New Orleans(*NIA)
    Nightingale Sang in Berkeley Square, A
    Nica's Dream
    Night and Day

    Night Train
    The Night Has a Thousand Eyes, The
    A Night in Tunisia
    Nobody Else But Me(*NIA)
    Now's the Time
    Nuages(*NIA)

--------------------------------------
     Nardis
    Nefertiti
    Nevertheless
    New York New York
    Nice Work If You Can Get It
    Nights At The Turntable
    Night We Called It a Day, The
    No Blues
    No Moe
    No More Blues(Chega De Saudade)
    No Problem
    Now's The Time


O   (11) + 14 =25   [Wiki=11, BOT=10, NIA=1, NIW=14, Total=25]
    Oh, Lady Be Good!→Lady Be Good
    Oleo
    On Green Dolphin Street
    On the Sunny Side of the Street
    Once in a While
    One Morning in May(*NIA)
    One O'Clock Jump
    Opus de Funk
    Ornithology
    Our Delight
    Out of Nowhere
    Over the Rainbow

-----------------------------------
    Off Minor
    Old Devil Moon
    Old Folks
    Ol' Man River
    On A Clear Day
    On A Slowboat To China
    One Finger Snap
    One For Helen
    One For My Baby
    One I Love Belongs To Somebody Else, The
    On The Street Where You Live
    Opus One
    Out Of My Dreams
    Out Of This World


P   (7) +17 =24    [Wiki=7, BOT=4, NIA=3, NIW=17, Total=24]
    Peace Piece(*NIA)
    Pennies from Heaven
    Perdido
    Petite Fleur(*NIA)
    Polka Dots and Moonbeams
    Prelude to a Kiss
    P.S. I Love You(*NIA)

---------------------------------
    Parapluies De Cherbourg, Les(I'll Wait For You)
    Parisian Thoroughfare
    Party's Over, The
    Paul's Pal
    People
    People Will Say We're In Love
    Peri's Scope
    Please be Kind
    Please Don't Talk About Me When I'm Gone
    Poinciana
    Poor Butterfly
    Poor Little Rich Girl
    Preacher, The
    Prisoner, The
    Prisoner Of Love
    Promise, The


R   (6) + 15 = 21   [Wiki=6, BOT=4, NIA=2, NIW=15, Total=21]
    Riverboat Shuffle(*NIA)
    Rockin' Chair
    Rocks in My Bed(*NIA)
    Rose Room
    'Round Midnight
    Royal Garden Blues

----------------------------------
    Raincheck
    Recado Bossa Nova(The Gift!)
    Red Roses For a Blue Lady
    Red Sails In The Sunset
    Relaxin' At The Camarillo
    Riot
    Robin's Nest
    Rock-A-Bye Your Baby With A Dixie Melody
    Rosalie
    Rose Tattoo, The
    Rosetta
    Rout 66!
    Ruby
    Ruyby My Dear
    Runnin' Wild


S    (45) +60 = 105    [Wiki=45, BOT=33, NIA=12, NIW=60, Total=105]
    'S Wonderful
    Salt Peanuts
    Satin Doll
    Scrapple from the Apple
    See See Rider(*NIA)
    September Song
    Send in the Clowns(*NIA)
    The Sheik of Araby
    Since I Fell for You
    Sing for Your Supper(*NIA)

    Sing, Sing, Sing (With a Swing)
    Sleepin' Bee, A
    Smoke Gets in Your Eyes
    Softly, as in a Morning Sunrise
    Solar
    Solitude(I My)
    Somebody Loves Me
    Some Day My Prince Will Come
    Some of These Days(*NIA)
    Someday Sweetheart

    Someone to Watch Over Me
    Something to Live For(*NIA)
    Sophisticated Lady
    So What
    Spain(*NIA)
    Speak Low
    Spring Can Really Hang You Up The Most(*NIA)
    Squeeze Me(*NIA)
    St. James Infirmary(*NIA)
    St. Louis Blues

    St. Thomas
    Stairway to the Stars(*NIA)
    Stardust
    Stars Fell on Alabama
    Stella by Starlight
    Stolen Moments(*NIA)
    Stompin' at the Savoy
    Stormy Weather
    Straight, No Chaser
    Strange Fruit

    Sugar(*NIA)
    Summertime
    Surrey with the Fringe on Top, The
    Sweet Georgia Brown
    Sweet Lorraine

--------------------------------------------
    Samba De Orfeu
    Second Time Around, The
    Secret Love
    Send In The Clowns
    Sentimental Journey
    September In The Rain
    Serenade In Blue
    Seven Come Eleven
    Seven Steps to Heaven
    Shadow Of Your Smile, The

    Shanghai Lil
    She's Funny That Way
    S-H-I-N-E
    Side By Side
    Sidewinder, The
    Singin' In The Rain
    Singin' The Blues
    Sister Sadie
    Skylark
    Sleep

    Sleepy Time Gal
    Sly
    Smile
    Smiles
    Soft Shoe
    So In Love
    So Long, Dearie
    Some Other Spring
    Some Sunday Morning
    Sometimes I'm Happy

    Song For My Father
    Song Is You, The
    So Nice(Summer Samba)
    Soon
    Sorcerer, The
    So Nice(Summer Samba)
    Soon
    Sorcerer, The
    Soul Eyes
    Soultrane

    South Of The Border
    Speak Like A Child
    S'posin'
    Spring Is Here
    Spring Will Be A Little Late This Year
    Stablemates
    Stairway To The Stars
    Star Eyes
    Stockholm Sweetnin'
    Stranger In Paradise

    Stranger In The Night
    Strike Up The Band
    String of Pearls, A
    Sugar Blues
    Sunny
    Swanee
    Sweet And lovely
    Sweethearts On Parade
    Sweet Sue-Just You
    Swinging On A Star


T   (21) + 39 = 60   [Wiki=21, BOT=13, NIA=8, NIW=39, Total=60]
    Take Five
    Take the "A" Train
    Tea for Two
    Tenderly
    That's All(*NIA)
    That's a Plenty
    There's a Small Hotel(*NIA)
    There Is No Greater Love
    There Must Be Somebody Else(*NIA)
    These Foolish Things (Remind Me of You)

    There Will Never Be Another You
    They Can't Take That Away from Me
    They Didn't Believe Me(*NIA)
    Things Ain't What They Used to Be
    The Things We Did Last Summer(*NIA)
    The Trolley Song(*NIA)
    Tiger Rag
    Till There Was You(*NIA)
    Tin Roof Blues
    Twelfth Street Rag
    Two Lonely People< The(*NIA)

------------------------------------------
    Taking a Chance On Love
    Tangerine
    Taste Of Honey, A
    Teach Me Tonight
    Teapot
    Tell Me a Bedtime Story
    Temptation
    Tempus Fugit
    That Certain Feeling
    That Old Black Magic

    That Old Feeling
    Them There Eyes
    Thinking Of You
    This Can't Be Love
    This Could Be The Start Of Something Big
    This Is New
    This Love Of Mine
    Thou Swell
    Three Little Words
    Thrill Is Gone, The

    Till
    Till The End Of Time
    Till We Meet Again
    Time After Time
    This Autumn
    Together
    Too Close For Comfort
    Too Late Now
    Too Marvelous For Words
    Too Young

    Trav'lin' Light
    Trouble In Mind
    Trouble Is a Man
    Trust In Me
    Try a Little Tenderness
    Tune Up
    Tuxedo Junction
    Two Bass Hit
    Two Degrees East, Three Degrees West


  0 + 2 =2   [Wiki=0, NIW=2, Total=2]
--------------------------
   Undecided
   Unforgetable


V    (1) + 2 = 3   [Wiki=1, NIW=2, Total=3]
    Viper's Drag
-------------------
   Very Thought Of You, The
   Violets For Your Furs


W    (30) + 31 = 61   [Wiki=30, BOT=18, NIA=12, NIW=31, Total=61]
    Wabash Blues(*NIA)
    Walkin' Shoes
    Waltz for Debby
    Watermelon Man
    Wave
    Way Down Yonder In New Orleans(*NIA)
    Way You Look Tonight, The
    Weary Blues
    Well, You Needn't
    What a Little Moonlight Can Do

    What A Wonderful World(*NIA)
    Whatever Lola Wants(*NIA)
    What Is This Thing Called Love?
    What's New?
    When It's Sleepy Time Down South(*NIA)
    When My Sugar Walks Down the Street(*NIA)
    When You Wish Upon a Star
    When Your Lover Has Gone
    When You're Smiling
    When The Saints Go Marching In

    Whispering
    Why Don't You Do Right?(*NIA)
    Wild Women Don't Have the Blues(*NIA)
    Willow Weep for Me
    Witchcraft(*NIA)
    Wolverine Blues
    Won't You Come Home Bill Bailey(*NIA)
    Woodchopper's Ball(*NIA)
    Woody N' You(*NIA)
    World Is Waiting for the Sunrise, The

-------------------------------------------
    Walkin'
    Walkin' My Baby Back Home
    Watch What Happens
    Way We Were, The
    We Belong Together
    We Kiss In a Shadow
    West End Blues
    What Are You Doing The Rest Of Your Life?
    What Kind Of Fool Am I
    What's Going On?

    What The World Needs Now Is Love
    When I Fall In Love
    When I Grow Old To Dream
    When Lights Are Low
    When Sunny Gets Blue
    When You And I Were Young Maggie
    Where Are You
    Where Or When
    Whisper Not
    Who Can I Turn To?

    Who Cares?
    Who's Sorry Now?
    Why Was I Born?
    Will You Still Be Mine?
    Winter Wonderland
    Witchcraft
    With a Song In My Heart
    Without a Song
    Wives And Lovers
    Woody'n You
    Work Song


Y (6) +15 = 21   [Wiki=6, BOT=5, NIA=1, NIW=14, Total=20]
    Yardbird Suite
    Yesterdays
    You and the Night and the Music
    You Don't Know What Love Is
    You Go to My Head
    Young and Foolish(*NIA)

--------------------
    Yes or No
    Yes Sir, That's My Baby
    You Are Too Beautiful
    You'd Be So Nice To Come Home To
    You Do Something To Me
    You Leave Me Breathless
    You'll Never know
    Younger Than Springtime
    You're Driving Me Crazy!
    You're Mine, You!
    You're My Everything
    You're The Top
    You Stepped Out Of a Dream
    You Took Advantage Of Me


Z   (2)      [Wiki=2, NIA=2, Total=2]
    Zing! Went the Strings of My Heart(*NIA)
    Zip-a-Dee-Doo-Dah(*NIA)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

♪「ジャズ・スタンダード」(Jazz Standards)とは何か(その2) ― その関係で、Great American Songbook(グレイト・アメリカン・ソングブック、「アメリカ傑作歌曲集」の意)とは何か。

 2013.7.5
 前回記事(2013.6.28)の続編である。
   「いずれ、内容をもっと膨らませよう」、と述べていたのだが、うん、だから、約束に添って膨らませる材料を用意したのだが、その量が多く、そこに埋め込むと記事ボリュームがでかくなりすぎるという事態になってしまった。そこで、独立させることにした。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 さて、仕切り直して、「ジャズ・スタンダード」(*1)とは何か。
 「ジャズ・スタンダード」、英語で"Jazz Standard(s)"とは、「ジャズのスタンダード曲」を意味するのだが、では、その「ジャズ・スタンダード曲」とはどういうものか。
 「ジャズ」音楽の分野で、「よく演奏される曲」、「定番曲」、「よく耳にする曲」、「よく知られている曲」、などなど、なんとなく分かるような気がするが、「では、この曲はスタンダード曲なのか、違うのか」と問われた場合に、明確にイエス、ノーが答えられるのだろうか。
 イエスだとすれば、その基準は何か、その定義は何か。
 このことについて考えてみる。

*1.ここでの、「ジャズ・スタンダード」という日本語表記は、「ジャズ畑でスタンダード曲として一般的に認知されてい る曲」という意味のことばであり――「スタンダード」の概念こそが問題なわけだが、それは後廻し、後述するところに委ねるとして――、その単数形"Jazz Standard"と複数形"Jazz Standards"の両方を表わすものとして使用している。さらには、"Standars"、"Standard"という語を「ジャズ・スタンダード」という日本語で表わすこともある。
 同時に、日本語側では、「ジャズ・スタンダード」を単に「スタンダード」と表わすことがあり、「ジャズ・スタンダード曲」、「スタンダード曲」と「曲」、それは、ほとんどの場合「歌」であるが、それを付けて表わすこともある。

 なお、「ロックのスタンダード(曲)」、「カントリーのスタンダード(曲)」、「ハワイアンの...」、「シャンソンの...」という用法ないし概念も当然存在するであろうが、音楽的な脈絡での話題において、枕詞なしで単に「スタンダード」という場合、一般的に、それは「ジャズの」スタンダード曲を指していることが多い。


一、Jazz Standard(s)/ジャズ・スタンダード(ジャズ・スタンダード曲)とは何か。
 それは、丁寧な言い方をすれば、上の脚注1で述べたように、「ジャズ畑でスタンダード曲として一般的に認知されている曲」ということであるが、では、「どれとどれがそれに当たるのか」、くどいようだが、先に述べたように、
――「では、この曲はスタンダード曲なのか、違うのか」と問われた場合に、明確にイエス、ノーが答えられるのだろうか。イエスだとすれば、その基準は何か、その定義は何か――

 問いに対する答えは、英語版Wikipediaの説明文で言い尽くされていると考えるので、それを掲げる。
  翻訳文は当ブログ主の独自翻訳によるものである(場合により多少「手抜き」しているところがある)。記事末尾に英語原文を掲げておく(脚注番号、webページリンクを削ったもの)。なお、Wikipedia記事であるから、全面的に引用/転載しても許されるであろう。

Wikipediaの記述                     
[ジャズ・スタンダード]
 Jazz Standards(ジャズのスタンダード曲)とは、ジャズ・ミュジシャンたちの演奏レパートリーのなかで、一定の観点から重要なものとして認識され分類される一群の音楽作品のことである。その観点は、次のとおり。
 ①ジャズ・ミュジシャンに広く知られており、
 ②ミュジシャンによって頻繁に演奏され、
 ③レコード化実績が多く、
  かつ、
 ④聴衆によく知られている。

 ジャズ・スタンダード(曲)とはコレコレだとして明確に定義づけられたリストは存在しない。さらには、スタンダードであるとみなされる曲は、時代に連れて変化する。
 しかし、主要なポピュラーソング楽譜集に収録されている曲であるかどうかということと、参考書などジャズ関連著作によって、スタンダード曲とみなされるかどうかということについて、およその指針が導かれる。

 ジャズ・スタンダードは、必ずしもジャズ作曲家の手によるものに限られるというわけではない。
 その多くは、ティン・パン・アレイ(Tin Pan Alley)生れのポピュラーソング、ブロードウェイ劇の劇中曲、ハリウッド・ミュージカル映画曲という起源のものである。すなわち、いわゆるGreat American Songbook(グレート・アメリカン・ソング・ブック/アメリカ傑作歌曲集)として認識される曲である。
 一般的に取り上げられて演奏される曲であっても、ジャズ・ミュジシャンたちのあいだで広く演奏されるものでなければ、ジャズ・スタンダードではない。
 ジャズ・スタンダード曲は、ブルースやポピュラー音楽(pop)のスタンダード曲とある程度重なる。

  1930年代から20年のあいだ(20年間)、過去の録音回数の最も多いジャズスタンダードは、W. C. Handy(WCハンディ)のSt. Louis Blues(セントルイス・ブルース)であった。その後Hoagy Carmichael(ホーギー・カーマイケル)作曲のStardust(スターダスト)がとって代わり、今日では、Johnny Green(ジョニー・グリーン)作曲のBody and Soul となっている。ジャズ・ミュジシャンの作曲によるスタンダード曲で録音回数の最多のものはThelonious Monk(セロニアス・モンク)のRound Midnight(ラウンド・ミッドナイト)である。

◆1920年前
  20世紀に入った時点では、ジャズ(jazz)はダンスのための音楽であると意図されていた。そのことから、初期のジャズ・グループが演奏材料としてとりあげた曲 の選定は、この線に沿うことになる。
 キング・オリバーのクレオール・ジャズバンド(King Oliver's Creole Jazz Band)、ニューオリンズ・リズム・キング(New Orleans Rhythm King)といったバンドは、ティン・パン・アレイ(Tin Pan Alley、マンハッタンの、楽譜出版社が密集していた一画の昔の呼称)の流行歌をレパートリーにいっぱい取り込んでいたし、レコード会社は、多くの場合、影響力を行使して、契約アーティストたちにこれこれの曲を 録音しろと圧力をかけた。

 レコード会社役員その他、吹き込みについての有力者が後押ししたおかげで特定の曲が急激にスタンダード地位を 取得するということもあった。このことは1917年に最初のジャズ録音が行われたときから始まった。すなわち、オリジナル・デキシーランド・ジャズバンド (Original Dixieland Jass Band)によるDarktown Strutters Ball(ダークタウン・ストラッターズ・ボール)とIndiana(インディアナ)の吹き込みである。
 初期ジャズバンドの音楽は、当初は単に「ジャズ」(Jazz)と呼ばれていたが、今日ではデキシーランド・ジャズ(Dixieland Jazz)、ニューオリンズ・ジャズ(New Prleans Jazz)などと呼んで、その後の下位ジャンル(支流)と区別するのが一般である。

  ジャズの起源は20世紀初頭のニュ-オリンズの音楽伝統、すなわち、ブラスバンド音楽、ブルース、ラグタイム(Ragtime)、ニグロ・スピリチュアル (黒人霊歌)といったものに求められる。よく知られている初期スタンダード曲には、こういう流れから来ているものがある。
 Twelfth Street Rag(12番街のラグ)やTiger Rag(タイガーラグ)というラグタイム曲はジャズアーティストによく知られている。ブルース曲のSt. Louis Blues(セントルイス・ブルース)、St. James Infermary(セントジェームス病院)も然り。
 
 ティン・パン・アレイの作詞/作曲者たちもジャズ・スタンダード曲レパートリーに貢献している。インディアナやAfter You've Gone(アフター・ユーブ・ゴーン、君去りし後)などがその例である。
  Some of These Days(サム・オブ・ジーズ・デイズ/「いつか後悔するぜ」の意)やDarktown Strutters' Ball"(ダークタウン・ストラッターズ・ボール)など、ボードビル芸人がもたらしたものもある。
  この時期に最も頻繁に吹きこまれたのは、W. C.ハンディのセントルイス・ブルース、Turner Layton/Henry Creamerによる アフター・ユーブ・ゴーン(君去りし後)、James Hanley/Ballard MacDonaldによるインディアナである。

◆1920年代
 アメリカ合衆国においてJazz Age(ジャズ時代)として知られる時代は、1920年代に始まった。ジャズというものが、国内での人気音楽になった。ただし、年配層には、不道徳な音楽であり旧来からの文化価値への脅威である、と捕えられていた。
 チャールストン(Charleston)やブラックボトム(Black Bottom)など、ダンスというものがこの時代に非常に盛んになり、ジャズバンドは、一般的に7人から12人編成であった。

 ニューヨークでの重要な楽団としては、Fletcher Henderson(フレッチャー・ヘンダーソン)、Paul Whiteman(ポール・ホワイトマン)、Duke Ellington(デューク・エリントン)などがあった。 
  1910年代後半から、大勢のニューオリンズ・ジャズマンたちが仕事を求めてシカゴに移動した。New Orleans Rhythm Kings(ニューオリンズ・リズム・キングズ)、King Oliver's Creole Jazz Band(キング・オリバーズ・クレオール・ジャズバンド)、Jelly Roll Morton(ジェリー・ロール・モートン)などがこの都市で吹き込みを行った。
 しかし、ジャズの中心地としてのシカゴの重要性は、1920年代の終了に向けて、凋落し続け、ニューヨークにその座を渡すようになる。

  ジャズ初期時代、レコード会社は、どの曲を吹き込むか、自分たちで決めたがった。1920年代の人気曲は、Sweet Georgia Brown(スイート・ジョージア・ブラウン)、Dinah(ダイナ)、 Bye Bye Blackbird(バイ・バイ・ブラックバード)などのポピュラー音楽のヒット曲であった。
 曲の選択について自主裁量権を最初に勝ち取ったのは、ルイ・アームストロングであった。ルイのバンドは1920、30年代の初期スタンダード曲を世に流行らせるうえで大きく貢献した。

 ジャズ・アーティストの手による曲がスタンダードになることもある。Fats Waller(ファッツ・ワーラー)のHoneysuckle Rose(ハニーサックル・ローズ) 、Ain't Misbehavin(浮気は止めた)などがそれである。
 1920年代に最も吹き込み回数が多かったのはHoagy Carmichael(ホーギー・カーマイケル)作曲Mitchell Parish(ミッチェル・パリッシュ)作詞のStardust(スターダスト、星くず)である。

  1920年代のブロードウェイ作曲者の手による曲がスタンダードになっている例としては、George and Ira Gershwin(ガーシュイン兄弟、ジョージ・ガーシュイン作曲アイラ・ガーシュイン作詞)によるThe Man I Love(ザ・マン・アイラブ) (1924)、 Irving Berlin'(アービング・バーリン)のBlue Skies(ブルースカイ、1927)、Cole Porter(コール・ポーター)作詞作曲のWhat Is This Thing Called Love?(恋とは何でしょう、1929)などがある。
 しかし、ブロードウェイ曲の持つ和声と旋律面での洗練性にミュジシャン達が追いついてレパートリーに取り込むようになるのは、1930年代後半になってからのことであった。

◆1930年代
 ブロードウェイ劇場は、1930年代のスタンダード曲として最も知られたもののいくつかを送り出した。ガーシュイン兄 弟のSummertime(サマータイム、1935)、 Richard Rodgers and Lorenz Hart(リチャード・ロジャース/ロレンツ・ハートのコンビ)によるMy Funny Valentine (マイ・ファニー・バレンタイン、1937)、Jerome Kern and Oscar Hammerstein II(ジェローム・カーンン/オスカー・ハマースタインのコンビ)によるAll the Things You Are (オール・ザ・シングズ・ユーアー、1939)がその例である。
 時代は変遷しても、こういった曲は最多レコード化スタンダード曲順位において依然として高い地位を占めている。1930年代の最も著名なスタンダード曲、Body and Soul(ボディ・アンド・ソール)は、ブロードウェイ劇で世に出た曲だが、1939年のColeman Hawkins( コールマン・ホーキンス)の吹き込みによって猛烈にヒットした。

  1930年代には、スイング・ジャズ(swing jazz)がアメリカ音楽の支配的な地位を占めるようになった。
  デューク・エリントン(Duke Ellington)とバンドのメンバーたちは、スイング時代のヒット曲をいっぱい作り、そのうち多くのものが後々スタンダード曲になった。"It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing) (イット・ドント・ミーンズ・ア・シング、スイングしなけりゃ意味がない、1932)、Sophisticated Lady(ソフィスティケイティッド・レイディ、1933)、Caravan(キャラバン、1936)などがある。
 他に、この時代の影響力の強いバンドリーダーとして、Benny Goodman(ベニー・グッドマン)やCount Basie(カウントベイシー)がいる。

◆1940年代
 スイング時代は1940年代半ばまで続き、デューク・エリントンの"Cotton Tail(コットンテイル、1940) 、Billy Strayhorn'(ビリー・ストレイホーン)のTake the 'A' Train (テイク・ジ・Aトレイン/A列車で行こう、1941)といった人気曲を生みだした。第二次世界大戦が起きてビッグバンドは経営難に陥り、小編成グループ の比重が重くなり始めた。Louis Jordan(ルイ・ジョーダン)など、スイング時代のミュジッシャンのなかには、後年、"rhythm and blues"(リズム・アンド・ブルース)という新種音楽に人気性要素を見出し、それを融合的に取り入れていった者がいる。そういった音楽は、1950年代にロックンロールに発展していった。

 1940年代初期にCharlie Parker(チャーリー・パーカー)、Dizzy Gillespie(ディジー・ガレスピ―)、Thelonious Monk(セロニアウス・モンク)らの主導によってビバップ(bebop)が台頭してくる。専門的嗜好を有するような特定聴衆層には、それまでのジャズ形式よりもこちらの方が魅力的に映った。ビバップは、複雑で洗練された和声と速いテンポという要素を持つものであったが、それに加えて、往々にして楽器奏法についての超絶テク ニックをも伴うものであったからである。
 ビバップ・ミュジシャン達は、レパートリーの一部として1930年代のスタンダード、特にブロードウェイ・ミュジカルからのものを使用することが多かった。

  ビバップ・ミュジシャンの作曲によるスタンダードとしては、ガレスピーのSalt Peanuts(ソールト・ピーナツ、1941)、A Night in Tunisia (チュニジアの夜、1942)、パーカーのAnthropology (アンソロポロジー、1946)、Yardbird Suite (ヤードバード組曲、1946)、 Scrapple from the Apple (スクラップル・フロム・ジ・アップル、1947)、モンクの'Round Midnight (ラウンド・ミッドナイト、1944)がある。
 ラウンド・ミッドナイトは、現時点において、ジャズ・ミュジシャン作曲のもののなかで、吹き込み回数が最も多い曲である。

◆1950年代以降
 1950年代には、マイルス・デビスのKind of Blue(カインド・オブ・ブルー)のようなモーダル・ジャズ(モード・ジャズ)吹き込みが盛んになった。
  モーダル・ジャズのスタンダード曲として著名なものとしてはマイルスのAll Blues、 So What (共に1959)、John Coltrane(ジョン・コルトレーン)のImpressions (1963)、Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)のMaiden Voyage(処女航海、1965).がある。
 マイルスはその後、第2期の偉大なクイ ンテットで、それはサキソフォンにWayne Shorter(ウェイン・ショーター)、ピアノにHerbie Hancock(ハビー・ハンコック)を擁するものだが、このバンドで、1960年の半ばから末にかけて、非常に高い評判をとった一連のアルバムを出し た,
 これらのセッションからスタンダード曲になったものに、ショーターのFootprints (1966)やEddie Harris(エディ・ハリス)のFreedom Jazz Dance (1966)などがある。

  1950年の後半に、ブラジルで、ボサノバ(bossa nova)と呼ばれる新しい音楽が発展してきた。ブラジル風サンバとジャズが融合したものである。ボサノバの筆頭的アー ティストとして、Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)、Antonio Carlos Jobim(アントニオ・カルロス・ジョビン)、Luiz Bonfa(ルイス・ボンファ)などがいる。
 ジルベルトは Stan Getz(スタン・ゲッツ)とともに1963年のGetz/Gilbertoというアルバムでアメリカ中をボサノバで湧きかえらせた。このジャンルの曲で現在スタンダード曲とみなされているものに、ボンファのManha de Carnaval (カーニバルの朝、黒いオルフェ、1959)やMarcos Valle(マルコス・ヴァーリ)のSummer Samba (サマー・サンバ、1966)のほか、Desafinado (デサフィナード1959)、The Girl from Ipanema (イパネパの娘、1962)、Corcovado (コルコバド、1962)など、数多くのジョビンの曲がある。
  その後、Edu Lobo(エドゥ・ロボ)とEgberto Gismonti(エグベルト・ジスモンチ)が、Casa Forte、Frevo Rasgado、Loroといった曲でブラジルのジャズ・レパートリーに大きく貢献した。

  ジャズのフュージョン化(融合化)という現象が起きて、ジャズを他の音楽スタイルに融合させた。その最たるものはファンクとロックである。そのゴールデン・エイジ、最盛期は、1960年代後半から1970年代半ばであった。Weather Report(ウェザーリポート)、Chick Corea(チック・コリア)、Return to Forever(リターン・トゥ・フォーエヴァー)、Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)、The Headhunters(ザ・ヘッドハンターズ)、Mahavishnu Orchestra(マハヴィシュヌ・オーケストラ)といったフュージョン界のトップ・アーティストたちは、クロスオーバー人気を獲得した。しかし、このジャンルに対する大衆の人気は 1980年代の折り返し地点で薄れていった。
 フュージョンの最大ヒットとして、コリアのSpain(スペイン、1971)、ハンコックの Chameleon(カメレオン、1973)、Joe Zawinul(ジョー・ザヴィヌル)のBirdland(バードランド、1977)があり、これらの曲はその後、他のアーティストによって吹きこまれており、モダンジャズ・スタンダード曲とみなされている。

二、Great American Songbook(グレイト・アメリカン・ソングブック)とは、どいう「本」か。
■Wikipedia記事
[Great American Songbook]
 グレイト・アメリカン・ソングブック(「アメリカ傑作歌曲集」の意)は、20世紀のアメリカ・ポピュラーソングのうち、きわめて重要で、きわめて影響力の強い(有力な)ものはどれかという決定を下すうえでの基準(規範)、ないし、基準として示された曲集リストである。 (ブログ主「注」―"Songbook"とあるが、それは、実在する本ではなく架空の概念である)
 リストは、1920年から1950年にかけて現れた曲のうち、主としてブロードウェイ劇、ミュージカル、ハリウッド・ミュージカル映画からのものを対象に行われている。リストには、人気を持続し続けている曲がいっぱい含まれている(*2)。

*2.以前の記事では、「架空の概念である」と表現されていた。その後この表現を修正しているが、そのままの方がよかったのではないか。概念が把握しやすい。
[以前の記述]
  Great American Songbook(「アメリカ傑作歌曲集」の意)は、20世紀におけるアメリカ歌唱曲の傑作を表わそうとする架空の構成概念である。
 The Great American Songbook is a hypothetical construct that seeks to represent the best American songs of the 20th century
........

[定義]
American_popular_songs_3   1972年に、ソングライター兼音楽評論家のアレック・ワイルダー(Alec Wilder)は、"American Popular Song: The Great Innovators, 1900-1950"(「アメリカのポピュラーソング ― 代表的な革新的作曲者たち、1900-1950」)という「基準」(規範/標準)調査を行い
(誰がそれに該当するかという基準/規範/標準の調査研究)、Great American Songbook(アメリカ傑作歌曲集)基準に属すると思慮するアーティストのリストを発表した。同時に、相対的価値観点からの、自分なりの順位づけを行った。自ら作曲者であるので、ワイルダーは、作曲者選びと各自の創造的努力の分析に評価の重点を置いた。

ワイルダーは、次の6人については一章ずつ割り当てて記している。
   Jerome Kern(ジェローム・カーン)
    Irving Berlin(アービン・バーリン)
    George Gershwin(ジョージ・ガーシュイン)
    Richard Rodgers(リチャード・ロジャース)
    Cole Porter(コール・ポーター)
    Harold Arlen(ハロルド・アレン)

この人たちについては、二人で一章。
   Vincent Youmans(ビンセント・ヨーマンズ)
   Arthur Schwartz(アーサー・シュワルツ)

この人らは、三人で一章。
    Burton Lane(バートン・レーン)
    Hugh Martin(ヒュー・マーチン)
    Vernon Duke(バーノン・デューク)

「優れた職人」(Great Crafsmen)とみなすソングライターについて一章。
   Hoagy Carmichael(ホーギー・カーマイケル)
  Walter Donaldson(ウォルター・ドナルドソン)
  Harry Warren(ハリー・ウォーレン)
  Isham Jones(アイシャム・ジョーンズ)
  Jimmy McHugh(ジミー・マクヒュー)
  Duke Ellington(デユーク・エリントン)
  Fred Ahlert(フレッド・アルハート)
  Richard A. Whiting(リチャード A. ホワイティング)
  Ray Noble(レイ・ノーブル)
  John Green(ジョン・グリーン)
  Rube Bloom(ルーブ・ブルーム)
  Jimmy Van Heusen(ジミー・ヴァン・ヒューゼン)

 最後の章(
第11章?)は、67ページにわたるものである。
 「Outstanding Individual Songs: 1920 to 1950」(1920年から1950年までの個性的傑作歌曲)(*3) という表題になっている。
 前章までに触れた曲以外の曲で、ワイルダーが記憶すべきと考えるものを挙げている。

 さて、そういうことであるが、20世紀後半のソングライターたちがGreat American Songbook基準を充足するかどうか決定することは難しい。
 多くの者にとって、Great American Songbookの時代はロックンロールと共に終了した。ワイルダーは1950年で打ちきっている。ラジオ司会者でありGreat American Songbookの帰依者(
熱烈な信奉者)であるJonathan Schwartzは、回顧録において、この概念(Great American Songbook)のことを「アメリカの古典音楽」(America's classical music)と表現している。

*3."Individual"の意味が定かでない。「個性的な」としたが、次のようなことを表わしているのかもしれない。
  ・「個人的好みで選んだ」。
  ・作曲家の評価とセットで選んだものではなく、「個別に選んだ」。


◆作詞/作曲家たちと曲
  その者の作品がGreat American Songbookに該当する(
構成する、構成要素となる)とみなされるミュジシャンや作詞家の名を列挙することについて、定義的に決定的なものは存在しない。
しかし、以下に掲げる作詞/作曲家と曲は、一般的にそのリストに含まれると考えてよい。

Harold Arlen(ハロルド・アレン)
  [E.Y. Harburg]による作詞
  Over the Rainbow 、"It's Only a Paper Moon
  [Ted Koehler]による作詞
  I've Got the World on a String、I Gotta Right to Sing the Blues、Let's Fall in Love
  [Johnny Mercer]による作詞
  Blues in the Night、That Old Black Magic、One for My Baby、Come Rain or Come Shine、
   Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive、
  [Ira Gershwin」による作詞
  The Man that Got Away


Irving Berlin(アーヴィング・バーリン)
 Alexander's Ragtime Band、When I Lost You、How Deep Is the Ocean、God Bless America、White Christmas、Always、A Pretty Girl is Like a Melody、Blue Skies、Cheek to Cheek、Puttin' on the Ritz"、Let's Face the Music and Dance、There's No Business Like Show Business、I've Got My Love to Keep Me Warm 



Nacio Herb Brown(ナシオ・ハーブ・ブラウン)
 作詞家Arthur Freed
  "All I Do Is Dream of You", "Broadway Melody", "Pagan Love Song", "Paradise", "Singin' in the Rain", "Temptation", "You Stepped Out of a Dream", "You Were Meant for Me", "Good Morning"


Hoagy Carmichael(ホーギー・カーマイケル)
  "Stardust"、 "Georgia on My Mind"、"Lazy River"、"The Nearness of You"、"Skylark"


Walter Donaldson(ウォルター・ドナルドソン)
   ほとんがGus Kahnによる作詞
    "My Baby Just Cares For Me、My Blue Heaven、Love Me Or Leave Me、Carolina in the Morning、My Mammy、What Can I Say After I Say I'm Sorry?、Yes Sir, That's My Baby、Makin' Whoopee、You're Driving Me Crazy、Little White Lies、


Vernon Duke(バーノン・デューク)
   April In Paris、Autumn In New York、I Can't Get Started、Taking A Chance On Love


Duke Ellington(デューク・エリントン)
 "In a Sentimental Mood、It Don't Mean a Thing (If It Ain't Got That Swing)、Satin Doll (Billy Strayhornと共作)、Mood Indigo、Sophisticated Lady、Take the 'A' Train、I'm Beginning to See the Light


Sammy Fain(サミー・フェーン)
  I'll Be Seeing You、That Old Feeling、Love Is a Many-Splendored Thing、April Love、Tender is the Night


George and Ira Gershwin(ジョージ/アイラ・ガーシュイン兄弟)
Someone to Watch Over Me、'S Wonderful"、Summertime、A Foggy Day、But Not For Me、Embraceable You、I Got Rhythm、Fascinating Rhythm、The Man I Love、They Can't Take That Away from Me、Love Is Here to Stay、Strike Up the Band


Ray Henderson(レイ・ヘンダーソン)
 Bye Bye Blackbird、I'm Sitting On Top Of The World、The Birth of the Blues、The Thrill Is Gone、The Best Things In Life Are Free、Sonny Boy、You're the Cream in My Coffee


Herman Hupfeld(ハーマン・ハップフェルド)
  As Time Goes By、Let's Put Out the Lights (and Go to Sleep)


Bart Howard(バート・ハワード)
   Fly Me To the Moon


Isham Jones(アイシャム・ジョーンズ)
  Gus Kahn作詞  It Had to Be You、I'll See You in My Dreams


Jerome Kern(ジェローム・カーン)
  Dorothy Fields作詞
  A Fine Romance、Pick Yourself Up、The Way You Look Tonight
  Ira Gershwin作詞
   Long Ago (and Far Away)")
   Oscar Hammerstein II作詞
   All the Things You Are、The Folks Who Live On the Hill、Ol' Man River、The Song Is You
  Otto Harbach作詞
    Smoke Gets in Your Eyes、Yesterdays


Frank Loesser(フランク・ルーザー)
  If I Were A Bell、On A Slow Boat To China、Standing On The Corner、Baby, It's Cold Outside、 "Luck Be A Lady


Jimmy McHugh (ジミー・マクヒュー)
  I Can't Give You Anything But Love, Baby、I'm in the Mood for Love、Don't Blame Me、On the Sunny Side of the Street、Exactly Like You、It's a Most Unusual Day


Johnny Mercer(ジョニー・マーサー)
(作詞部門アカデミー賞4回受賞作詞家)
  On the Atchison、Topeka and the Santa Fe、In The Cool, Cool, Cool Of The Evening、
  Moon River(Henry Mancini共作)、Days of Wine and Roses
[作詞作曲];
   Dream、Something's Gotta Give、I Wanna Be Around、
[作詞]
  Midnight Sun、Day In, Day Out、Laura、I Remember You


Cole Porter(コール・ポーター)
 Night and Day、I've Got You Under My Skin、Begin the Beguine、Let's Do It、 Let's Fall in Love、What Is This Thing Called Love、Too Darn Hot、Love for Sale、You're the Top、Just One of Those Things、All of You、I Get a Kick Out of You、Ev'ry Time We Say Goodbye、In the Still of the Night、It's De-Lovely、My Heart Belongs to Daddy、I Concentrate on You、You'd Be So Nice to Come Home To、So in Love、Anything Goes、You Do Something to Me


Rodgers and Hart(ロジャース・ハート)
作曲家リチャード・ロジャース(Richard Rodgers, 1902-1979)と作詞家ロレンツ・ハート(Lorenz Hart, 1895-1943)の作詞作曲コンビ    
Photo_2                                              
(ロジャースとハート、1936年、ココから)
 Slaughter On 10th Avenue (ballet)、Bewitched、Bothered and Bewildered、With A Song In My Heart"、Falling In Love With Love、My Romance、Have You Met Miss Jones、My Funny Valentine、Blue Moon、Blue Room、I Could Write a Book、It's Easy To Remember、It Never Entered My Mind、Manhattan、The Lady Is a Tramp、Little Girl Blue、Mimi、My Heart Stood Still、pring Is Here、A Ship Without a Sail、Thou Swell、Lover、The Most Beautiful Girl In The World、I Didn't Know What Time It Was、Isn't It Romantic?、Where or When、Glad to Be Unhappy、You Took Advantage of Me、This Can't Be Love、Mountain Greenery


Rodgers and Hammerstein(ロジャース・アンド・ハマースタイン)
Photo  リチャード・ロジャース、1902 - 1979)とOscar Hammerstein II(オスカーハマースタインII ,1895 - 1960)は、著名な作詞作曲二人組である。通常、ロジャース・アンド・ハマースタインと呼ばれる。二人は1940、50年代、ブロードウェイ・ミュージカルのゴールデンエイジと呼ばれる時期に、一連の人気曲を生みだした。ロジャースの作曲ハマースタインの作詞による作品のなかで、5本の劇、すなわちOklahoma!(オクラホマ!)、 Carousel(回転木馬)、South Pacific(南太平洋)、The King and I(王様と私)、The Sound of Music(ザ・サウンド・オブ・ミュジック)は傑出した成功であった。二人によるショウ(およびその映画版)が獲得した称賛は枚挙にいとまがないが、その代表的なものを挙げると、トニー(Tony Awards)34回、アカデミー賞15回、ピューリツァ賞、グラミー賞2回を受賞している。

      [↑画像、ロジャース(左)とハマースタイン(右)がアービング・バーリン(中)、Helen Tamiris(後列)と共にオーディションを見る。セント・ジェイムス劇場(St. James Theatre、1948年。ココから]

You'll Never Walk Alone、Hello, Young Lovers、Younger Than Springtime、Oh What a Beautiful Mornin'、People Will Say We're in Love、It Might as Well Be Spring、If I Loved You、Happy Talk、 Some Enchanted Evening、The Surrey With The Fringe On Top、I Have Dreamed、Shall We Dance?、 My Favorite Things、Something Wonderful、Climb Every Mountain、Edelweiss、I Enjoy Being A Gir、The Sound Of Music、A Wonderful Guy"
                     
Rodgers (left) and Hammerstein (right), with Irving Berlin (middle) and Helen Tamiris, watching auditions at the St. James Theatre in 1948


Harry Ruby and Bert Kalmar (ハリー・ルビーとバートカルマ―)
  Who's Sorry Now?、Thinking of You、I Wanna Be Loved by You、Three Little Words、 Nevertheless、A Kiss to Build a Dream On


Arthur Schwartz and Howard Dietz(アーサー・シュワルツ、ハワード・ディエッツ)
 Dancing in the Dark、You and the Night and the Music、I Guess I'll Have to Change My Plan、Alone Together、Haunted Heart、That's Entertainment!


Jule Styne(ジュール・スタイン)
  Time After Time、Guess I'll Hang My Tears Out to Dry、I Fall In Love Too Easily、
Diamonds Are a Girl's Best Friend、Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!、People、Don't Rain on My Parade、Just In Time、Saturday Night (Is the Loneliest Night of the Week


Jimmy Van Heusen(ジミー・バン・ヒューセン)
   [ほとんどが、作詞家Johnny BurkeまたはSammy Cahnとのコンビ]  
All the Way、Swinging on a Star、Darn That Dream、Polka Dots and Moonbeams、But Beautiful、 Come Fly with Me、Imagination、Like Someone in Love、Call Me Irresponsible、I Thought About You、Here's That Rainy Day、It Could Happen To You、Love Is The Tender Trap、Ain't That a Kick in the Head


Harry Warren(ハリー・ウォーレン)
 At Last、There Will Never Be Another You、An Affair To Remember、I Had The Craziest Dream、 The More I See You、Forty-Second Street、Boulevard Of Broken Dreams、Lullaby of Broadway、 You're Getting to Be a Habit with Me、I Only Have Eyes For You、This Is Always、Jeepers Creepers、You Must Have Been A Beautiful Baby、September In The Rain、Lulu's Back In Town、 You're My Everything、Chattanooga Choo Choo、On the Atchison、Topeka and the Santa Fe、This Heart of Mine、You'll Never Know、My Dream Is Yours、I Wish I Knew、Serenade In Blue、 Nagasaki(I've Got a Gal In) Kalamazoo、That's Amore、Innamorata


Richard Whiting(リチャード・ホワイティング)
  Till We Meet Again、The Japanese Sandman、Ain't We Got Fun、Hooray for Hollywood、 Beyond the Blue Horizon、On the Good Ship Lollipop、Too Marvelous for Words


Jack Yellen with Milton Ager
 (作詞ジャック・エーレン、作曲ミルトン・エイジャー)
  Ain't She Sweet、Happy Days Are Here Again、Big Bad Bill (Is Sweet William Now)、
Glad Rag Doll、Hard Hearted Hannah (The Vamp of Savannah)、Louisville Lou (That Vampin' Lady)、
 [作詞作曲、
ただし、作曲はLew Pollackと共同作曲]
 My Yiddishe Momme


Vincent Youmans(ビンセント・ユーマンズ))
  Tea For Two、Time On My Hands、More Than You Know、(The) Carioca、Sometimes I'm Happy、Without A Song、I Want to Be Happy


Victor Young(ビクター・ヤング)
  I Don't Stand a Ghost of a Chance with You、Stella by Starlight、Love Letters、My Foolish Heart、When I Fall in Love、Around the World

◆スタイルと構造
[スタイル]
 事の趣旨からして歌の題材(
作詞作曲の目的として設定される話題)とムード(情緒/情感面での状況設定)は相対的に狭い範囲のものに限定されることになるのであるが(訳者「注」、恋の歌、なかんずくトーチソングなどに)、そういうなかで、多くの曲では、Great American Songbook基準に該当する秀逸な作詞家たちは、ウイットに富んだ歌詞、洗練された歌詞を、からかっていると感じられるほど意表を突く「韻踏み」を添えて作る専門家である。
 ソングライターたちは、そういった歌詞に、記憶すべき印象的なメロディーを添える。メロディは、ペンタトニック
(5音音階)から――その例は"I Got Rhythm"のようなガーシュインの音楽にみられるが、そのようなものから、コールポーターの多くの曲にみられるような複雑なクロマティック、あるいは、精妙な和声学手法、その良い例はカーンの、らせん状の転調を駆使するAll the Things You Areであるが(見よ、この過去記事)、そういったものまで、千差万別である。

[構造]
 Great American Songbookの曲の多くは32小節形式のものである。その大多数はミュジカル用に作曲されたものであるが、そのなかには、導入部としてのバースを置いているものもある。
 コーラス部と区分されたバースは、音楽上の導入部であり、一般的にいうと、自由な音楽構造をもつ。すなわち、語りかけているようなリズム、ルバート(rubato、自由リズム)などである。
  区分バースは劇の現実的な周辺環境(状況設定)から歌の人工的な世界へ導くことを狙うものであり、多くの場合、その歌を書いた目的であるミュージカルのプロット(話の筋)に沿った内容の、プロットへの言及を含ませた歌詞を有している。

 歌そのものは通常32小節のAABAまたはABACであり、歌詞は、これまた通常は、普遍的な、特定の時代に限定しない状況設定とテーマを描くものである。その卑近な例は、「恋の変転」である。
 この、普遍性を大きく持たせるということによって、歌をショウに入れたり抜いたりすることや、別のショウで復活使用することが容易になる。

 区分された導入部バースを持つものとして書かれた歌には、ほとんど常にその導入部バース付きで演奏されるものがある。しかし、そのような区分導入部バースは、元来の劇や映画の脈絡で演奏される場合を除き、省略されることが多い。
 そのようなバースを唄うかどうかは、その歌の内容と、唄う人物との関係で決まる。例えば、フランクシナトラは、In Other Words(
*Fly Me To The Moon、フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)のレコーディングにおいてバース付きで唄ったことはないが、トニー.ベネットはそこを唄う。

[歌手]
[初期]
 1930年代以降大勢の歌手たちがGreat American Songbookの多くの部分を(該当する多くの歌を)舞台で唄ったりレコードに吹きこんだりしてきた。.
 エラ・フィッツジェラルドが1950年代にVerve社から出した「Songbook」シリーズは、人気の高い、影響力の強いものであるが、Songbookから252曲を収めている。

 早い時代におけるGreat American Songbookの通訳には(*
該当曲を意識的にとりあげて唄った歌手)には、他に次のような歌手たちがいる。

 Fred Astaire, Shirley Bassey, Tony Bennett, Pat Boone, June Christy, Rosemary Clooney, Nat "King" Cole, Barbara Cook, Perry Como, Bing Crosby, Vic Damone, Bobby Darin, Sammy Davis, Jr., Doris Day, Jo Stafford, Blossom Dearie, The Four Freshmen, Judy Garland, Eydie Gorme, Johnny Hartman, Billie Holiday, Al Jolson, Jack Jones, Cleo Laine, Frankie Laine, Steve Lawrence, Peggy Lee, Julie London, Dean Martin, Johnny Mathis, Carmen McRae, Helen Merrill, Wayne Newton, Dinah Shore, Bobby Short, Nina Simone, Frank Sinatra, Barbra Streisand
(特に初期の仕事), Mel Torm?, Sarah Vaughan, Dinah Washington, and Andy Williams.

[現代歌手]
 この数十年間、現代歌手がSongbookをとりあげて唄うというリバイバルが起きている。
 1970年には、リンゴ・スター(Ringo Starr)がSentimental Journey(センチメンタル・ジャーニー)というアルバムを出した。スタンダード曲を12曲収めたものであり、編曲は様々なミュジッシャンによっている。
 1973年には、グラミー賞受賞シンガーソングライターであるハリー・二ルソン(Harry Nilsson)が12曲の古典スタンダードを収めたアルバム、A Little Touch of Schmilsson n the Nightを出して、批評家かなどから良い評価を受けている。編曲はGordon Jenkinsである。
 このレコードは、収録曲をスタンダード18曲に増やして、1988年にCDで再発売された。
 
 同じく1973年に、Roxy Music殿堂入りのBryan FerryがThese Foolish Thingsというアルバムを出した。それに続いて、同じようなアルバムをいくつか出している。

  1978年には、カントリー歌手のWillie Nelson(ウイリー・ネルソン)が"Stardust"(スターダスト)という題の人気スタンダード集アルバムを出した。Hoagy Carmichael、George Gershwin、Irving Berlinといった有名な作曲者による曲を収録している。発売当時は売れ行きが危ぶまれたが、あにはからんや、当人のアルバムで最も長続きしているものになっている。

 1983年に、人気ロック歌手のLinda Ronstadt(リンダ・ロンシュタット)がWhat's New(
ウォッツ・ニュー)を出した。後に当人はスタンダード曲集アルバム3部作を完成させるに至るが、その最初のものである。
 ニューヨーク・タイムズのStephen Holdenは次のように書いている。

-----<<<"What's New"は、ロック歌手がポピュラー音楽の黄金時代に対して敬意を払って出すアルバムとして、初めてのものではない。しかし、そのようなもののなかで最良のものであり、1960年代にビートルマニア(Beatlemania、ビートルズ狂)や、ティーンエイジャー向けのロックLP大量販売によって追いやられていたポピュラー音楽の音楽性を復活させようとする試みのうえで、最も真剣なものである。
 ビートルズ狂に至る前10年間に、1940年代、50年代の有名バンドの歌手や低音流行歌手たちは、半世紀に及ぶアメリカ・ポピュラー音楽スタンダード曲を、自らの数十枚のアルバムに集大成することに努めてきたが、その多くは、久しく廃盤になっている>>>---


  1991年にNatalie Cole(ナタリー・コール)が"Unforgrtable…with Love"を出し、非常な成功を収めた。このアルバムは、
Unforgetable(アンフォアゲッタブル、曲名)をTop 40まで押し上げるに至った。その歌唱は父親、ナット「キング」コールとの仮装デュエットである。続いて、Take a Lookなどの後続アルバムを出したが、それも成功している。

  1980年代以降、Michael Feinstein、Harry Connick, Jr.、Michael Buble、Diana Krall、John Pizzarelli、Ann Hampton Callawayといった歌手たちは、自己の芸歴を通じてSongbookの曲をとりあげて唄い、人気を博している。
 世に受け入れられている。
 特にMichael Feinsteinは、1970年代以降、熱心な擁護者、保存図書館員、信仰復興推進者、遺産保存主義者となっている。

[その他の歌手]
 1980年以降、Songbookとは関係のないジャンルにおいて地位を確立している歌手たちがSongbookの歌を唄って成功するという例もみられるようになっている。
 Rod Stuart(ロッド・スチュアート)は、2002年を出発点として、Songbook曲を対象にした一連のスタジオ録音アルバム作りに専念してきている。実際に、「Great American Songbook」という表題を明確に打ち出している。"

 ロック畑やポピュラー音楽畑のアーティストでSongbook曲を扱っている者には、このほか次のような人々がいる。.
 Keith Richards、 Carly Simon、Bette Midler、Barry Manilow、Caetano Veloso、Pia Zadora、 Queen Latifah、Joni Mitchell、Boz Scaggs、Robbie Williams、Sting、Ray Reach、Pat Benatar、 Morrissey、Rufus Wainwright

 2012年には、ポール・マッカートニー卿(Sir Paul McCartney)がこのリストに身を連ねた。すなわち、Kisses on the Bottomというアルバムを出したのである(
見よ、この過去記事)
 2004年度のAmerican Idol番組で覇を競ったJohn Stevensもこのトレンドに身を置いている。
 Steve TyrellもGreat American Songbookの曲を唄うことによって、ソロ活動において成功を収めている。Tyrellが映画、Father of the Bride (1991)のために唄ったThe Way You Look Tonightは、その映画の主役スターSteve Martinの強い主張によって映画の中でも使用された。そのことがきっかけになって、TyrellはA New Standard、Standard Time、Bach to Bacharachといった後続アルバムを出している。

◆ラジオ
 イギリスのラジオ放送司会者Michael Parkinsonは、BBC Radio2の自分の番組において、このジャンルの音楽を流し続けた。番組名はParkinson's Sunday Supplementで、1996年から2007年まで続いた。

三、ジャズ・スタンダード曲リスト。
 A-Zリストを別稿として掲げる予定である。


[追記] 2013.7.21―A-Zリストを2013.7.11記事として掲げた(ココ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

♪ 「ジャズ・スタンダード」(Jazz Standards)とは何か(その1) ― なにげなくいってんだが、じゃあ、これは「スタンダード」なのか、違うのか、どうなんだ。ウーップ、???#*/-%+&!!!・・・。

2013.6.28
 「ジャズ・スタンダード」(Jazz Standards)とは何だ。こういう検索でのアクセスがたまにある。
 以前、この設問に対する一応の説明になるような内容を記したことがある。
 そこで、その、以前書いた「一応の説明」を掲げておく。

 いずれ、内容をもっと膨らませよう。

◆◆◆◆◆◆◆◆
        <<<I'm Gonna Sit Right Down and Write Myself a Letter2012.2.17記事>>>

--------------------2012.2.17記事引用------------------
 歌は、1935年のポピュラーソング(Fred E. Ahlert作曲、Joe Young作詞)。何度も吹き込まれ、"Great American Songbook"収録スタンダード曲になっている(*1)。

*1.Great American Songbook (注釈だが、普通サイズで記す)
 Great American Songbook(グレイト・アメリカン・ソングブック、「アメリカ傑作歌曲集」の意)は、20世紀におけるアメリカ歌唱曲の一連の傑作を示そうとする架空の構成概念である。すなわち、そういう名の書物が実在するわけではない。
 そこに含まれている曲は、1920年から1960年にかけて現れた曲のうち、主としてブロードウェイ劇)、ミュージカル、ハリウッド・ミュージカル映画からのものを対象に選考されている。

American_popular_songs_3

 Great American Songbookは、ジャズミュジシャンにとって、押さえておかなければならないレパートリーの重要な部分となり、現在までその認識が続いている。
ミュジシャン達は、その一連の曲を「ジャズ・スタンダード」と呼ぶ。

[誰の手による概念か] 
 1972年に、ソングライター兼音楽評論家のアレック・ワイルダー(Alec Wilder)という人物が
 「American Popular Song: The Great Innovators, 1900-1950」(「アメリカのポピュラーソング ― 代表的な革新的作曲者たち、1900-1950」)、
 という「基準」調査(
誰がそれに該当するかという基準/規範/標準調査研究)を行い、
 Great American Songbook
(アメリカ傑作歌曲集)基準に属すると思慮するアーティストのリストを発表した。

 同時に、相対的な価値を判断するという観点からの、自分なりの順位づけを行った。
 自らも作曲者であるワイルダーは、作曲者像自体についての分析とその創造的努力の分析に評価の重点を置いた。(
Wikipediaから)
                                 
                            
  右上画像=American Popular Song: The Great Innovators, 1900-1950(ココから)

 -------------------------引用終わり-----------------------

◆◆◆◆◆◆◆◆
[2013.7.1]
 記事を膨らませる。
 仕切り直して、「ジャズ・スタンダード」(*1)とは何か。

*1.ここでの、「ジャズ・スタンダード」という日本語表記は、「ジャズ畑でスタンダード曲として一般的に認知されている曲」という意味のことばであり(「スタンダード」の概念こそが問題なわけだが、それは後廻し、後述)、その単数形"Jazz Standard"と複数形"Jazz Standards"の両方を表わすものとして使用している。場合によって、単に「スタンダード」、「ジャズ・スタンダード曲」、「スタンダード」曲ということがある。

一、Wikipediaの説明
■ジャズ・スタンダード
   ...........................................

   以下、量が多くなるので、2013.7.5記事で独立させることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

♪「オー・プリバーブ」、「オー・プリバーブ」、「オー・プリバーブ」.....見上げたら、三人の外人が、欄干から身を乗り出して、Vサインで、口々にそう叫んでいた。わあ! えっ、ミュージシャンかい、観光客らしかったが。

2013.6.8
  プー、プーと試しを一吹きくれて、すぐにAu Privave(オ―・プリバーブ)のテーマを吹き始めた。これから臨もうとしているセッションのウォーミング・アップだ。大岡川河口の船着き場、正午過ぎ、すぐ川上にある橋に通行人は多いが、垂直3メートルほど下方にある船着き場には人はいない。幅3メートルほどの板張りの乗り場は、川に沿って海の方向に廊下状に延びている。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 何かしらんガヤガヤするので、上を見上げたんだ。そうしたら、外人3人が口々に何か言っている。指はVサイン、笑い顔だ。
 「ウン? なに? ......... ああそうか!"Au Privave!"、『オー・プリバーブ』」といっているのか!」
  びっくりしたね、もう。
 一般人が知っている曲ではないのだ、いや、「ジャズ」をやる者でも、jazzにもいろいろあるんだけど、とにかく、全員が知っているような曲ではない。
 わ、わ、何か返事しなくちゃ・・・錆びついた口、頭、とっさにはことばがでない。
      Ah.......You know a lot... ah...."Au Privave," yes....Thank you.
 ブロークンで返した。連中は手を振りながら下流(湾)の方へ去っていった。

Photo
上の画像、横浜、桜木町近く。   
上方(↑)が下流。左側の「廊下」が船着き場(乗り場)。廊下の垂直2メートルほど上方が道路になっていて、下流、MM21方向に通じている。三人はそこを歩いてきて、欄干から下を覗き、声をかけてきたのだ。
 
 しかし驚いたね、なんで知ってんだろ、こんな曲。いずれも男、観光客のようだったけど。
----------------------------------------------
[Au Privave] (オー・プリバーブ)
 定型12小節ブルースで(F)、パーカー(Charlie Parker)の作曲だという。
 曲名はフランス語風だが、そんな言葉は辞書にないとして、Wikipediaでは、"Au Privave"をどう発音するか、どういう意味かというようなことにつき、ココでの議論を見よとしている。

■Au Privave - Charlie Parker
  チャーリー・パーカー

1951年録音。Charlie Parke(Alto Sax)、Miles Davis(Trumpet)、Walter Bishop Jr.(Piano)、
Teddy Kotick(Bass)、Max Roach(Drums)

--------------------------------------------
 結局、セッションでは出番の回数などの関係で、この曲をやらなかった、ハハ。
 でも、まあ、いいことがあったような気分で過ごした一日になった。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

♪I've Found a New Babyのソロ比較で、バップ胎動期の息吹を感じ取る。エルドリッジ、レスター、クリスチャン、キングコール、パーカー、デクスターなどなど・・・そして、ハリーエディソンに、中間派の何たるやを見る。

2013.5.31
 昨日の記事で、I've Found a New Baby(*1)という曲について、Mary Osborne(マリー・オズボーン)という女性ギター奏者のソロと、当人が傾倒していたというCharlie Christian(チャーリー・クリスチャン)のそれを聴き比べた。
 以前から気に入っている曲でもあり、周辺データ調査などに興が乗って、そのまま立ち去るのはもったいないような気になった。
 そこで、今日は、この曲を素材にして、「聴き比べ」を広げてみることにした。

 ただし、「聴き比べ」といっても、ただ漫然と誰彼/だれかれの演奏を聴いてみるということではない。そこには目的がある。
 こうだ。
①今まさにバップ(bop, bebop, be-bop)という新しいジャズ形式が生まれ出ようとしている時期、ないしその直前の、その運動を推し進めようとした者、運動に身を委ねようとした者たちの演奏を聴くことによって、バップ胎動期の息吹みたいなものを感じ取ること、聴き取ること
②斯界(しかい)のそういった動きの中で、いわゆる「中間派」と呼ばれる連中がバップ運動というものに対してどう対処し、身構え、どんなスタンスで接したかということを感じ取り、聴き取ること(*2)
③バップ運動が実り、やがて「モダンジャズ」と総称される流れがドーンと通る(主流と見るかどうかは別にして)ようになるわけであるが、そういう派に属する奏者の演奏から、「モダン」イディオムみたいなものを味わうこと。

 さて、狙い通り目的が叶うかどうか、では、いってみよう(2011.4.12にも同じような視点からの簡単な記事を載せている参考までに触れておく)。

*1.そもそもが「どういう曲なのか」ということを知るために、末尾に曲についてのデータと、歌入りの初期の演奏Tubeを掲げておく。
*2.この動きについては、数日前のこの記事でやや詳しく触れているので、適宜参照されたい(
■「モダン・ジャズ派」と「中間派」という項目)

◆◆◆◆◆◆◆◆
一、まずは、昨日も聴いたが、ココから出発する。
■Charlie Christian - I've Found a New Baby
  チャーリー・クリスチャン   - 1941年だ

Benny Goodman Sextet, 1941.1.15
 Benny Goodman(clarinet)、
Charlie Christian(guitar)、Cootie Williams(trumpet)、Georgie Auld(tenor sax)、Count Basie(piano)、Artie Bernstein(bass)、Jo Jones(drums)


25歳で夭折した天才。
 電気アンプを通した画期的な単弦ソロ奏法によってジャズギターという存在をリズム楽器の檻から解放し、主要ソロ楽器としても位置付けさせた。そのソロは、「管楽器のようだ」と評されることからも分かるとおり、――Eddie Langなどアコースティック・ギターの先達から各種奏法を学んでいることはもちろんだが――、ギター奏者でありながら、むしろレスター(Lester Young)、エバンス(Herschel Evans、画像)など管楽器奏者から影響を受けているとされる。
 
  1939から1941年にかけてのベニー・グッドマンのバンド(セクステット、オーケストラ)での活動によって全国的に名を知られるようになった。
  バップ(bop, bebop, be-bop)ジャズ創始者の一人、少なくともその先駆者であると、大方からみなされている。
 同期/後続ギター奏者に影響を与えたことはもちろんであるが、ガレスピーパーカーモンクドン・バイアスなど他楽器奏者にも広く影響を与えた。(Wikipediaから)
Photo_2                    (前列左から、Herschel Evans、Eddie Miller, Lester Young、Matty Matlock。ココから)

Photo                                                   (ドン・バイアス/Don Byas、ココから)

[演奏について]
 
いい演奏だねえ、いい、好きだね、こういうの。
 クーティ―のソロいいね (読者は、「ああ、あのエリントン・バンドの、『ワーワー』トランペットね」というであろう)。オールド(George Auld)もいい(日本では、「ハーレム・ノクターン」などの「ムード・サックス」の人みたいなことで知られているんだけど)。もちろん、クリスチャンもいい。そのソロは、やはり、うん、「やはり」とは、つまり、来つつあるというか実現しつつあるというか、実現したというか(演奏は1941年)、"bop"との関係でいっているのだが、やっぱ、「乗り」、「旋律創り」で従来の人々のそれとは「異質」だ。
 ベイシーについては、まあ、「全時代を包容する偉大な人」みたいなことをいっておこう。

 まあ、しかし、グッドマンは偉いよな、クラリネット演奏でも金儲けでも頂点を極め、名声を得て、大金持ち、旦那みたいな存在なのに、「左うちわ」で暮らしていても誰にも文句はいわれない存在なのに、こういう組み合わせを企画して、こういう音楽を残したんだから


二、次いでこれ、上↑(Goodmanバンド演奏)の数年前のレスター演奏。クリスチャンはこういうのに影響されたわけだ。

■Teddy Wilson- I've Found a New Baby (1937) 
   テディ・ウイルソン ー 1937年

(Tube投稿者による演奏データ)
N.Y.C., 1 jun 1937: Buck Clayton (tp), Buster Bailey (cl), Lester Young (ts),
Teddy Wilson (p), Freddie Green (g), Walter Page (b), Jo Jones (d)
 
*↑↓ 機能しなくなっていたので差し替えた(
同じ演奏)。2018.2.9

 レスターは、パーカー、ガレスピーらとの関係において、バップ改革運動の着想誘引剤というか培養基盤というか前衛出発点というか、そういう存在であった。
 この演奏は1937年(*3)、まだ"bop, bebop, be-bop"ということばさえ生まれていない時期のものだが、連中はレスターのこういう演奏を聴いて、その思想に共鳴したたわけだ。まあ、思想なんて大げさなものではないけれども、とにかく、権威的な伝統スタイルに疑問を投げかけて、――それは、別に喧嘩を売っているわけではなく、「オレは、そこんとこ、こうしたい、こう吹きたい」というだけのことなのだが――独特の奏法で、スタイルで吹く人物の奏法、音楽観に共鳴した(当時、百人が百人、Colman Hawkinsに倣った奏法であり、大方の場所では、レスターは異端視され、軽んじられた。そう説かれている)。
  そういう、新しい可能性を探りたいという動きから、――そこには、このレスターとの話題から離れて、和声面での深化を追求するという別要素も絡んでくるのだが、とにかく、そういう動きからクリスチャン、パーカーなどによる「バップ」運動がまれた。
       *3.レスターはカウントベイシー楽団所属。テディ・ウィルソンは、ベニーグッドマントリオの一員として
           活躍していたときか。


三、同じくレスター、7年後、バップ運動真っ盛りのなかの姿。

■Lester Young - I've Found a New Baby
  レスター・ヤング ー 1943年


(Tube投稿者による演奏データ)

Lester Young Trio
 
Lester Young(ts), Nat King Cole(p), Buddy Rich (d)
Recorded Summer
1943 or late summer 1944 in Los Angeles

 上と同じくLesterだ。7年経過後の姿である。といっても1940年前後から胎動/台頭してきたバップ運動にレスターが身を投じたとか、色に染まったというたわけではない。この時期、すでにバップの波は、確かな成果を得ながら斯界に浸透し――レコーディング・ストライキ(1942-1944)の故に(*4)、その動きはラジオ放送でしか世に知られず、歩みがのろかったということはあるが――、とにかくジャズ界の主流に、そういうと怒る人がいるから、まあ、言い換えて、その、「一大勢力」になっていたが、レスターは、その動きとは一線を画した立場を踏襲した。
 このレスターの演奏はだから、「バップの嵐が吹き荒れているが、オレは我が道を行く」みたいな理解で味わうべきものである。当時34歳、絶好調か。

 ここで一言述べておきたいが、ナット・キング・コールだけど、この人、当時、新進気鋭のバップ志向ピアニストだったんだよね。唄が売れ始めて、格段に儲かりはじめて(1943年頃)、その道から遠ざかったけど(そこらの事情をこの過去記事で書いているので参照されたい)。
 かの巨人、アール・ハインズ(Earl Hines)に傾倒しつつ進んできた気鋭ピアニストとして名を売りはじめていたんだ。
 先のTubeで見るテディ・ウイルソンもハインズの熱狂的な信者だった。しかし、ここでのコールのピアノ、上のウイルソンが依然として「ストライド真っ盛り」みたいなことでやっているのに対して、左手は、「ストライド」の名残をほんのわずかにとどめているだけで、異なったアプローチになっている。

*4.ストライキにつき、2011.4.12記事で――それは今日のこの記事の前座ミニ版みたいなものだが――、そこで詳しく触れているので参照されたい。

四、同時期のパーカーの演奏 
Charlie Parker - I've Found A New Baby . 1943
  チャーリー・パーカーの初期の録音 -  1943年
  (先に載せていたTubeの投稿者による演奏データとコメント。先のものは機能しなくなったので消した)

Recorded: Vic Damon Studio, Kansas City, Kansas Autumn 1943
Personnel:
Charlie Parker - Alto Sax, Efferge Ware- Guitar, "Little" Phil Phillips - Drums
*The guitarist may be Leonard "Lucky" Enois. Parker worked with a Kansas City group in late 1943 that included both Enois  and Phillips. It is believed this tune was recorded during that time.

(ギターは Leonard "Lucky" Enoisかもしれない。というのは、パーカーは1943年後期にカンサスシティ・グループと仕事をしていたのだが、その中にEroisもPhillipsもいたから。この録音はその時期のものだとされている)

---------------------------------
上記と部分的に齟齬するデータ
を掲げている資料もある(ギターは Efferge Ware、録音は1941/42このwebページ)。
Kansas City Band
Charlie Parker (alto saxophone)
Efferge Ware (guitar) Little Phil Phillips (drums),
Vic Damon Studio, Kansas City, MO, September,
1941, 1942

    Cherokee               Stash STCD 535
    My Heart Tells Me                -
    I've Found A New Baby     -
    Body And Soul         
             -
 (↑このとき、あるいはこの時期に同じメンバー構成で録音した曲目)
   余興というか、遊び半半分の練習というか、そういった演奏をたまたま(誰かが)録音したのものだともいわれている。しかし、この年代(昭和16/17年)、小型簡易テレコみたいな録音装置はなかったであろうから、どうか。まあ、しかし、ドラムは、段ボール箱だったか、なんだったかを、スティックだかブラシだかで叩いたり、こすったりしているんだともいわれているから、とにかく、「余興的」な、というか、スタジオ録音の「休憩中に、『なんかやろうか』みたいな思い立っての演奏」かなにかであろう。

---------------------------
 *先に掲げてあったTubeが機能しなくなったので差し替えた(2018.3.9)
 
五、バップ賛同派としてキャリアを進み始めた初期テナーサックス奏者
■Dexter Gordon - I've Found A New Baby (1943)
 デクスター・ゴードン ― 1943年

(演奏データ - ココから)
Harry Edison (trumpet) Dexter Gordon (tenor saxophone) Nat King Cole (piano) possibly Red Callender or Johnny Miller (bass) Juicy Owens (drums)
Los Angeles, CA, late 1943 or circa July, 1944

 デクスター・ゴードン(Dextor Gordon, 1923.2-1990.4)。
 パーカー、ガレスピー、パウエルなどがしゃべる「バップ語」をテナーサックスに初めて導入した、つまりバップ・イディオムに基づいてテナーを奏でるということだが、そういうことをやり始めた初期奏者の一人である。
 ロスアンゼルス生まれ。高校時代からチコ( Chico Hamilton)など、プロバンドで演奏し始める。1940-43にかけてハンプトン( Lionel Hampton)のバンドにいた。その後、ルイ・アームストロングやフレッチャー・ヘンダーソンと活動した後、ビリーエクスタイン(Billy Eckstine)バンドに入る)。ここに掲げているTubeのレコードは(1943 or 44)、当人が自分の名前で録音した初めてのものだという。

 さて、1945年にエクスタインの元を離れてニューヨークに行き、パーカーらと活動/吹き込みをするようになるのだが、このTubeの時期(1943/44)、20歳ぐらいだが、すでにバップ色に染まっていることが分かる。元々レスターに影響された人だというんだが、聴けばそれが一発で分かるね。
 「レスターが、ものすごく体調のいいときに、いい気分で快調に飛ばしている、しかも、意識的にバップ色を混ぜながら演っている」、そういったソロだね。
 6フィート6インチ(196cm)の大男だそうだ
  ゴードンはコルトレーン(John Coltrane)の初期の演奏に影響を与え、逆に、コルトレーンのそのような演奏がゴードンに影響を与えたという(Wikipedia)。

 この演奏、全員が調子よく、溌剌としていて、共にいいソロをとり、実にいいね、名演奏だ。エディソン28歳、コール24、ゴードン20歳。二十歳でこのソロ、え、どうだね、驚くねえ。まあ、そういう人、いっぱいいるっていえばいるけど、Lee Morganなんか19歳で実にいいソロやっているし。まあ、マイルスは19歳のころ、テクはないし、ブルースまったく知らないし、信じられないほどブルース感覚ゼロだし、下手だったけど(自分でもそのことを重々自覚してたんだろうね、その後「猛練習」したというから)。
 キング・コールは同時期のレスターとの吹き込みもあるし(先のTube)、この時期求道精神に燃えて活動していたんだね。ソロからもそれが感じ取れる。
 この直後、歌、弾き語りに専念するようになるんだが、残念だ。 
 エディソンは、バップには与せず、この後もずっと「中間派」で通した。

六、「モダン」Jazz界の大家、サックスの巨人、ロリンズを聴く
■Sonny Rollins and the Contemporary Leaders - I've Found a New Baby
  (1958)
ソニー・ロリンズ ー 1958年

(Tube投稿者による演奏データ)
Sonny Rollins and the Contemporary Leaders - I've Found a New Baby (1958)
Personnel: Sonny Rollins (tenor sax), Hampton Hawes (piano), Barney Kessel (guitar), Leroy Vinnegar (bass), Shelly Manne (drums)
  from the album 'SONNY ROLLINS AND THE CONTEMPORARY LEADERS'
 

↑↓ 上が機能しなくなっていたので、差し替えた(同じ、演奏)、2018.2.9

 

 
 「モダン」ジャズ界の大家だ。
 グッドマン、レスター、デクスターと聴き比べてみよう。
 この人、時にユーモアたっぷりの、おどけたような、ふざけたようなフレーズを吹くことが、あるいは、演奏自体に端(はな)からそのようなアプローチで臨んでくることがあるが、そういう「独特の個性」は一応脇において、ソロ全体を通じての中核的要素、ないし本質みたいなところを注意深く観察しながら、これら三人と聴き比べてみよう。

七、「モダン」派 vs. 「中間派」、トランペット・バトル、どちらがどっち、判別できるか。
■Roy and Diz 06 I've Found A New Baby
(1954)
  ロイ・エルドリッジ/ディジー・ガレスピ―   1954年


(Tube投稿者による演奏データ)
from "Roy and Diz" (1954)
Personnel :
Roy Eldridge (Trumpet, Vocal), Dizzy Gillespie (Trumpet, Vocal), Oscar Peterson (Piano)
Ray Brown (Bass), Herb Ellis (Guitar), Louis Bellson (drums)
  ↑↓ 上のTubeが機能しなくなっていたので差し替えた。同じ演奏である(2018.2.9)。


    

 ロイ(43歳)とガレスピー(37歳)だ。
 どちらも、高音連発で、まあ、「凄い」が、音色も似ているが、バトル(掛け合い)でどちらがどっちかということは。難なく識別できる。いわゆる「モダン」スタイルと伝統的スタイルの差があるからである。
 ロイ(1911.1-1989.2)はスイング後期からバップにかけての橋渡しをした人で、こういう高音多用の、パラパラ高難易度の、「壮絶な」ソロで知られるが、そのスタイルでガレスピーに影響を与えたとされるが、なんか「パラパラ人」みたいな感じで、筆者としては、あまり「グッ」とこないが、それはともかく、二人で同じようにパラパラ吹いても、ロイのソロは、「パラパラであってもスイングの域を脱しない」ものだといえる。
 
併せて言っておくと、筆者は、バップ派が嫌いというわけではないが、まあ、基本的には、巨泉さんのいう-- Who?-- あの大橋巨泉だが-- そのいう「中間派」、「ぼくが命名したんだよね」なんていっていたが、まあ、とにかく、多芸多才な人だったが、とにかく、そのいう「中間派」、すなわち「Main Stream/メインストリーム」をよしとする人間なので、ガレスピィは好きではない。

 まあ、そこらの違いは、口で説明するのは難しく、ジャズ史のバイブルを座右において時に参照しながら時代時代の演奏を数多く聴いて体で会得するしかないんだけど、そういう違いが存在するんだよね。
   (A)スイング→バップ→モダン (B)スイング→バップ→中間派
荒っぽい単純図式化だが、ここらのことを聴いてもらうのが、この記事の狙いだった。

七、I've Found a New Baby、そもそも、どういう曲か。
  曲データと歌入りの初期の演奏。
 
 ――仕掛り、未完――

[2013.6.6] ― 「仕掛り、未完」としていたが、記事のボリュームが大きくなりすぎるので、この部分(「七」章)を独立記事(2013.6.6記事)として掲げることにした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

♪Mary Osborne(マリー・オズボーン)という女性ギター奏者がいたことを知った。Charlie Christian(チャーリー・クリスチャン)に傾倒していたという。そのソロを聴いた。曲は、I've Found a New Baby、クリスチャンゆかりの曲だ ― "Art Ford's Jazz Party"を楽しむ、その3

2013.5.30
 Art Ford's Jazz Party"を楽しむ、その1でマキシン・サリバンの唄、Ace In The Hole、その2でJohnny Windhurstのトランペット、Pennies From Heavenを聴いた。そのどちらにも、コンボ構成メンバーとして女性ギター奏者が入っている。スタジオにしつらえたバンドスタンド、一段高い壇上の椅子に座って、コードを刻んでいる。
1_2
 Mary Osborne(マリー・オズボーン)という人だそうだ(1921.7.17-1992.3.4)。初めて知った。
 この人が、I've Found a New Babyという曲でソロを取っている。今日は、それを聴いてみよう。Charlie Christian(チャーリー・クリスチャン)に傾倒していたというんだが、なるほど。

◆◆◆◆◆◆◆◆
■Art Ford's Jazz Party ( 09 18 1958 ) : Part 1 - The Roundtable
   Mary Osborneのソロを聴く - I've Found a New Baby 

Mary Osborne (guitar, 1921-1992)
Johnny Windhurst(tp, 1926-1981)、Hank D'Amico(cl, 1915-1965)、Tyree Glenn(tb, 1912-1974)、Coleman Hawkins(ts, 1904-1969)、Teddy Chrles(vib, 1928-2012)、Alec Templeton(p, 1909-1963)、Vinnie Burke(b, 1921-2001)、Morey Feld(drs, 1915-1971)

 
アイブ・ファウンダ・ニューベイビィ(いい娘をみつけた--「娘」は「コ」と読む)、当ブログ主の気に入り曲だ。チャーリー・クリスチャンが伝説的なソロ、「バップの夜明け」みたいなソロを残したことで知られている(1941年、Benny Goodman Sextet、下にそのYouTubeビデオ)。

 さて、この演奏だが、ピアノのリズムがちょっと乱れがちだね。
 ホーキンスのソロは、わざとこういう吹き方をしているんだろうか。ジャズ初期段階のサックス奏者の一般的な、原始的なそれだったような、ゴツゴツした。

<<<Mary Osborneマリー・オズボーン>>>
2_2                                                 Mary Osborn(↑のTubeの画面から)

 ノースダコタ州北部、カナダ国境に近いMinot(マイノット)の生れで、幼少時からバイオリンを学び、15歳のときにはギターとベースも弾いたそうだ(Wikipedia)。北部中西部の草深い田舎、そういうことをいっちゃ失礼だが、まあ、とにかくその田舎で育った少女は、やがて、1939年、18歳になったかならぬかの時だが、やや南に下がった場所にあるBismarck(ビスマーク)という町でクリスチャンを聴く。
 聴いて仰天した。
 ナイトクラブに入ったマリーは、最初、テナーサックスだと思った。アンプを通したテナーの音だと思った。しかし、よく見ると、その音はギターから出ているではないか。
 驚いたね、単音によるソロなんて、それまで見たことも、話に聞いたこともない。
 (逸話はココから)

 ということで、では、その「恩師」クリスチャンのソロと聴き比べてみよう。当ブログ主の贔屓奏者だ(マクシャン時代のパーカーの演奏や、このクリスチャンなど、バップ黎明期みたいなところのjazzが好きなんだよね、当方は)。

■Charlie Christian - I Found A New Baby
             ("I've" Found..... が正しいのだがTube投稿者の記述のままにしておく)。
  ベニー・グッドマン・セクステット、1941年

 
Benny Goodman Sextet, 1941.1.15
 Benny Goodman(clarinet)、Charlie Christian(guitar)、Cootie Williams(trumpet)、Georgie Auld(tenor sax)、Count Basie(piano)、Artie Bernstein(bass)、Jo Jones(drums)

 泣きたくなるほどうれしい組み合わせだね。グッドマンにベイシー、え、どうだね、プラス、ジョーンズ、クリスチャン、え、それにクーティだ、ジョージ・オールドだってか、え、ちょっと考えられないね(ベースの人についてはまったく不知なので語れないが)。
 クリスチャン、このとき24歳、翌1942年3月結核で死ぬ(1916.7.29-1942.3.2)。
 上でも触れたように、このソロ伝説的な存在になっているそうだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

♪Johnny Windhurst(ジョニー・ウインドハースト)によるPennies From Heaven(ペニーズ・フロム・ヘブン) ― "Art Ford's Jazz Party"を楽しむ、その2

2013.5.26
  前々回の記事(2013.5.20)で次のように書いた。
      -----------------------------
  Art Ford's Jazz Party"(アート・フォードのジャズ・パーティ)というのは1958年5月8日から12月25日まで続いた一連のTV番組である(単に"Jazz Party"と呼ばれることもある)。
           ――中略――
さて、YouTubeの場で最初に見たのは、つまり、"Art Ford's Jazz Party"というシーンが世に存在したということを知ったのは、今日とりあげている演奏とは別の場面のものだった。
 そのTubeでは、
とあるスイング系トランペット吹きをとりあげていたのだが、「え、え、こんな奏者がいたのか」と、初めて知るに至り、斯界では「まあまあの物知り」と自惚れている身、「なに、ほんとかい、どういうやつだ」と、ものすごく興味をそそられた。
 しかしまあ、そのことは別の機会に書こう。
 ここではこれだ。

      ------------------------------


  今日は、この「トランペット吹き」の演奏Tubeを題材にする。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 まずは演奏を聴こう。

Johnny Windhurst on Art Ford's Jazz Party - 09 18 1958 (Part 7)
   ジョニー・ウインドハースト ― Pennies From Heaven(ペニーズ・フロム・ヘブン)


  このトランペット、まず、「スタイル」は「伝統的」なスイング派。1958年というこの時期は、いわゆる「モダンジャズ」最盛期といっていいであろうが、その潮流との関係でいうと、いわゆる「中間派」としての道を選択して歩んでいるわけだ(後で触れるように、17-8歳でプロの道に入り、当時31-2歳)。次いで「上手い/下手」の観点からいうと、技巧は「上手い」というほどではないが、歌心が豊かで、味のいいフレーズを吹く。そう評しておく。
 これも後で触れるように、ビックス(Bix Beiderbecke)に傾倒し、その系譜を引く白人トランペット奏者に影響されているというが、ハケット(Bobby Hackett)の影響が顕著に感じ取れる。

■Johnny Windhurstジョニー・ウインドハースト)人物像
 
どんな人物か、Tubeを投稿した人が説明文(専門家著述からの引用文)を載せてくれているので、それを見よう。
  ---------------------------------------------------------------
    In the spring of 1945, legendary soprano saxophonist Sidney Bechet formed a band to play an extended engagement at the Savoy Café in Boston. He chose the veteran Bunk Johnson to be his trumpeter. The irascible Johnson's erratic behavior proved more than Bechet had bargained for, however, so on the basis of a recommendation by members of the Boston Jazz Society he replaced him a few weeks into the gig with the 18-year-old Johnny Windhurst.

   Windhurst was a self-taught musician, influenced by Bix Beiderbecke and subsequent white trumpeters/cornetists like Bobby Hackett, Wild Bill Davison, and Bunny Berigan. Windhurst had only been playing professionally for a short time when tapped by Bechet, yet he quickly developed a reputation as a fine young musician.
  He played with the pianists Art Hodes and James P. Johnson at the Jazz at Town Hall concert in September 1946. He worked in Chicago for a time, then moved to California, where he played with clarinetist Edmond Hall. Other employers around this time included Louis Armstrong and Nappy Lamare.

  He also led his own band in Ohio and Boston, and was a latter day associate of Eddie Condon, playing and recording with the guitarist in the early '50s. He recorded with trumpeter Ruby Braff (1952-1953), singer Barbara Lea (1955-1957), trombonist Jack Teagarden (1955), and vocalist Lee Wiley.

  Windhurst made Jazz at Columbus Avenue for the Transition label in 1956, the first and only time he recorded under his own name (bassist Buell Neidlinger was a sideman on the date). In the late '50s, Windhurst worked in Ohio and again at Condon's club in New York. Little was heard from him thereafter.
  Chris Kelsey, "All Music Guide"


[粗訳]
 1945年に、あの伝説的なソプラノサックス奏者Sidney Bechet (シドニー・ベシェ)が、ボストンのSavoy Cafeから得た出演延長契約のためにバンドを結成した。トランペットに古株のBunk Johnson(バンクジョンソン)を起用したが、怒りっぽく、突拍子もない行動に出る男であり、我慢しかねる。そこで、二、三週間後にバンクをクビにし、ボストンjazz界の面々の推薦によって、Johnny Windhurst(ジョニー・ウインドハースト)という名の18歳の奏者に切り替えた。
                
 *下の画像がそのときのベッシェとバンク。なお、 Bunk Jphnsonについて、2013.5.20記事を参照されたい。 

 ウインドハーストは独学でこの道に入った者で、Bix Beiderbecke(ビックス・バイダ-ベック)から始まって、その系譜を引く白人コルネット/トランペット奏者、Bobby Hackett(ボビー・ハケット)、Wild Bill Davison(ワイルドビル・デビソン)、Bunny Berigan(バニー・ベリガン)らに傾倒していた。
 ベシェから声をかけられたこのとき、若者はほんのわずかな経験しかなかったが、またたく間に、若手有望トランペット奏者として認識されるようになった。

 1946年の"Jazz at Town Hall"コンサートで、Art Hodes(アートホッジス)やJames P.Johnson(ジェームス.P.ジョンソン)と演奏した。 その後シカゴ時代を経てカリフォルニア州に移り、クラリネットのEdmond Hall(エドモンド・ホール)と活動した。この時期の雇い主には、 Louis Armstrong (ルイ・アームストロング)やNappy Lamare(ナッピー・ラメア)もいる。
 オハイオ州やボストンで自分のバンドを率いていたこともある。その後、Eddie Condon(エディ・コンドン)の一派に加わり、1950年代初期に演奏活動とレコーディングをしているや。
 このほか、トランペットのRuby Braff (ルビーブラフ)(1952-1953)、歌手Barbara Lea(バーバラ・リー) (1955-1957)、トロンボーンのJack Teagarden (ジャック・ティーガーデン)(1955)、歌手Lee Wiley(リーワイリー)と録音している。

 1956年に. Transition レーベルから"Jazz at Columbus Avenue"というアルバムを出した。自分の名で出したアルバムとして、初めてにして唯一のものである。
  1950年代後半には、オハイオ州で活動したほか、再びニューヨークに戻りCondon's Clubで演奏した。
 その後は名を聞かない。
               
                ――Chris Kelsey著"All Music Guide" から――
  ---------------------------------------------------------------------

Photo      ↑1945年、ボストンのSavoy Cafeでベシェが延長出演契約のためにバンドを結成したときのベシェとバンク。
       ベースはPops Foster(ポップス・フォスター)だという。 
              画像はココから。バンクが去った理由については、上記説明文とはやや異なった視点で書いている。


Photo_2                (↑向かって左端、Windhurst。右から二人目、Eddie Condon、右端Henry Red Allen。めったに見られない組み合わせの画像だ。ココから)

■「モダン・ジャズ派」と「中間派」
  1938年ごろからCharie Parker(チャーリー・パーカー)らを中心にして、ジャズという音楽圏の中に、バップ(bop、be-bop)革新運動/潮流というものが起きた。詳しくは触れぬが、マンネリ化した従来スタイル、
ダンス音楽化からの脱皮を図るという主動機の下に、和声とリズムの面で複雑/学問的/先鋭的なものを追究し、もってjazz音楽の可能性みたいなものを高め、広めていこうていこうという動きである。結果として、リフを多用した無機質/機械的な感じの曲、演奏が特徴となったという側面が生じた。

 さて、この動きが徐々に世を席巻していくかどうか、注目されるなかで、――まあ、「モダアン、モダーンへとォォォ、草木もォォなびくゥ」みたいなことだったんだけどね――、どうしても無機質なモノに流れがちなバップ運動には背を向けて(「はたして、そんなものが音楽といえるか」みたいな)、コレに冷淡な態度で接する、あるいは反目はしないまでも、賛同はしないという動きも残った。
 その結果、1937-8年に絶頂期に達していたベニーグッドマンらのフルバンド・スイングを初めとするジャズ界は、――もちろんそれは、コンボ、小編成演奏界も含めてのことであるが、
  (A)動きに共鳴し、その動きと共に先の時代へと進んでいった「モダン・ジャズ」派と、
  (B)伝統的スタイルというか「スイング」スタイルというか、伝統的なjazz音楽性の中に留まって先に進んでいった伝統派ないし「中間派」
 というものに大別されることになった。
   (あくまでも「大別」ということであって、デキシーランド・リバイバルに与するものなど、多様な派が存在した)

 さて、前置きが長くなったが、Windhurstは、世のこういう動きのなかで、この1958年にこういうスタイルで吹いているということは、「B」の道、「中間派」としての道を選択して歩んでいたわけだ。
 1926年生まれ(ニューヨーク、ブロンクス、1926.11.5-1981.10.2)だというんだが、同じ頃に生まれたトランペット奏者を挙げて、各自がどの方向をたどったか見てみよう。

1920 - Clark Terry(クラーク・テリー)(black)
1923 - Thad Jones(サド・ジョーンズ)(black)
          Pete Candori(ピート・カンドリ)
          Fats Navarro(ファッツ・ナバロ)(black)
1924 - Shorty Rogers(ショーティ・ロジャース)
          Kenny Dorham(ケニー・ドーハム)(black)
              <<<1926 - Johnny Windhurst(ジョニー・ウインドハースト)>>>
1926 - Miles Davis(マイルス・デビス)(black)
1927 - Ruby Braff(ルビー・ブラフ)
          Conte Candori(コンテ・カンドリ)
          Red Rodney(レッド・ロドニー)
1928 - Art Farmer(アート・ファーマー)(black)
1929 - Chet Baker(チェット・ベイカー)

  茶色で示した奏者が、伝統的立場に留まって「モダン」に走らなかった者、スイング派ないし「中間派」である。貴重な存在だ。
 「(black)」は、黒人(「アフリカ系アメリカ人」なんて長たらしく表現しなきゃいけないみたいな世相になっているフシもあるようだけど、面倒くさくてやってられないやね)の意味。
    クラーク・テリーは、「基本的にはあくまで伝統的立場に軸足を置きながらも、"modern"イデオムをも充分に、しかも、自家薬籠中のものとして充分にこなれたかたちで吸収した、進取精神にあふれた伝統派実力派」、いわば「両刀使い」みたいな存在である。長生きして活動歴も長い。


■Clark Terry Sextet - Pennies From Heaven
  クラーク・テリィ・セクステット ― ペニーズ・フロム・ヘブン
 Clark Terryの話が出たついでに、たまたま同じ曲、Pennies From Heavenやっている迫力演奏Tubeがあったので掲げておく。超絶テクで、すごいね。その面ではマイルスなんかお呼びじゃない、対抗できるのはフレディ(Freddie Habbard)ぐらいか。
 齢がいってからは、トランペットは手にせず、フリューゲル一本でやっているようだ。

(Tube投稿者によるデータ)
Clark Terry Jazz In Montreux (1977)
  Clark Terry (flugelhorn)
  Ronnie Scott (Tenor sax)
  Oscar Peterson (Piano)
  Milt Jackson (Vibes)
  Joe Pass (Guitar)
  Niels Pedersen (Bass)
  Bobby Durham (Drums)

テリーは1920年生まれだから、このとき57歳か。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

♪Muxine Sullivan(マキシン・サリバン)が"Ace in the Hole"(エイス・インザ・ホール)を唄う。わあ! いいな、この歌、いいね、この人 ― "Art Ford's Jazz Party"を楽しむ、その1。

2013.5.20
 事情でしばらく記事が書けなかった。これが、今月、5月の最初だ。
 うん、さて、そこで始めるわけだが、そう、以前から記事にとりあげてみたいと考えていたYouTubeがあった。
 Art Ford's Jazz Party(アート・フォードのジャズ・パーティ)だ。
 いいJazzシーンをいっぱい見せてくれる。
 それを題材にする。

◆◆◆◆◆◆◆◆
  "Art Ford's Jazz Party"(アート・フォードのジャズ・パーティ)というのは、1958年5月8日から12月25日まで続いた一連のTV番組である(単に"Jazz Party"と呼ばれることもある)。ニュージャージー州ニューアーク市(Newark)を本拠とするWNTA-TV(現WNETの前身 )の製作によるもので、スタジオでJazzの演奏をやって流す90分ライブ番組だ。毎週木曜日の夜9時(東部時間)から、DuMont Television Networkを通じて放映された(Armed Forces Television/アメリカ合衆国軍隊TV放送でも放映した) 。

 番組司会者Art Ford(1921-2006)が折々の趣向でJazz 奏者をスタジオに呼び(母体として、当時の第一線奏者から成る集団が編成されていた)、リラックスした雰囲気で生演奏をやってもらって、しかも、これジャム・セッション形式でやったというんだが、つまり、型にはまった事前の打ち合わせみたいなことはなく、もちろん、リハーサルもなく、その場の雰囲気による話し合いの中で曲目や奏者の組み合わせなんかを決めてやっていくというスタイルだが、それでやって視聴者を楽しませる。
 演奏は、ニューアーク市のMosque Theater/モスク劇場(現在のSymphony Hall/シンフォニーホール)の二階にしつらえたスタジオが舞台だった(WNTA-TV、同族系ラジオ局など複数の放送局がこの建物に放送基地を構えていた)。
 放映開始前に、オレンジ・ジュースとウォッカが用意され(つまり、「スクリュードライバー」材料だね)、場の者は番組終了まで、それを自由に飲って(やって)いい。これが、リラックスを保証している大きな要因だったという。もちろん煙草も自由だ、映像でお分かりのとおり。視聴者に、ナイトクラブでの生演奏を楽しんでもらう。これが狙いだ。文字どおり、「ジャズ・パーティ」だ。
 当時のTVショー番組では珍しいことであったが、奏者は白人/黒人、混交であった。

 番組は、急激に人気を、しかも大人気を博したが、残念ながら、年内で打ち切りになった。ジャズ雑誌や新聞は、終了を惜しんだ。最後の放送は、12月25日、クリスマス当日であったが、その内容は、場所をニューオリンズに移しての、現地のジャズ、いわゆる"New Orleans Jazz"ニューオリンズ・ジャズの録画取りによる紹介であった(8月に録画したもの。上記スタジオ外でのセッションはこれが唯一の例だという)。
  なお、その後すぐにWNTA-TV自体も買収されて、――複数の買い手のあった買収劇の決着がつくまでに、州知事による連邦控訴裁判所への差止請求まで引き起こしたゴタゴタがあったようだが――、非営利の公共放送、WNETとなった。アート・フォードもこの期を境に下り坂になり、晩年は忘れ去られた存在となったという。
                      以上、ココ/nj.comの記事(下の画像)と、Wikipedia記事による。

Photo                                                                                            (参照したwebページ記事、"nj.com")

 
 さて、YouTubeの場で最初に見たのは、つまり、"Art Ford's Jazz Party"というシーンが世に存在したということを知ったのは、今日とりあげている演奏とは別の場面のものだった。
 そのTubeでは、とあるスイング系トランペット吹きをとりあげていたのだが、「え、え、こんな奏者がいたのか」と、初めて知るに至り、斯界では「まあまあの物知り」と自惚れている身、「なに、ほんとかい、どういうやつだ」と、ものすごく興味をそそられた。
 しかしまあ、そのことは別の機会に書こう。
 ここではこれだ。

Maxine Sullivan sings " Ace In The Hole " on Art Ford's Jazz Party - 09 18 1958
  (マキシン・サリバンが唄う ― 「エイス・イン・ザ・ホール」)



 このTubeを観て、歌を聴いて、「あれ、何度も聴いたことがある曲だな」と感じた。
 頭のどこかに記憶されているんだ。
 だけど、いつ聴いたのか、どういう場面で、どういう関係で、脈絡で聴いたのかというような、曲の「素性」みたいなものが想いだせない。そこで、ネット調査した。

2                                   いい味で唄うね。こういうの好きだなあ。

1                                                ピアノは、Roland Hanna(ローランド・ハナ、1932.2.10-2002.11.13)
                                               ギターは、Mary Osborne(メリー・オズボーン、1921.7.17-1992.3.4)。

疑問が解消した。
 当ブログ主は、むかし、デキシ―ランド・ジャズに親しんでいた時期があった。
 その時代に何度か耳にしていたのであろう、と推測がついた。
 ただ、「ああ、アレか」と、曲名/メロディーがぱっと浮かばなかったということは、深くは馴染まなかった曲だったのであろう。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 さて、そういうlことであったのだが、事のついでに、調査で知ったことを記しておこう。
                      (以下の記述は、大部分がこのWeb記事から引っ張ってきたものである)
一、同名異曲がいっぱいある。
 まず、話の順序として、ここで言及している曲は、下記のものであることをしっかりと訴えておこう。
  "Ace in the Hole,"
       George D. MitchellとJames E. Dempseyという歌作りチームが1909年に
      作った曲で(作詞作曲ともに共作のようだ)、「ジャズス・タンダード」となっている曲。
 同じ名の別曲がいっぱいあるので、話題にするうえで、あれこれ論じるうえで、調査するうえで、などなど、とにかく、何をするにも、面倒で、話がこんがらかってしまう。Googleするんだが、とにかく、どれがどれで、どっちがどっちだか、訳がわからない、やりにくくてしょうがない。
 つまんないのを、いっぱい作るなよな、kuso!(そんなことをいっちゃいけないが、いいたくなるね、ハハ)

 同名異曲には次のようなものがある。
①"Ace in the Hole"
 Cole Porter(コールポーター)作詞作曲、1941年作品。同年のブロードウェイ・ミュージカル、"Let's Face It"のために書かれた曲。
 まず、これがある、エラ(Ella Fitzgerald)やなんかが唄っているという。
②"Ace in the Hole"
 イタリア生まれのトランぺッターLouis Panicoと、Elmer Schoebelという作曲家/ピアニストが共作として1926年に録音した速いテンポのストンプ曲。
 当時、けっこう流行って、他のバンドも盛んに演奏したという(ココから)。
 Panicoは、laughing trumpet(笑うトランペット)というスタイルを生み出したことで知られているそうだ(ココから)。
③ "Ace in the Hole"
  Dennis Adkins作曲で、George Straitが唄っているんだそうだ。
④"Ace in the Hole"
  Paul Simonが作った曲で、One-Trick Ponyというアルバムで唄っているという。
⑤"Ace in the Hole,"
  Dave Van Ronkが作った曲で、In the Traditionというアルバムで唄っているという。
                                    (データは、ココと、Wikipediaから)

二、1950年代、デキシ―界の誰もが演奏した。
1.デキシ―界で盛んに演奏された。
 Jazz史上に、"Dixieland Revival"(デキシーランド・リバイバル、デキシーランド・ジャズの復活、復興)という現象があった。1930年代後半からアメリカ西海岸を中心に始まった動きである。
 初期のジャズ、すなわち、20世紀初頭前後からニューオリンズに現れた"jazz"音楽、そこで生まれたジャズ、"New Orleans Jazz"というものに再度注目して、ジャズのその後の発展との対比からして、――多分に、「商業化=堕落」みたいな観点からして――、これに戻らなければならぬ、つまり、「ジャズの原点に帰れ」という動きである。「帰れ」と命じないまでも、初期ジャズの良さに注目しよう、味わおう、尊重しよう、尊敬しようという動きである。
 多分に、"jazz"という音楽の本質というか芸術性というか、そういう視点からの「教条的信念」、「宗教じみた崇拝」に駆りたてられた動きである。
 動きは、海を越えてイギリスでも、日本でも盛んになった。というか、この両国で、本家アメリカを凌ぐ発展、というか、まあ、なんというか、そう、浸透、浸透をみせた。
 まあ、一種カルト的偶像崇拝みたいなものだが、おそらく、現在では、日本は、世界中で、この動きが生き続けている唯一の国ではないか。

 話が長くなったが、元に戻して、この「1906年Ace in the Hole」が、1950年代になって、デキシ―界で盛んに演奏されたというんだが(「デキシ―界」なんてことばを使うと、純粋派から大怒られするんだけどね)、さて、それがミステリーだとされるんだよね。
 なぜか、なぜ、そんなことになったのか。
 Turk Murphy(ターク・マーフィー)、 Bob Scobey(ボブ・スコビー)、 Lu Watters & Yerba Buena Jazz Band(ルー・ワターズ&ヤーバ・ブエナ・ジャズバンド)、The Dukes of Dixieland(ザ・デュークス・オブ・デキシーランド)、海の向こうのイギリスのトラッド派、 Humphrey Lyttelton(ハンフリー・リテルトン)、Lonnie Donegan(ロ二―・ドネガン)、Kenny Ball(ケニー・ボール)、みな演った(やった)。
 なぜそんなことになったのか。
 1940年代半ばまで、この曲が録音された形跡は、つまり世に流布した形跡はないのに。

 さらには、つまり、さらなるミステリーだが、珍しい題材を、歌をとりあげて唄って「受けよう」とするジャズ歌手、ポップ歌手がこの曲を取り上げた。
 Anita O'Day(アニタ・オデイ)が――古い時代の歌が好きだなんてことはそれまでいったこともなかった人だが――1947年に吹き込んだ。
 Bobby Darin(ボビー・ダーリン)が何度か吹き込んだ。Johnny Mercer(ジョニー・マーサ)とのデュエットや、ラスベガスでのライブで。
 不思議だ、なぜそんなことになったのか。

2.Bank Johnson
(バンク・ジョンソン)
 そこで、遡って考えてみる。
 まず、1938年に、バンド歌手の Chick Bullockが、なぜこの曲をとりあげたのか理由は分からないが、American Recording Corporation.から、この曲のレコードを出している。A面は、"My Gal Sal"(マイ・ギャル・サル、「僕の恋人"Sal"」の意)である。つまり、いわゆる「B面録音」である。

  そして、1944年2月に、この曲が再浮上した。サンフランシスコのYerba Buena Jazz Bandによる商業レコードが出たのである。ヤーバ・ブエナ・ジャズバンドは、ニューオリンズ・スタイルを信奉して"Traditional Jazz"(トラディショナル・ジャズ、伝統的ジャズ)リバイバル運動に身を呈している若い白人奏者の集まりであった。
 バンドのリーダーは、トランペットの Lu Watters(ルー・ワターズ)、 メンバーには同じくトランペットのBob Scobey(ボブ・スコビー)、トロンボ-ンのTurk Murphy(ターク・マーフィー)がいた。このサイドメン二人は、後々自らのバンドを率いてリバイバル運動を推し進めていくことになる。
 なぜ、この曲がとりあげげられたのか。
  長くなるので端折って結論をいうと、Bunk Johnson(バンク・ジョンソン)がニューオリンズから持ってきたのである。バンクについては、ここでは簡単に、次の点だけ述べておこう。

 ニューオリンズに「ジャズ」というものが生まれた時期の直後から活躍した伝説的な、才能あふれるトランペット吹きである。1879-1889ぐらいの生れで(誕生年が明確でない)、1905-15年にかけて、ニューオリンズで名だたるラッパ吹きとして活躍していた。
 その後、New Iberiaに移住し(パレードでラッパを吹く仕事をさぼったら、立腹した連中に暴力報復されそうになり、それを避けるために逃げたという)、ミンストレル・ショーやサーカスと共に町から旅立ったり戻ったりしながら活動していた。1931年に喧嘩沙汰から、楽器を壊し、前歯を折った。その後は音楽活動から離れ、片手間にジャズを教える程度のことで、肉体労働に従事していた。
 1938から39年にかけて、ジャズ歴史家がバンクという伝説的人物の存在を知り、その所在を突き止めた。歴史家の問い/乞いに対して、バンクは、「前歯の治療費(入れ歯)を出し、楽器を買ってくれれば、演奏してもよい」と答えた。歴史家が応じて、伝説的トランぺッターが復活した。
 復活は世間から注目を浴び、バンクはリバイバル運動のなかで、あちこちに演奏旅行をした。サンフランシスコにもやってきた。
 
 ということで、バンクは復帰後の演奏活動のなかでAce in the Holeをとりあげており、それをサンフランシスコに持ってきたのである。

三、第二次世界大戦後、大勢の歌手が唄うようになった。
 もう一つのミステリー。大戦後、ジャズ、ポピュラー歌手がこの曲を唄うようになったが、それはなぜか。
1948年に、少なくとも半ダースの吹き込みが起きた。
   *Gene Austin(ジーン・オースティン)-- Les Paul(レスポール)トリオの伴奏で。
  *映画スター、Dorothy Lamour(ドロシー・ラモア)
  *Anita O'Day(アニタ・オデイ)
   *Harry Cool(ハリー・クール)
   *Red McKenzie(レッド・マッケンジー)
   *Dottie O'Brien(ドッティ・オブライエン)
 
 なぜか。1947年に何事かが起きたに違いない。しかし、それが何かは分からない。
 映画やブロードウェイ劇でこの曲が大々的に使用されたのか。著名なラジオ番組でテーマ曲として使用されたのか。あるいは、トルーマン大統領が何かしでかしたのか、ハハ。
 原因は分からない(アメリカ合衆国33代大統領Harry Trumanは、ピアノを弾いたという。見よ )
 いずれにせよ、この現象は、その後のLP時代へと続いた。

 すなわち、先にも述べたように、Bobby Darinはこの曲のレコードをを2回出しているし、 Clancy Hayesは、Bob ScobeyTurk Murphyの両者と吹き込んでいる。Lee Wileyは、1957年アルバム" A Touch of the Blues"でトランぺッターのBilly Butterfieldを擁するバンドをバックに味よく唄っている。Frankie Laineが軽快に唄い、Dave Van RonkやBurl Ivesといったフォーク歌手も独特の解釈で取り上げている。若いJoel Greyは懐古調で唄っている。
 John Wittwer、 Buster Wilson、Paul Lingle、Poppa John Godyといったピアニストの人気曲ともなっている。

◆◆◆◆◆◆◆◆
Bunk Johnson - Ace In The Hole
  バンク・ジョンソン(Yerba Buena Jazz Band/ヤーバ・ブエナ・ジャズバンドとの共演)

  唄っているのは、バンジョーのClancy Hayesという人物だそうだ。軽快で、明快で、味がよくて、いいねこの人の唄いっぷり、 上手い。トロンボーンはターク・マーフィーか、豪快で、いいリズムを醸し出している。  

Photo                                            (Bunk Johnson/バンク・ジョンソン。上に掲げたTubeの画面)

■Lee Wiley - Ace In The Hole
   (りー・ワイリー)

   From the 1957 album "A Touch of the Blues."

 これを掲げたのでは、「今日の主役マキシン」に失礼にあたろうが、つまり、せっかくその、なんというか、しっとりとしたというか、味よいというか、練れたというか、女味溢れたというか、ジャズっぽいというか、とにかく好ましい歌唱の余韻に浸っているのに、別の女性ボーカルが入ると、それを殺いでしまうことになるが、重々詫びを述べたうえで、史実資料としての意味で載せておく。
  (当ブログ主は、ワイリーもお気に入りなんだけどね)
                     

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

Groove、Groovin' High、そして、"Murder.... and All That Jazz; 13 Showstopping Stories of Crime and Jazz"(殺人事件、そして、時代背景としての折々のジャズ」 -「犯罪とジャズについての13の短編傑作」)―後編

2012.3.22
 前回記事(2012.3.19)の後編である。
 6年前にmixiの「日記」に書いた記事を再掲する。三日坊主というが、このmixi活動は開始後3カ月ぐらいで停止し、そのままになっている。
 ****線で囲んだ色分け部分がmixi記事。

◆◆◆◆◆◆◆◆
*********************************
■菊名日記-Groovin' High-続き    2006年07月21日14:48
 ばか暑かったり、涼しかったりします。みなさん、身体に変調をきたさないように気をつけてください。
 と挨拶を申し述べて、前稿の続き、「演奏における変調」の話題に入ります。

(一)潔く反省
 実のところ、この数日この「続き」の記述に呻吟している。書いては消し、消しては書き。その理由はひとつ。元々書きたいことは単純な一点しかなかったのに、それをもったいぶって、飾り立てて書こうとしたからである。
 つまり、仰々しく始めてはみたものの、後が続かず、尻切れトンボになろうとしているのである。竜頭蛇尾、羊頭狗肉。後で気がつくバカの知恵。
 なんとかごまかそうとしたが、やはりかなわぬ。ここは、秋田県警の例もあることだから、潔く過失を認めて反省しよう。

(二)結論-いいたかったこと
 次のようなことである。
1.状況設定
次のような状況が起きたと仮定する。
 張り切ってブローするのはよいが、途中で、数拍「喰った」状態になる。当人は気づかず、そのまま「かっこよく」ブローし続けている。--「カッコイイ」なんてことばは、しょせん、こういう軽薄かつ安っぽい場でしか似合わないものよ--。

 それはともかく、リズム隊がやむなく数拍ワープして変調を繕った。ところが、何度も同じことが起きた。そのような状態であるにもかかわらず、件の奏者は延々と6コーラスにも及んでソロを続けた。聴いているこちらは、「いいかげんにして」と感じる。ベースの人は、「放り投げようと何度も考えたが、客がいることでもあるし我慢した」という顔つきをしている。
 (「ブローする」は便宜上のものです。適宜、「吹く」、「弾く」に読み替えてください)
 輪をかけて悪いことには、この奏者の態度を許容、ないし助成するような姿勢が大勢を占めたために、このような事態が数曲にわたって続いた。

2.提言、苦言
(1)無神経に乱調を引き起こすことは止めようではないか。
 あくまでも、「無神経に」引き起こすことについての苦言である。真剣に取り組んでいるにもかかわらず変調、乱調が起きてしまったという場合については、褒められたことではないが、ノープロブレム・アト・オールである。「無神経な場合」は容易に見分けがつく。

(2)周りも、安易に迎合するのはよそう。
 場が弛緩し、安っぽくなってしまう。
 「安っぽさこそ、猥雑さこそJazzだ」といった議論で向かってこないでくれ。平面が異なる。

(3)諫める理由は、次のとおり。
 他流試合的な知的刺激を求めてジャムセッションにやってくる人が多い。というよりも、ある意味で全員がそうだといってよい。立ち合う各自が「真剣に」振る舞わないと知的刺激は生まれない。

 ところで、「ジャズ人」は、ある奏者の技量の巧拙、アドリブにおける発想/アプローチ、学派的嗜好、見解一般といった点について、相手を尊重する傾向が強い。他面ではかなり荒っぽい男(または女)であっても、あからさまに相手を批判するようなことは避ける(異論もあろうが、ここではそうだとしておいてほしい)。
 そのことから、真剣な立ち会いを求めて参加した人が、マイノリティ奏者というか、サイレント奏者というか、声なき声というか、おとなしい奏者、気の弱い奏者、奥ゆかしい奏者というか、なににせよそういう立場になることが多い。言い換えれば、無神経さが表だって咎められることが少ないのである。
 そこで、「無神経な乱調惹起」は、セッション参加者の権利を甚だしく侵害する。

(4)真剣
 ついでに「真剣」の意味について述べておこう。
 「真剣に」という内容は、自ずから暗黙的に定まっている。「いきなり道場にガニ股で飛び出してきて、キエーッなどと叫びながら鎖鎌を振り回す」ような流儀は、仮に当人は「真剣だ」と主張するにしても、それは別世界における真剣にすぎないから、仲間すべてが同一の見解を抱く世界でやってもらうほかはない。
 ただし、そのような世界が存在するかどうかは知らぬ。

 伝え聞くところによると、なんでも、「泥平民河岸」というところに「自由演武道場」というのがあるそうな。そこに数名が押し掛けて、鎖鎌、弓矢、手裏剣、剣先からさらに剣が飛び出す仕掛けの青龍刀などで、まず演武してみせたという。しかし、さらに立ち合いを望んだところ、老道場主から、「ひきとりなさい」と静かに諭されたそうだ。

 「なぜだ、お主、臆したか。ナンデモアリだというではないか」
 こう喚く鎖鎌に、師範代を勤める息子が、これも静かに次のように述べ、連中を外へ導いたそうだ。

--貴公らは錯覚に陥っておられる。前衛を試みる前に伝統を深く学ばねばならぬ。かの李湖荷津先生もそういっておられる。
 統一なくして統一あり。制約なくして制約あり。虚は無にみえて、実は有なり。律なきところ美なし、感動なし--

(三)もう一回続編を置くこと
 「Groovin' High」という題で始めたのだから、それに関連した記述で締めなければなるまい。口調も、多少は冒頭に合わせて終わらせてみたい。よって別稿を置きたい。時間を置かずに掲載することを約す。

◆◆◆◆◆◆◆◆
菊名日記-Groovin' High-完    2006年07月21日16:55

(一)基本パルスと規定長
(1)伝統的規約
 テナーサックAとベースBが、ミディアムテンポの12小節形式ブルースをデュオで演奏するとしよう。伝統的ジャズ演奏形式では次のような制約を受ける。
(a)当初の基本パルスが連続的に維持された状態で終わらなければならぬ。
(b)[12 x n]小節という所定の長さで終わらなければならぬ。(意図的な中断や、小節挿入/削減などはないことを前提にしている。「n」は整数。)
 これがいわば規約であり、プレイヤーに課せられた要件である。

(2)基本パルス-潜在的パルス
 説明するまでもないことであるが、念のために、「基本パルス」なるものについて触れておこう。(「基本パルス」という語は便宜上使用しているだけのものであり、権威をもって定義されている用語だということではない)

 上記A、B二人の心の中には、出発点の速度による「ワン・ツウ・スリ・フォ」パルスがその強弱(裏表)波形の連続体として、潜在的な基本パルスとして維持されていく。奏者だけでなく、聴衆の心の中にもこのパルスが維持されていく。演奏の途中では次のような現象が起きる。

(i)Bが「トントントントン」あるいはそれに近い規則的な「4つ打ち」を維持し、Aがそれに乗っかって、自在にシンコペを操り、裏になったり表になったりしながら泳いでいく。
 --Aが強力に攻めてくる場合、Bはしっかり踏ん張っていないと負けてしまう。でも、負けてしまうようでは困るんだな、コレ。

(ii)Aが黙して、Bがシンコペを操りながらソロをとる。
 --Aはしっかり行方を追っていないと現在地を見失ってしまう。ただし、最後の部分をBが、「ンドドードンドン、ドンドンドンドン、ンドドンドンドン、ドッドドンドンドン」などとやってくれると、たいがい救われる。
 こういうベースは偉いね! 好きだなあ、気配りのできるベースは。

(iii)両者がともにシンコペ/変則リズムで、ある長さを進む。
 --ガタガタになる危険が大きい。だが、たいがいはBは見識ある人物だから、崩壊の危険を察知したら、さっと回復に向けて行動する。

(二)とことんまで芸を追求する喜び
(1)奏者は、複雑なフレーズや「乗り」を試みる場合(特にアドリブにおいて)、「乱調」を起こさないようにすることとのオフセット(主張の凹凸的調整)で事を考える。
 より難解なフレーズを、より複雑な変則リズムを駆使して、より新鮮な和声解釈による音構成で成功させたい。
(そういう風に狙うことが、ある目的との関連において適切であるかどうかは一応脇に置いて、とにかく仮にこう考えたとする)
その場合、難解/複雑を狙えば狙うほど、潜在パルス進行から遅れてしまったり、はるか先に飛んでしまったりする危険が大きくなる。そこで、この相克関係を調整するわけである。

(2)リスクが大きいということは、それだけ冒険スリルが大きいということであり、成功したときの喜びが大きいということである。だから、上級者になると、極限状態までこの綱渡りをしてみたくなる。

   --「ヤクでハイになると、超弩級のことができる」--
 麻薬伝説における連中は、このような錯覚にとらわれて手を染め、深みに落ちていった。
(錯覚かどうか、実際のところは知らないのであるが、教育的観点から錯覚ということ  にしておく)

(三)チャーリー・パーカーという男
(1)「俺たちゃこういうことをやろうとしているんだ」
 バップ運動黎明期から隆盛期にかけて、パーカーたちは、世に対してこのように呼びかけ、その内容を示してきた。
 アドリブ重視、和声拡張、リフ旋律テーマ、変調ビートなど、その内容は、ワタシなんかよりみなさんの方がずっとよくご存じのとおりです。

 それはそれとして、連中は、特にパーカーは、このような主張を展開していく側面で、既存体制を次のように挑発してきた。

(2)できるかい、吹けるかい、弾けるかい、やってみな
運動に身を投じるには、楽器操作自体について、高水準の技術(クラフト、クラフトマンシップ)を必要とすることを述べているのである。
 「オレらの仲間に入るには、テクがないとだめだよ」と宣言しているわけだが、大ぴらにいうわけにはいかない。ゆえに、比喩などを用いてほのめかす。

 ジャズの世界に限らず、およそ「前衛」なるものは、既存価値からのいじめと闘争しながら進んでいく存在であることを宿命、本質とする。ゆえに、孤高的優位をもって高い場所から見下ろしつつ現体制を挑発し続ける態度を、ある時期においてとり続ける。
 よって、バッパーたちがそのような挑発行動をとったとしても、怪しむにはあたらないし、責めるべきことでもない。

(3)パーカーという男は、一種独特のとぼけた調子で、このほのめかしを、かなりしつこくやっている。どうも、そのような気がする。
 まず、曲名から暗示させる方法でほのめかしているように思うのだが、どうだろうか。次のような曲名はその類ではないかと思う。
   Confirmation、Constellation, Ornithology
(これらの曲名がなぜほのめかしになるのか、各自じっくりと考えていただきたい。筆者は、曲名の元来の意味と、曲の内容との関係に注目してこのような発想に至ったわけである。はたして、あたっているか。それとも単なるアホな独りよがりか)

 演奏の中でほのめかしている場合もある。
 ニューオリンズJazz古典曲にHigh Society Ragというのがある。行進曲風のものであり、その曲にも、行進曲一般において「トリオ」と呼ばれる部分に相当する32小節部分がある。話が長くなるが、この部分に設定されている一定の旋律(元来は原曲のピッコロ旋律)を吹きこなせるかどうかということが、クラリネット奏者の資格試験として使用されてきたといわれている。すなわち、バンドに採用してもらえるかどうか、あるいは、業界で一人前のクラリネット/リード楽器奏者として認めてもらえるかどうかのテストである。

 さて、パーカーは、自作のWarming Up A Riffという曲のアドリブで(テーマもアドリブも区別がないような曲なのだが)このテスト旋律を吹いているのである。「曲名そのものがすでに一種挑戦的な意図を暗示的に告げている曲」においてである。同じく、自作のKo-Koという曲でもこれをやっている。
 言い伝えられているエピソードを意識したうえで、「ほら、ちゃんとできますよ、反対に、みなさんは、私がいま吹いているような難しいフレーズがこなせますか」とふざけてみせているのである。おそらく。

(四)グルービン・ハイ
(1)バップの心を一言で表したような曲名ではないかと考えている。
--「さあ、いっちょう、やってやろうじゃないか」--
 先に述べたような冒険、挑戦を、それぞれのプレイヤーが極限まで試して成功させ、自分も、バンドも、聴衆も楽しむ。この意味で、「最高の演奏をやってみせよう」と宣言している、あるいは、「最高の演奏をやろうじゃないか」と呼びかけているのである。
 バップ運動の本質的主張を曲名で暗示している例のひとつである。
 (ここでいっているのは、「できるかい」という挑戦の暗示じゃないよ。本質的主張の暗示ですよ。)

ガレスピー
 「どういう題がいいかな」
パーカー
「"Groovin' High"はどうだ」
 「それがいいな、そうしよう」

  こんなことであったかどうか (一般にガレスピーの作とされるが、パーカーとの共作だとする説もある。なお、歌詞が作られているが、本質的には器楽曲であろう。リフ的な旋律に沿って後から適当な言葉を貼り付けていったのではないか)。
 極限まで「芸」を追求するところにバップの真髄がある。そのことこそがGroovin' Highという曲の心なのだろう。

(2)バグズ・グルーブ(Bags' Groove)
 --曲はBillie's Bounce。テナサックスAは、自在にシンコペを操り、裏になり表になり、4ビート強弱拍の溝を縫うようにして、華麗でスリルに富むソロを展開している。たいがい数小節毎に正常乗りに戻すが、場合によってはコーラスの大半を裏乗りのまま進行させ、そのまま次コーラスに突入することもある。
 いずれにしても、nコーラスから成るソロが終わる段階では、ビートを正常に戻して(とりあえず一度は戻して)、次の走者に送り渡し、ヒヤヒヤしどおしだった聴衆を安心させるのだ。一挙に緊張から解き放たれた聴衆はそこで、大きく息を吐き、感動し、拍手を送る。

 聴衆だけでなく、他プレイヤーも安心するのだ。いや、大事なのは自分のことだ。自分自身も、ホッとし、「やったね」、「どうだ、みたか」などと心でつぶやいて密かに自慢してみせるのである。
 「グルーブしたぞ」というこのような心情が、直後の態度からありありと窺える人、あるいは、意識的に表している人もいる。機会があったら、ミルト・ジャクソンの実演録画を観てごらん。
 そういえば、Bag's Grooveという曲もあったな。

(五)終幕 - 1961年、横浜
 アメリカ西海岸でウイルソンがマイルスに振られたこの年、その8月、横浜での出来事である。

 --本牧にあるそのクラブでは、ハウスバンドが熱演を繰り広げていた。バンドには、クリフ・クインテットという名がついている。パーカーに傾倒するYというアルト吹きがバンマスをやっている。Yはこの夜、特別ゲストを迎えていた。「ハマの天才」と呼ばれているモダン・ピアニストだ。

 「ダドゥデドドゥドドゥデ、ディーイー、ドゥドゥ」。
 アップテンポの曲で、アルトとピアノが4バースの掛け合いをやっている。時刻は23時を過ぎたところだ。どうやら、このステージ最後の曲らしい。

 店の入口から右手方向に、壁まで、ゆったりしたスペースをとってバーカウンターが伸びている。ステージは右側面中央部にある。50坪程度か、かなり広い店だ。ほぼ満杯で、外国人男女もあちこちの席に点在している。近辺にいくつもある米軍基地や施設からの人々であろう。

 バーカウンターの、入口に近い場所のスツールに若い男が一人で座っている。よく陽に焼け、短髪、長身だ。白のコットン上下に、ベージュのスエード靴。大きく襟を出したブルー基調のアロハがよく似合っている。男は、バーボングラスを片手に、半身になってステージを眺め、演奏に耳を傾けている。スツールから床に伸びた足が長い。

 「いかすぜこのバンド、なんて曲だい
 男がバーマンに問う。
  「はい、たしか、グルービン・ハイという曲です
 「どういう意味だい」
 「それが・・・・・・前に訊いたことがあるんですが・・・・・・『いかした演奏』とかいう意味だそうで」
 バーマンは、なぜか困惑したような顔つきで、男を下から見上げて告げた。

 男は立ち上がり、くゆらしていたタバコをテーブルの灰皿に押しつぶした。
 バーマンに目を合わせて、にやっと笑った。
      「ハハ、そいつあ、いかすぜ
---裕次郎は、両手をポケットに突っ込み、右肩をしゃくって、大股で出ていった。

-完-
*********************************

[補足]
― 上記「五、終幕―1961年横浜」の末尾の記述、意味を理解してもらうために、「前編」から関連記述を引っ張ってきて貼っておく。
-------------------------------------------------
(3)"groove"-俗語表現としての、「いかしたジャズ演奏」、「いかすジャズ演奏をする
 「いかした」、「いかす」とは、一言では説明できないが、あえていえば、まあ、「カッコイイ」とでもいうような意味である。

 余談だが、すこし回り道をする。
 友人にいわせると「いかす」という言葉は死語であるという。初期裕次郎時代の言葉だ。髪を短く刈ったあの若い八重歯顔で、「あんた、イカスぜ」なんて囁かれると、オンナはイチコロで「イッタ」もんだ。いかなかった人は、「うち、不感症かしらん」と病院を訪れたという(真偽は知らぬ)。
  若年層には意味不明の言葉かもしれない。しかし、「カッコイイ」なんていう凡庸な流行言葉とは、格段の品質差のある言葉なのだ。「格好がいい」、「格好の よい」→「カッコイイ」。なんてつまらぬ発想か。なんて短絡か。こういう連中にはろくなアドリブもできまい。「味」というものが理解できないんだから。

 いく,ゆく、行く、逝く、死ぬ、イク、シヌ→イカス(イク状態にさせる)
 こういう構図なのかどうか知らないが、もし当たっているとすれば、なんて奥ゆかしいことか。なんて含蓄か。こう考える見解に賛同する人のアドリブなら、聴きたいね、じっくりと。「味」というものが分かる人なのだもの。

 なんであれ、とにかく、この言葉は、後世に残していきたい。
 集英社『国語辞典』」には、「いかす-(俗)(容姿や服装などが)魅力的である」と記されている。「かっこいい」なんて言葉は載せていない。見識に拍手を送る。(なお、この後の『新英和大辞典』の記述にも注目されたい)

---------------------------------------------------


■過去記事(2011.1.10)
 Photo Billy Tailor(ビリー・テイラー)監修によるジャズ啓蒙シリーズTV番組、The Subject Is Jazz/「ジャズ講座」の一場面――YouTubeビデオ・クリップ、"Groovin'- Billy Tailor"について語っている。
 テイラーがjazz improvisation/インプロビゼーション(即興)について語り、即興から別曲が生まれた一例としての"Groovin' High"を番組バンドが演奏する。
 参照されたい。





Groovin High - Charlie Parker, Dizzy Gillespie
  パーカー/ガレスピー

This superb performance of Groovin' High was recorded by Dizzy Gillespie (tp) Charlie Parker (as) John Lewis (p) Al McKibbon (b) and Joe Harris (d) at Carnegie Hall, NYC, September 29, 1947.
(Tube投稿者が掲げた録音データを、他者が、コメント欄で、誤りであると指摘してして訂正している。上に掲げているのはその訂正版)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

Groove、Groovin' High、そして、"Murder.... and All That Jazz; 13 Showstopping Stories of Crime and Jazz"(殺人事件、そして、時代背景としての折々のジャズ」 -「犯罪とジャズについての13の短編傑作」)―前編

2012.3.19
  前回記事(2012.3.16)に続いて、倉庫整理の副産物である。すなわち、6年前のmixie日記から。

◆◆◆◆◆◆◆◆
 mixiの「日記」に書いた記事である。三日坊主というが、このmixi活動は開始後3カ月ぐらいで停止し、そのままになっている。
 以下、その日記記事に周辺データなど少し付け加えて本日の記事にする。****線で囲んだ色分け部分がmixi記事。

*********************************
菊名日記 - Groovin' High    2006年07月14日10:08
(一)物語風に始めよう。
 ウイルソン・チャイルズはいつものように身構えた。
  足を開いて立ち、目を閉じる。テナーサックスを突き出すようにして支える。左足で軽くテンポをとり、「ステラ・バイ・スターライト」(Stella by Starlight)の最初の二つの音を吹いた。
 音が空中に漂うに任せ、ピアノがコードで応答してくるのを待った。

 「ン」。様子が変だ。どうやら、ドラマーがカウントを聴いていなかったようだ。
「なんてこった」。
 リズム隊が、ビートを合わせようと、焦っている。その様子は、後ろを振り向かなくてもよく分かる。「エッ、俺のせいか、俺か」。お互いに顔を見合わせながら責任の所在を問い合っているのだろう。8小節が終わるまでに、軌道に乗せてくれればよいが。
 客に目をやった。混んではいるが、演奏に注意を向けている客は数人しかいない。その者たちさえ、変調に気づいていない。

 ウイルソンは、メロディを操りながら待つ。「乗り」を、裏にしたり表に戻したりしながら、リズム隊のうちの誰かが走行現地点を確定させるのを待った。最終的に、若手ピアノのディーン・ジェームスがコードをいくつか並べて位置合わせの合図を出し、全員がそれに従った。やっと落ち着いた。
 ウイルソンは、予定のソロ順を変えて、ピアノに先にやらせることにした。そのことを、頷いてみせることによってディーンに知らせ、ホーンを口から外した。

 ウイルソンはドラマーを睨みつけたが、当人は素知らぬ顔で、すでに演奏に注意を戻していた。バーの円椅子に、ショートスカートのブロンドが、長い足を組んで座っている。これが、高い位置からドラマーを眺めていた。やつは、これに気を取られていたのだ。

 ウイルソンは腕を組み、ため息をついた。ずっと昔のシーンを思い出していた。同じ店でのことだ。
              ――回想――
 店は大勢のミュージシャンでごった返していた。売り出し中の若手コンビ、ウイルソン・チャイルズとクインシィ・シモンズを聴くために、月曜セッションに集まっていたのだ。
 マイルスもいた。バーで誰かとしゃべっていた。マイルスは、ウイルソンをスカウトしに来ていたのだ。そのことをウイルソンは知っていた。
 当時ウイルソンは、期待を一身に集めた新進テナーだった。洋々たる前途が開けていた。
シモンズはピアノだ。
 コルトレーンが自分のグループを結成するためにマイルスのもとを離れ、マイルスが後釜を探している。街ではそのように噂していた。
 
 ウイルソンは、マイルスがチラッとこちらの顔に目をやったことに気づいていた。シモンズがモンクの「Well, You Needn't」を、一気に3コーラスはじき出した。ベースソロに移ったときにマイルスがバンドスタンドに近寄り、通り過ぎながら、例の落ち着いた声でウイルソンにいった。「よー、チャイルズ、後で電話するよ」。

 マイルスからの電話はなかった。その夜も、その後も。
                            ――回想から覚める――

  ウイルソンは頭を左に傾げてディーンの最後の16小節を聴き、マウスピースを口にして、憑かれたように吹き始めた。怒り狂ったように吹いた。おかげで、ステラが娼婦になってしまった。4コーラス吹いて終えた。バンドのメンバーに活が入った。
 で、後の曲はうまくいった。

 そのステージが終わり、ウイルソンはホーンを席に置いて、控え室に戻った。ディーンだけには肩をたたいて労をねぎらったが、ベーシストとドラマーには口もきかなかった。
ウイルソンは、裏口から狭い路地に出てタバコに火をつけた。25年前、1961年の事件を思い出していた。

[出典]
"Child's Play," by Bill Moody;
Murder.... and All That Jazz; 13 Showstopping Stories of Crime and Jazz, Edited by Robert J. Randisi; Signet Book

   「チャイルズ・プレイ」、Bill Moody著 (下記短編集に収められている作品)
  ――「殺人事件、そして、時代背景としての折々のジャズ」 -「犯罪とジャズについての、13の短編傑作」、Robert L. Randisi監修、Signet社(Penguinグループ)、2004年11月初刊
    (日本語版が出版されているかどうかは知らない)


 上記の文は、この短編の冒頭部分数カ所を摘んでまとめたものである。


[注記]
 作者Bill Moodyは、サンフランシスコ近辺で活躍中の現役Jazzドラマーだという。主に、2つのピアノトリオで演奏しているとされる(たまにテナーが入ることがあるという)。
 なお、題名の"Child's"と登場人物Wilson Childsの"Childs"は別物であり(
もちろん、語呂合わせはしているのだが)、引用者のタイプミスないし頭の混乱ではない。

(二)"groove"という言葉
(1)小説の引用から始めたのは、次のような記述を日記の素材にしたかったからである。

(2)to find the groove - 「溝を探そうとして」 - 「律に合わせようとして」
....without looking back, he could feel the whole rhythm section scuffling to find the groove, glancing at each other with questioning looks-- was it me? --trying to settle in before eight bars had gone by.
 リズム隊が、ビートを合わせようと、焦っている。その様子は、後ろを振り向かなくてもよく分かる。「エッ、俺のせいか、俺か」。お互いに顔を見合わせながら責任の所在を問い合っているのだろう。8小節が終わるまでに、軌道に乗せてくれればよいが。

 ここでの"groove"は、「速度と、乗りの裏表」という意味としての「律」(型)といった意味で理解してよかろう。「乗り」の「裏」、「表」とは、いうならば、ソロなり全体としての演奏なりが、ハイハットの「ウンチャ」に合っているかどうかということである。

(3)"groove"-俗語表現としての、「いかしたジャズ演奏」、「いかすジャズ演奏をする
 「いかした」、「いかす」とは、一言では説明できないが、あえていえば、まあ、「カッコイイ」とでもいうような意味である。

 余談だが、すこし回り道をする。
 友人にいわせると「いかす」という言葉は死語であるという。初期裕次郎時代の言葉だ。髪を短く刈ったあの若い八重歯顔で、「あんた、イカスぜ」なんて囁かれると、オンナはイチコロで「イッタ」もんだ。いかなかった人は、「うち、不感症かしらん」と病院を訪れたという(真偽は知らぬ)。
 若年層には意味不明の言葉かもしれない。しかし、「カッコイイ」なんていう凡庸な流行言葉とは、格段の品質差のある言葉なのだ。「格好がいい」、「格好のよい」→「カッコイイ」。なんてつまらぬ発想か。なんて短絡か。こういう連中にはろくなアドリブもできまい。「味」というものが理解できないんだから。

 いく,ゆく、行く、逝く、死ぬ、イク、シヌ→イカス(イク状態にさせる)
 こういう構図なのかどうか知らないが、もし当たっているとすれば、なんて奥ゆかしいことか。なんて含蓄か。こう考える見解に賛同する人のアドリブなら、聴きたいね、じっくりと。「味」というものが分かる人なのだもの。

 なんであれ、とにかく、この言葉は、後世に残していきたい。
 集英社『国語辞典』」には、「いかす-(俗)(容姿や服装などが)魅力的である」と記されている。「かっこいい」なんて言葉は載せていない。見識に拍手を送る。(なお、この後の『新英和大辞典』の記述にも注目されたい)

 さて、話を戻そう。
 "groove"には俗語表現として次のような意味があるとされる。
名詞形-「調子よく演奏されるジャズ」、「名演奏のジャズ」
動詞(他、自)-「音楽を調子よく演奏する」、「見事なジャズ演奏を聴く」

研究社『新英和大辞典』には、次のような趣旨の記述がある。
 "in the groove"
 レコードの溝に針がぴったりとはまって音がでることから、俗語的に、次のような意味で使用される。
(a)最高調で、至極好調で
(b)[ジャズ] 聞き手を熱狂させるように演奏して(されて)、
  上々の調子で、調子が乗って、 張り切って
(c)流行して、当世風で、すてきな、いかしている

(三)本論
 この稿は、英語解釈についての能書きを垂れるために書いているわけではない。探偵小説を紹介するためでもない。
 演奏における「乱調」、「乱丁」、「落丁」ということについて、二言三言、考えを述べてみようとしているのである。
 
 だが、すでに長く書いた。続きは別稿に廻そう。

***************************************

Photo                                                 
(上記の短編選集)
 
 
続きは別稿として掲げる(次回の記事)

◆◆◆◆◆◆◆◆
Photo Bill Moody(ビル・ムーディ)
 プロ・ドラマー兼ミステリー作家
 上記の小作品を読んだだけで、他は知らない。
 今考えると怠慢だったね。「ジャズの話題が出てくる探偵小説を読みたい、読みたい」と念じながら過ごしてきたわけだから。
 この全集を買ったのもその流れのなかでのことで、書店で目にしたときに、小躍りしたもんだ。それなのに、つまり、jazzを知る探偵/ミステリー作家を13人も探し当てたのに後を追っかけなかった。怠慢だ。

 改めて調べてみると、この人、いっぱい小説を書いているんだね。書店の棚に常時顔を出している作家ではないけど、amazonで買おうと思えば買えた。
 ――本屋に足を運んで、いろいろと探して、苦労しながら、楽しみながら、思わぬ出会いに「ハッ」と胸をときめかせ、顔を上気させ、頬を染めて、「イヤダ、ヤダ、あったわ」と身をよじって買うのが正道で、醍醐味でもある――
 こういう言い訳も、まあ、できなくはないが、それだと、ミリオンセラー物以外は、なかなか入手できない。現に、いまではamazon.comの上得意になっているではないか。要するに、怠慢だった。
 遅まきながら、いずれ一冊買って、本格的長編でどんな味が出せる作家なのかみてみよう。ただ、ここんとこ、ちょっと「積んどく」解消に忙しんだけど。

Photo_3
 翻訳本が一冊出ているようだ(上画像の左列、最下段の本)
----------------------------------
『脅迫者のブルース』 Solo Hand (1994)
    ジャズ・ピアニスト/エバン・ホーン
    Tr:古賀林幸(Sachi Kogabayashi) Pb:文春文庫(Bunshun bunko)
    1997/10/10
    ISBN4-16-752737-5
----------------------------------
  (「翻訳作品集成」というwebページ)で調べた。今日初めて知ったページだけど、ものすごく便利だ、敬服する。


 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)